【アンメット】8話感想考察!綾野(岡山天音)と麻衣のハグにキュン涙!

アンメット8話ネタバレ
※当サイトのリンクには広告が含まれます

【アンメット】8話の感想と考察!綾野(岡山天音)と麻衣のハグにキュン涙!

杉咲花主演・フジテレビ・カンテレ月10ドラマ【アンメット】8話の感想&考察を紹介します。

【アンメット・ある脳外科医の日記】8話が6月3日に放送されました。
8話は、綾野(岡山天音)がメインの物語。麻衣(生田絵梨花)とのラブストーリーにキュンするも衝撃展開に!

【アンメット】ネタバレ最新話まで!最終回・結末とミヤビの記憶を考察!漫画とドラマの違いは?
【アンメット】ネタバレ最新話まで、あらすじ全話を紹介!同名漫画の実写版・杉咲花主演・フジテレビ月10ドラマで放送中の【アンメット・ある脳外科医の日記】の全話ネタバレとあらすじ、原作漫画全巻と最新話、ドラマ最終回・結末予想考察、漫画との違いを紹介しています。

【アンメット】の漫画は電子書籍で!
【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】eBookJapan(イーブックジャパン)
無料漫画が豊富!【まんが王国】(一般TOPページリンク)
DMMブックス

アンメット8話ネタバレ
アンメット8話

【アンメット】8話

冒頭。
ミヤビ(杉咲花)は日記を書いている。
『6月25日、忘れていたことをひとつ思い出した』
回想シーン三瓶「僕たちのは婚約していました」

翌朝。
ミヤビが出勤すると三瓶はミヤビの記憶をチェックする。
三瓶「昨日の夜、何を食べましたか」
ミヤビ「覚えてないです」
三瓶「ほかに何か思い出しましたか。別に興味本位で聞いているわけじゃないですよ」

麻衣と綾野。
結婚をするのが面倒くさくなったという麻衣(生田絵梨花)を引き止める綾野(岡山天音)。麻衣は「もう決めた事だから」と取り付く島もない。

綾野と父。
綾野は父の勲にカテーテルをやめて綾野病院の経営者になる。赤字部門の過疎地医療をなくして綾野病院を立て直すと伝えた。「お父さんのためだ」と言うが勲は納得できなかった。

