【わたしのお嫁くん】7話のネタバレ!コメディ全開からの優しいキスで視聴者は幸せに!

わたしのお嫁くん ネタバレ07
※当サイトのリンクには広告が含まれます

【わたしのお嫁くん】7話のネタバレ!コメディ全開からの優しいキスで視聴者は幸せに!

【わたしのお嫁くん】7話が2023年5月24日に放送されました。

  • 恋人同士になった速見と山本。
  • そんな山本に花妻が宣戦布告。
  • 山本の出張中に病に倒れた速見。
  • あまりに濃すぎるメンバーでのお見舞いが勃発。
  • そして、最後には優しいキス。

今回の記事では【わたしのお嫁くん】7話のネタバレと話題をお伝えします。

【わたしのお嫁くん】配信情報

【わたしのお嫁くん】は各話放送後からFODで配信中。

FODではフジテレビ系の名作ドラマも多数配信されています。

更に原作漫画は【DMMブックス】 で購入できます。

【わたしのお嫁くん】7話のネタバレ

花妻が山本に宣戦布告

山本知博(高杉真宙)からの告白を受け入れ、恋人同士になった速見穂香(波瑠)。同棲生活も何かが変わったようでぎこちない。

煩悩を抑え、山本は速見にむやみにハグやキスをしないことを約束する。

そんな中、山本は古賀一織(中村蒼)と福岡支社に出張することになった。全国の営業が集まるミーティング。速見は山本の成長に繋がる、と賛成する。

更に山本は新人・花妻蘭(前田拳太郎)の教育係をすることになった。張り切る山本。だが、花妻は「分からないことがあったら聞きますので」とそっけない態度。

翌日、山本は花妻に「なんでも言って欲しい」という。

花妻「なら言いますけど、僕は穂香さんが好きです。僕の方が幸せにできます!!

まさかの宣戦布告をしてきた

花妻と速見がデート?

翌日、速見は山本に「今度の日曜日に花妻君と買い物に行くことになった」と伝えられる。取引先の結婚祝いを選んで貰う、という。

仕事上の付き合いとはいえ、気が気じゃない山本は一緒に行こうとする。が、福岡出張の準備と前乗りがある。

日曜日、速見は花妻と合流。花妻は気合を入れてお洒落をしてきた。

買い物が終わり、花妻は「今日はすごく楽しかったです。ずっといたいぐらいです」と速見に告げる。が、速見には真意が伝わらない。花妻はストレートに思いを伝える。

花妻「僕、穂香さんが好きです!!

突然の告白に速見はなんと言えばいいのか分からなかった。

速見が帰宅。山本に花妻の告白を言いかけるが止める。そして、速見は熱を出して倒れてしまった。

キャラが濃すぎるお見舞い

速見の熱はかなり高い。山本は出張を誰かに代わって貰って看病しようとする。速見は「大丈夫、仕事を優先して」と言う。

翌日、速見が休みだと知った花妻は山本に電話。「僕が看病しますから」とまたもや宣戦布告。

速見が休んでいると山本の2人の兄・正海(竹財輝之助)と薫(古川雄大)がやってきた。山本から「助けて欲しい」と連絡を受けたから。

かわいい弟の彼女なら妹も同然。「兄さんと呼んでいいよ」と薫。

更に最愛の推しが病気だと知った後輩・赤嶺麗奈(仁村紗和)も看病にやって来た。赤嶺は正海と薫を速見の兄と勘違いする。

速見「否定するのもめんどくさい..。」

更なる訪問者、花妻も看病に来た。花妻も正海と薫を速見の兄と勘違いしてしまう。

寝室で横になる速見。濃すぎるキャラたちのせいで熱は更に上がっていた。

お粥頂上決戦

花妻は冷蔵庫に山本が作り置きしていたお粥を発見。でも自分でお粥を作ろうとする。それに待ったをかける正海と赤嶺。薫まで参加し、お粥頂上決戦が勃発してしまった。

速見「これは一体..。」

そこに山本から電話がかかってくる。ミーティングは無事に終わり、今夜は懇親会があるという。速見は人脈を作るチャンスでもあるから行っておいで、と伝える。

その様子を見ていた古賀。「困っているだけの人には誰も頼らんばい」と山本の背中を押す。

4人のお粥が完成。しんどいので速見は引き分けにする。

「本当は恋人のお粥が一番だよね」と薫。赤嶺は「こんな時にいない山本君は恋人失格」と言い切る。

見事に地雷発言。正海は「うちの弟に何て言い草!!」と怒る。赤嶺と花妻に2人が本当は山本の兄だとようやく伝わった。

赤嶺はこの際だから兄たちに「山本君は私のうちに泊まって大はしゃぎをしていた」と訴える。そのまま言い争いに発展してしまう。

速見は限界を迎え、玄関前で倒れ込んでしまう。

一緒にいて欲しい人

そこに懇親会を切り上げた山本が帰ってくる。

速見「山本君、会いたかった..。

山本は速見の肩を抱き、なでなで。抱っこして寝室に連れていく。

その後、山本は体調悪化の原因になった4人にお説教。正海は謝りつつ、赤嶺の家での出来事を問い詰める。

山本は「ただ掃除をしていただけ」と答える。

うわあああー

とんでもない勘違いをしていた花妻の叫びが響き渡った。

7話の結末

翌朝、速見の熱はすっかりと下がった。山本は速見にハグ。むやみにしないルールがあった気がするが忘れた。

山本「そろそろキスしてもいいですか?」

速見「..うん。」

2人は初めてのキスを交わす

速見は山本が作り置きしていたお粥を食べる。やっぱり彼氏が心を込めて作ってくれたものが優勝。

そこに古賀がお土産を持ってくる。二日酔いらしく、速見はお粥を振る舞うことに。山本はゴミ出しに出かける。

「そろそろ俺も頑張らんと」と意味深なことを言う古賀。

すると速見の両親・健一(宇梶剛士)と良子(富田靖子)がやってきた。2人は古賀のことを婚約者だと勘違いしてしまうのだった。

【わたしのお嫁くん】7話の話題

コメディ全開からの優しいキスに幸せ

【わたしのお嫁くん】7話は病に倒れた速見のお見舞い回。正海、薫、赤嶺、花妻と濃すぎるキャラがやって来てコメディ全開の看病

  • 正海:オリジナルの漢方薬を調合
  • 薫:病は気から、と部屋中に薔薇の花びらを捲く
  • 赤嶺:体を温めるために床にホットカーペットをひく

速見「みんな看病の方向性が独特過ぎる..。」

こんな看病では熱も上がってしまいます。

ちなみに赤嶺、花妻ともに正海、薫とは初対面。これは原作にもないドラマオリジナル要素です。見事に混ぜるな危険でした。

そして、ラストではお待ちかねの初キス。

嵐(4人)が過ぎ去った後、朝日が差し込むベットの上で優しいキス。このギャップにより視聴者は幸せな気分になりました

【わたしのお嫁くん】7話の登場人物

  • 速見穂香(波瑠)
  • 山本知博(高杉真宙)
  • 花妻蘭(前田拳太郎)
  • 赤嶺麗奈(仁村紗和)
  • 古賀一織(中村蒼)
  • 山本正海(竹財輝之助)
  • 山本薫(古川雄大)
  • 高橋君子(ヒコロヒー)
  • 春日亮(佐伯大地)
  • 佐々木克典(伊藤正之)
  • 速見健一(宇梶剛士)
  • 速見良子(富田靖子)

6話<< >>8話

画像引用:わたしのお嫁くん - フジテレビ