【やんごとなき一族】5話の視聴率とあらすじ!有沙(馬場ふみか)の縁談と妹想いの健太(松下洸平)に涙!

やんごとなき一族 5話 アイキャッチ

木曜劇場【やんごとなき一族】5話が5/19(木)に放送されました。

庶民家庭から超上流社会の一族に嫁ぐことになった佐都()と、夫・健太()は一族の理不尽なしきたりや人間関係とどう戦っていくのか。

果たして、一族を納得させることは出来る?

深山家の末っ子・有沙()の縁談を阻止!

しかし、切ない展開が待っていた…。

今回は、【やんごとなき一族】5話の視聴率とあらすじ、感想についてご紹介。

【やんごとなき一族】のキャストと相関図!土屋太鳳が上流階級の一族と戦う!
【やんごとなき一族】のキャストと相関図!主演・土屋太鳳演じる庶民の家庭出身の主人公が上流社会の一族に真っ向勝負!? 2022年4月から木曜劇場『やんごとなき一族』がスタート。 フジテレビ系ドラマ初出演にして、初主演の土屋太鳳さん...
見逃してしまった方は、FODプレミアムにて視聴できます!

ADVERTISEMENT

【やんごとなき一族】5話の視聴率

やんごとなき一族 5話

【やんごとなき一族】5話の視聴率は6.0%。前回より0.7%アップ!

【やんごとなき一族】5話のあらすじ

深山佐都()と健太()は、圭一()から命じられたレストラン招聘の手柄を深山明人()と美保子()に奪われたものの、佐都たちを気に入ったマダムキリコ()の協力によりなんとか窮地を脱する。しかし、そんな二人に、新たな問題が襲いかかる。

末っ子の有沙()に見合い話が持ち上がったのだ。相手は貿易会社の御曹司・香川友貴()。佐都は仲人の根岸(田山涼成)から圭一への取りなしを頼まれていたが、うっかり忘れていた。有沙はそんな佐都のことを責め立てる。

健太は、家の繋がりを重要視する圭一ならこの縁談にはのらないだろうと有沙を慰める。ところが、見合いの席で香川家の経歴を耳にした途端、圭一の目の色が変わり…。

佐都と健太、久美()は有沙の縁談を考え直すよう圭一を説得するが、圭一は聞く耳を持たない。その上、圭一は有沙を部屋に閉じ込めておくよう厳命する。困り果てた佐都と健太は、有沙との縁談を断ってもらうよう香川に直接頼み込む。その後、二人が家に戻ると、有沙が姿を消していて…。

