【和田家の男たち】3話のネタバレ!優の母・りえは殺された!?

和田家の男たち3話   【和田家の男たち】3話のネタバレ!優の母・りえは殺された!?
https://www.tv-asahi.co.jp/wadake/story/0002/

【和田家の男たち】3話のネタバレ!優の母・りえは殺された!?

ホームドラマのはずが、サスペンス展開に!?

秀平()が優()に、ついに母の死の真相を打ち明ける!

政治家の不正疑惑を追及していたりえは何の秘密を握っていたのか…。

【和田家の男たち】3話のあらすじ・ネタバレ・感想・視聴率について!


ADVERTISEMENT

【和田家の男たち】3話の視聴率

【和田家の男たち】3話の視聴率はわかり次第お知らせします。

【和田家の男たち】3話のあらすじ

【和田家の男たち】3話のあらすじです。

将来の総理候補・清宮大臣と和田家の関係は?

新総理誕生による新組閣で、“将来の総理大臣候補”と呼び声の高い清宮恭介(高橋光臣)が国土開発大臣として初入閣する。和田家でも新内閣が話題になる。秀平(佐々木蔵之介)と寛(段田安則)の間で討論が始まる。トイレで2人の会話を聞いてしまった優(相葉雅紀)は、「あの子を守れ」「りえ(小池栄子)さんもそれを望んでいる」というセリフが気になっていた。

優は清宮について『バズとぴ』の三ツ村翔星(正門良規)や印田(駒木根隆介)らに尋ねるが、ネタにするかと思われ、政治ネタはNG、書くなら清宮ではなく、お騒がせな妻・オクレイこと奥村麗奈(橋本マナミ)だと言われる。

眼科医の元カノ(草刈民代)から連絡があった、とまんざらでもない寛と夕食を和やかにとる優だが、りえが亡くなる前に、清宮のことで秀平とも寛とも言い争っていた記憶が頭から離れない。

秀平は永神寺トンネル崩落事故について取材を進める。同じ場所で5年前にも事故が起きていた。ニュースの終わりに、但木キャスターが視聴者を誘導するようなことを言ったと、珍しく感情的に責める秀平に戸惑う部下たち。

秀平はひとり、りえのことを思い出していた。仕事ができるだけでなく、人の思いにまで寄り添うりえ。

【和田家の男たち】3話のネタバレ

【和田家の男たち】3話のネタバレです。未視聴の方は閲覧ご注意を!

カッパの川流れの意外な結末

優(相葉雅紀)は、三ツ村翔星(正門良規)の指示で、千葉県のカッパ祭りの取材へ。取材に来ただけなのに、なぜかカッパ姿で川を流れるハメに…。

オンジェカマカ カッパッパ…、川を流れる優に町人たちが声をかける。終わった後も、いろんなものを買わされたり、何かとお金をふんだくられる優。バス停への近道だと教わった道を歩いていくと、トンネル崩落事故の現場を視察に来た清宮と出会う。住民たちを励ます清宮。優も励まされ、名刺をもらう。

秀平が帰宅すると、優の書き置きがあり晩酌の用意がされていた。秀平は優を呼び、寛の恋愛について尋ねる。結婚とか言い出しても勧めるな、と釘を刺す。最近、自分が変だと言いだす秀平に付き合い、優も飲み始める。

清宮とトンネル事故について記事を買いている優のところに、『バズとぴ』の三ツ村翔星から、カッパの記事が大好評と電話があるが、清宮の記事はいらないと言われる。

「フロンティアニュース」では、トンネル事故の報道で清宮大臣の取材動画を使おうとするが、秀平は断固として却下する。しかしその動画を見ていた秀平は、優が清宮とグータッチしている様子を見て驚く。

帰宅した秀平は、優に衝撃的な事実を伝える。

お母さんを死に追いやったのは、清宮恭介とその父親だ

母・りえ(小池栄子)は殺された!?

25年前、安藤銀行の金450億円の金が不正に議員たちに流れているという事件をりえ(小池栄子)は追っていた。親玉は幹事長も務めた清宮隆三(堀内正美)。

ある日、りえは清宮隆三に直接疑問をぶつけようと自宅前で張り込んでいると、息子の清宮恭介が辛そうに門前にしゃがみこんでいた。声をかけるりえ。清宮隆三が出てくる。りえは不正について追求しようとするが隆三は何も答えなかった。そしてりえは翌日会社からもう清宮を追うなと命令された。

情報番組に異動させられても、りえは報道陣の使命として取材を続けた。そしてまもなく死んだ。

りえの話を聞きたいと清宮隆三を訪ねた秀平を取り次いだのは門倉という長年清宮に仕えた秘書。しかし門倉は「りえを突き落として殺したのは自分だ」という遺書を残して自殺した。秀平は、門倉は家族を守るために自殺したのだろうという。その後、事件は清宮の力で隠蔽された。

幼い優が秀平にりえの死因を聞いたとき、秀平が拒否したのは優を守るためだった。

りえの事件はこれ以上暴かないほうがいい、と寛は言っているが諦めていない、と秀平。りえの意志を引き継ぎ、りえの供養をするためにも…。

今、その闇が暴かれるときなの? 優は秀平に問いかけた。

物置に置かれた家族の肖像画を見ながら、秀平とりえが清宮のことでケンカしていたことを思い出す。清宮のことで何か掴んだりえだが、秀平を巻き込まないためにか、何も言わず、大ゲンカになっていたのだった。

翌朝、朝食を食べる優たち。寛は庭のイヌサフランの花はキレイだが毒があると言いだす。人間から想像を奪うことはできない、と立派なことを言うが、実は女を見れば裸を想像していると聞いて、呆れる優だった。

【和田家の男たち】3話の感想とまとめ

急にサスペンスな展開になってきました。

やはり最終回に向けて、和田家三世代で、りえの事件の真相を暴き、巨悪と戦っていくのでしょう。

りえが見た若き日の清宮恭介が具合が悪そうにしていたのは、薬物疑惑? か、ただのヤンキー同士のケンカ? それとも清宮家もまたさらなる巨悪から脅されていて恭介に危害が加えられていた、ということも考えられますね。

【和田家の男たち】の見逃し動画

【和田家の男たち】の見逃し動画は、TELASAで配信中!

記事内の画像: 「和田家の男たち」公式サイトより引用

コメント