綾野の父が事故に。
勲は各家庭をまわり往診をしている。自転車に乗っているとき事故に遭いセントラル病院に。

三瓶とミヤビに「綾野のお父さんだ」と教える星前(千葉雄大)。

手術はうまくいったものの後遺症が出てしまう。

感情がコントロールできない後遺症『社会的行動障害』だ。

怒ったあと辛い、と泣いてしまう勲。

ミヤビは妻の洋子(佐藤真弓)と綾野に理解をするように告げ、薬投与とリハビリをすることに。

綾野はミヤビ担当医よかったと安心を口にする。
「ミヤビちゃんがいるだけでほっとするんだよね」
その言葉から、ミヤビは過去を思い出す。

そのあと綾野は「つきあって」と言ったのだ。

それを聞いていた三瓶
「3回もつきあってって言った」茶化すようにいう。

ミヤビは綾野と美術館に行ったことも思い出す。すると、綾野は美術館に一緒に行こうと誘う。

それを聞いていた三瓶は「いいじゃないんですか」と言い背を向ける。

大迫は麻衣に綾野のことを話す。
麻衣は大迫に婚約解消をすると告げる。
大迫「あまり結論を急がずゆっくり考えて」
麻衣「もう決めたので」

三瓶、ミヤビ、星前、風間でトランプをする。
綾野病院は過疎地医療に力を入れてるけど切り捨てられるのかと心配する星前。
過疎地医療も必要だと言う三瓶。

綾野は勲の代わりに綾野病院で診察をし往診をしている。地元の人たちと食事もする。綾野病院を継がないのかと聞かれ口ごもってしまう。

ミヤビと綾野は美術館に行く。

ミヤビが綾野と美術館に行ったと知り、風間は綾野がミヤビを好きだとはしゃぐ。星前が「もういいよ」と止めるのだが…。三瓶をきづかっているのだ。

綾野は美術館の椅子に座って「ここで告白したんだ」と教える。
3回告白して断られたと笑う綾野。

ミヤビ「誰か、好きな人とかいたんですかね」
綾野「それは自分で思い出したほうがいい」

綾野は麻衣に婚約を破棄されそうになっていてよく分からないと口にする。

「俺、どうしたんだっけな」と呟く綾野。

するとミヤビは「今日、何回、麻衣さんの名前だした気づいてます?記憶障害になってひとつだけいいことがある。積み重ねがないから、直感で今の気持ちがわかるんです」と…。

この日、綾野はずっと麻衣のことばかりを話していたのだ。

津幡(吉瀬美智子)、星前、三瓶は、3人で飲む。

津幡は三瓶とミヤビのことが気になっていたのだ。星前が「婚約してたんです」と教える。さらに、ミヤビが綾野のことを思い出したと知った津幡は「記憶が戻ったからって想いが戻るとは限らない。大事なのは今の気持ちよ」と三瓶に言う。

綾野は麻衣が綾野の両親に送っていた手紙を読む。そこには綾野のこと想い尊敬していると記されていた。麻衣の想いを知る綾野。

勲のお見舞いに麻衣がやってきた。
麻衣は綾野が綾野病院で働いているからというも「あいつがどこまでやれるんだか」と怒鳴り始める。
ミヤビが落ち着かせる。

楓は往診に行く。
寝たきりで重度の失語症の里村千代の診察だ。

千代は勲のカテーテル手術を受けたが、その影響で、寝たきりになってしまった。勲は大学病院に残るかという時にすっぱり辞めて綾野病院を継いで千代を診ることにしたのだ。
千代の息子は施設に入れようとも思ったが「ここで生まれたからここにいさせてあげたい」と話す。

麻衣は勲と向き合う。

麻衣「勲先生は地域の人たちを支えてこられて凄いです。やっぱり親子ですね。楓さんも患者さんのことばっかり考えてます」

勲「あいつは人のことばっかりだ。自分がない」

麻衣「私は大好きです。人のことばっかりなのは優しいから。もっとわがままになってもいいのにって思う。私のこと邪魔になってるのかな」

勲は「そんなことはない!」と大声を出すも、すぐに深呼吸をしてコントロールする。

麻衣は結婚をやめることにしたとミヤビに打ち明ける。
この時、ミヤビが麻衣に缶のおしるこを差し出した。
「なんでおしるこ?」と言われ、首をかしげるミヤビ。

綾野は綾野病院の過疎地医療を続けたいと西島会長(酒向芳)に頼む。

実際に、過疎地医療をしてみて、いかに大切なことなのか分かったのだ。綾野病院がなくなったら、患者たちは通うところがなくなる。

**
ミヤビはバースデーケーキを持って大迫教授を訪問。
今日は大迫教授の誕生日だ。
勲を心配する大迫は、治療の参考にと社会的障害の論文を見せる。

綾野との結婚はやめたほうがいい、と麻衣に言う西島。

麻衣は「それでいいです。滝川病院との縁談を勧めて欲しい。綾野病院は80床。滝川病院は160床だからいいでしょう」

「その代わりお願いがあります」と麻衣。

そうして麻衣は西島会長と交渉し綾野に告げる。

「過疎地医療を続けられるようにしました。
まず、綾野病院を西島グループが10億で買収します。負債8億を銀行に返して残りの2億で新しくクリニックを作れば勲先生は過疎地医療を継続できる。
そのかわり、綾野家とは縁を切ります。私は滝川病院の息子さんとお
見合いするから。今まで優しくしてくれてありがとう」

麻衣は綾野にカテーテルを続けてほしいからそうしたのだ。

綾野は過疎地医療を続けられると勲に伝える。

勲は「ダメだ。あいつらに病院は売らない。俺のために何かをするんじゃない。俺が望んでいるのはお前がお前のために生きることだ。俺は当たり前のように医者になった。俺はやりたいようにやってきた。今度はお前が本当にやりたいことをやれ。カテーテルの道を…」と言ったとき、頭を抱えて苦しみだす。