国交省との繋がり

圭一は手薄くなっていた国交省との繋がりの為、有沙の縁談を受けた。

さらに香川も聞く耳を持たず、2人はさらに困る。

そして、どこを探してもいない有沙。

圭一は久美を責め立てた。

久美の元に有沙から「縁談が無かったことになるまで帰らない」と連絡が入る。

この一件をいいことに美保子は、有沙を探し出して圭一から一目置かれようと企む。

有沙が脱走した当時、怪しい車の出入りがあったと報告があり、みなその車を特定するために動き出した。

このことを有沙の携帯に連絡した健太の元に、すぐ折り返しが。

教えてもらった住所のアパートの1室にいた有沙。

その場所は、彼氏の部屋だった。

1年前から付き合っているという2人。

相手は植木職人の好青年・中島俊也()。

以前、友達の家の手入れに来ていたところを見た有沙は、その一生懸命な仕事ぶりに見とれ声をかけたという。

これは誰にも話していない。

しかし有沙も、いつかは別れなきゃいけない、絶対に反対される、いつかは諦めなきゃいけない、全てを分かっている。

でも、ずっと一緒にいたい、そう思っていた。

佐都と健太は、応援する気持ちしか生まれなかった。

有沙の逃走を隠せ

有沙を心配する久美。

あれから3日経っていた。

深山家に出入りしていた車が判明し、クリーニング会社と造園会社の名が挙がる。

心配する佐都だったが、名前を聞いた圭一は「どちらも有沙とは無関係」と、勘違いしてくれたことにほっと胸を撫でおろした。

そして、再び圭一に頼みこむ佐都と健太。

「知られる前に探し出せ!」

そこへ香川がやってくる。

デートの誘いに来たというが、何とか誤魔化して帰ってもらった。

このままではとんでもないスキャンダルになる、という健太の言葉に圭一は「この縁談は断る」と言い放つ。

破談になり喜ぶ4人

有沙に報告に行き、お弁当とお酒を片手に乾杯する4人。

佐都ら2人の姿を見た有沙たちは「好きな人と結婚するとそんな風に笑いあえるんだ」と、羨ましそうに眺めていた。

そして、有沙は「家の為の結婚なんてしない、私は私の幸せのために結婚する」と決意。

有沙「ずっと一緒にいてくれる?」

中島「一緒に幸せになろう!」

再び乾杯し喜ぶ4人。

その後、佐都と有沙は買い物に出る。

佐都と過ごした有沙は、これまでのことを謝罪した。

羨ましくて、悔しくて、自分達に勇気が無くてひがんでいた、という有沙。

「私、幸せになりたい」

「なれます、絶対に」

しかし、そんな幸せな時間もつかの間、アパートに戻ると明人夫妻の姿が。

中島にお金を積んで、別れを受け入れさせた2人。

さらに脅しにかかる2人、中島はうなだれ何も話すことなく有沙の手を解いた。

「ごめん、本当にごめん」

「バカ、嘘つき、大っ嫌い」

有沙は連れ出された。

戻る車中では、美保子が有沙をなだめる。

「大丈夫、必ず幸せになれる」

有沙の決意

深山家に戻った有沙。

佐都と健太の2人を疑っていた圭一は、縁談を断ると言い油断させ泳がせていた。

健太は明人にも「このままでいいのか」と問いかけるも、何も響かない。

そして、明人夫妻は圭一から褒められ、有沙の結婚式の準備を任されることに。

佐都は有沙に謝罪するが、しかし当の有沙はもう「バカらしくなってきた」と諦めモード。

「私、香川家に嫁に行く。一般人とは違って、家の為に結婚しなきゃいけない。自分の気持ちより家が優先されるなんて、分かってたはず。2人を見てたらそうなれるんじゃないかって。でも、これで生活レベルを落とさず暮らしていける。もう私のことは気にしなくていいから」

有沙と健太と久美の想い

初めてのデート、結納の日取りも決まったという有沙。

様子もどこか変で、佐都と健太も気にしていた。

そして、2人が動き出す。

佐都は圭一の元へ。

「今の有沙さんを見て、お父さんは何も思わないんですか?」

有沙が理不尽に耐えていること、受け入れているわけではない、と必死に説得。

「この結婚は深山家の更なる発展、幸福のための結婚だ」

「憚りながら申し上げます。それは間違っていると思います」

佐都は母から「あなたの幸せが私の幸せ、あなたが不幸なら私も不幸だ」と教わってきた。

「有沙さんに悲しい顔をさせたまま、どうやって幸せになるんですか。ただ有沙さんに、幸せになってほしいだけなんです。この縁談を止められるのはお父さんだけなんです。もう一度だけ考え直してください、お願いします」

「この縁談は確定事項だ、覆ることはない」

「どうかお願いします」引き下がることなく、土下座する佐都。

この一連の流れを見ていた有沙。

「もういいよ。パパ、心配しなくても私は香川家に嫁ぐから。それで絶対に幸せになってやるから。それで文句ないでしょ?」

一方の健太は、香川の元へ。

「有沙はわがままで、遠慮もない、甘えん坊。結婚したら大変ですよ。それで、有沙はイチゴが大好きなんです。いつも気付くと奪われていた。有沙だけが、あの家で明るく自由に振る舞っていた。その姿がどれだけ救いだったか」

香川に必死に訴える。

「どこにいっても、どんなときでも、あの時と変わらず笑顔でいてほしい」

健太の願いは続く。

「約束してください。大事な妹です。不幸にしたら絶対に許しません。有沙のこと、よろしくお願いします」

香川に頭を下げる健太だった。

そして、有沙は佐都と健太の姿を目の当たりにし「言うほど不幸ではなく、自分のことを考えてくれている人がいることが分かっただけでも幸せ」だと話す。

「ありがとう、お義姉さん」

香川とのデートに向かう有沙。

「いってらっしゃい!」

力強く送り出す健太の姿があった。

その夜-。

久美は1枚の写真を見ていた。

佐都が覗くと、そこには子供たちが写っている。

産まれた時から守ると決めていた、圭一の機嫌を損なわないように全て受け流し、逆らわないようにすることが子供たちを守ることだと信じてきた、という。

「信じてきた私が間違っていた。誰1人守ってやれなかった。こんな情けない母親でごめんなさい」

「そんなことありません。長い間、お母さんはこの家でずっと1人で戦ってきたんだと思います。だからお母さんは情けなくなんてありません。健太さんも絶対、同じことを言うと思います」

そんな佐都に、久美はある願いを述べた。

「佐都さん、お願い。この家を変えて頂戴。これはあなたたちにしかできない」

佐都は考え、答えを出す。

「私たちが、深山家を変えてみせます」

【やんごとなき一族】5話の感想

我が儘な有沙だったが、みんなが味方に!

ただただ我が儘で自分の意見を押し通す、そんな子なのだと思っていましたが、本筋はとても良い子な有沙。

金の権力によって悲しい別れとなってしまいましたが、有沙を応援する声はとても多かったです。

佐都と健太へ応援の声、妹想いの健太に感涙

最悪の出会いから、最後大事な妹を任せると決めた兄の姿に、本当に感動しました。

あんなお兄ちゃん、最高にカッコイイし、好きになります(笑)

今回はどうすることも出来なかった2人ですが、有沙の心には響いている何かがあったように思います。

第6話予告!

縁談を阻止することは出来なかったものの、有沙も自分なりの幸せを手に入れようと動き出しました。

案外、ボンボンの彼と我が儘な有沙は相性がいいかもしれませんね。

そして、今度は健太の母・久美からまさかの願いが。

これまでのことを全て見てきた久美も、そろそろ限界になってきたのでしょうか。

我慢してきた自分と反し、戦う佐都の姿に影響されていることと思います。

次回から、後半戦。

これから庶民の復讐が始まります!

 

次回の第6話は、5/26(木)22時~の放送となりますので、お見逃しなく!

【やんごとなき一族】の全話ネタバレとあらすじを最終回まで!土屋太鳳と松下洸平の格差婚の結末!
ドラマ『やんごとなき一族』のあらすじ・ネタバレを最終回までまとめます。 主演は土屋太鳳さん。 上流階級の一族へと嫁ぎ、理不尽な扱いやしきたりを目の当たりにし、その一族との人間関係にも翻弄されながらも、めげ...

画像出典:やんごとなき一族公式HP

コメント