外傷性動脈瘤破裂によるくも膜下出血だ。
緊急手術に。しかし、急患もいる。

三瓶とミヤビはふたり同時に手術をすることに。

手術が終わり勲が目を覚ます。

綾野は三瓶、ミヤビ、星前に深く頭をさげる。

そして勲に「父さん、俺も好きにさせてもらうわ」と言って歩き出す。

そこに、麻衣が。

「俺、麻衣のこと何も知らなかった。親に手紙を書いてくれていたことも、俺を好きでいてくれたことも。もう一度、最初からやり直せないかな。俺と一緒にいて欲しい

「自分を犠牲にして欲しくない。あなたに好きなことをして欲しいの」

俺は麻衣を誰にも渡したくない。綾野病院もカテーテルも諦めたくない。一緒に自分の人生を生きよう

「ふたりともここに居られなくなるよ」

「わかってる。大丈夫だよ」

抱き合うふたり。

綾野と麻衣がやり直すとの報告を受け三瓶は「大丈夫ですか」と突っ込む。
この時、ミヤビは4人で語り合った日々のことを思い出す。

ミヤビは大迫をたずねる。「大迫教授、私の記憶障害の本当の原因を教えてください」

<つづく>

【アンメット】8話感想!綾野と麻衣のハグにキュン涙!

アンメット8話

『アンメット・ある脳外科医の日記』8話は綾野楓のストーリー。岡山天音さん演じる綾野楓にスポットがあたり、麻衣との恋も進展しました。

麻衣はとっても強がりだけど心の底から綾野のことを好きだと分かった8話。綾野もそれにやっと気づきました。そして、自分もまた麻衣を好きだと気づき、相思相愛という流れ。

麻衣が綾野の父に「大好きです」と言い切ったのにも感動し、ラストのほぼプロポーズと言える台詞に大感動。ふたりのハグには思わずウルウル。このふたり、いい夫婦になるだろうな、と想像し、再びのウルウルでした。

岡山天音さんがいい味出してます。生田絵梨花さんもまた一途な麻衣を好演。本当、素敵な役者さんですね。

岡山天音さん、いろ~んな役を演じこなす俳優さん。「素敵」の声が寄せられています。

【アンメット】8話考察!

若葉竜也さんが演じる三瓶先生と千葉雄大さんが演じる星前先生。なんだかんだと仲良しです。回を重ねるたびに仲良し度がアップしている感じが良き。

8話では意味深な会話が。

ふたりでカップ麺の夜食を食べながらの会話。

ミヤビちゃんの記憶障害の原因は側頭葉てんかんだろうという星前に三瓶先生が衝撃発言をしています。

「それなら、もっと改善していいはず。他にも原因があるはず。大迫教授はまだ何か隠している

ミヤビの記憶障害には根深いものがあるとほのめかす流れです。

そして、ラストが衝撃的。ミヤビが直に大迫教授に「記憶障害の原因を教えてほしい」と言っています。

やはり、もっと他に原因はあるんだと感じる終わりです。

そして、いよいよ、真実が次回に明かされるようです。

三瓶先生とミヤビのラブストーリーもかなり期待しているのですが、まずは、病気の方が先決問題!?

次回は…。
・得体のしれない恐怖に襲われたミヤビ(杉咲花)。三瓶(若葉竜也)はどうする?
・大迫(井浦新)が記憶障害の真実を語ります。
次回もお楽しみに♪♪

脚本:篠﨑 絵里子

ドラマ【アンメット】キャスト相関図と登場人物一覧!杉咲花と若葉竜也が脳外科医に!
ドラマ【アンメット】のキャスト相関図・登場人物一覧とキャスト・登場人物のプロフィールを画像付きで詳しく紹介。漫画「アンメット・ある脳外科医の日記」の実写版で主演は杉咲花。追加キャストを随時更新。

記事内画像:【アンメット・ある脳外科医の日記】公式サイト