ドラマunknown(アンノウン)】1話のネタバレと感想!秘密がバレることを承知で愛する人を救ったこころがカッコいい!

当サイトのリンクには広告が含まれます

ドラマ【unknown(アンノウン)】1話のネタバレと感想!

高畑充希、田中圭W主演のドラマ【unknown(アンノウン)】の第1話が4月18日に放送されました。

結婚を前に吸血鬼であることを告白すべきか迷うこころ(高畑充希)が、愛する虎松(田中圭)のピンチにとった行動は?

今回は【unknown(アンノウン)】第1話のあらすじネタバレ・感想について。

あわせて読みたい
ドラマ【unknown(アンノウン)】のネタバレあらすじを最終回まで!ふたりの愛の行方と犯人考察! 【unknown(アンノウン)】のネタバレあらすじを最終回まで! 2023年4月期のテレ朝火曜のドラマ【unknown(アンノウン)】が4月18日にスタート! 『おっさんずラブ』のスタ...

【unknown(アンノウン)】の動画を見るならTVer(期間限定)またはテラサ(最新話まで全話)で!

目次

【uknown(アンノウン)】第1話の視聴率

第1話の視聴率は7.6%でした。

【unknown(アンノウン)】第1話のあらすじネタバレ

第1話のあらすじネタバレです。

第1話のあらすじ

『週刊熱波』のエース記者・闇原こころ(高畑充希)と交番勤務の警察官・朝田虎松(田中圭)はそれぞれ秘密を抱えたまま付き合っていた。こころは実は吸血鬼で、虎松もなんらかの秘密を抱えていた。そんな時、春陽町で血を抜かれた遺体が発見される。実は近隣では5年前に同様の殺人事件が3件起こっていた。

第1話のネタバレ

こころと虎松の馴れ初め

雨の中、血を流して横たわる花嫁姿の女性。

車の中で張り込みをしている闇原こころ(高畑充希)と加賀美圭介(町田啓太)。狙うは清純派女優のスクープ。こころは彼氏(虎松)と付き合って1年。そろそろプロポーズがあるかもしれないと加賀美に言われるが、こころには結婚に踏み切れない悩みがあった。

ー2021年、春ー

夜、こころが物音に気づき、アパートのドアを開けようとすると外で酔って寝ている朝田虎松(田中圭)。翌日、警官の制服姿でこころに謝りに来た虎松。虎松は元々この部屋の住人で離婚を機にこの部屋を出て行ったのだと言う。

ー2021年、夏ー

ターゲットを張り込み中のこころと加賀美。ターゲットが来た途端、虎松に職質をかけられターゲットを見逃してしまう。「営業妨害だ」怒るこころに「こちらも仕事なので」と虎松。その虎松を手招きすると、小声で「肩に大きなクモが乗ってますよ」と教えるこころ。自分の肩を見て大騒ぎする虎松。こころはそのクモを手で掴むと放り投げた。

ー2021年、秋ー

商店街で魚屋の店主に駄菓子屋の金庫を盗んだと疑いをかけられているこころ。そこへ現れた虎松が「彼女は泥棒じゃない。さっきまで俺といっしょにいた」と言う。店主は虎松が言うならと信じ、こころに謝って事が収まる。駄菓子屋「うめぼし堂」の梅ばあ(木野花)が現れ、盗まれたと思った駄菓子があったと言う。魚屋の店主はそれを聞いて呆れる。そんな騒ぎの中、微笑み合う虎松とこころ。

ー2021年、冬ー

仲良く、居酒屋で呑んでいるこころと虎松。ふたりは交際を始めたようだ。

翌年の春、桜の花びらが散る中、キスを交わすふたり。

ー2023年、春ー

こうしてふたりが交際を始めて1年が経った。

こころの秘密

重厚な屋敷の前、虹彩認証で開錠し屋敷の中へ入るこころ。

屋敷の中にはクラシックな棺桶が飾られている。奥へと進むと血をワイングラスで飲んでいる母・闇原伊織(麻生久美子)。棺桶の蓋が開き、出てくる黒いマントを羽織った父・闇原海造(吉田鋼太郎)。

「果たして彼は愛してくれるだろうか?私が吸血鬼だったとしても…」

紙パックの血を飲みながら家族の会話。この家族は全員吸血鬼なのだ。

虎松がこのことを理解してくれるか悩むこころに「大丈夫だよ」と励ます伊織。こころの交際が心配でたまらない海造。

翌朝、起き抜けにUVクリームを塗りこむこころ。会社(週間熱波)では引き出しの血の飴を加賀美に隠し、ホテルから出てきたターゲットに直撃するも立ちはだかる邪魔なキャリアに積まれた荷物を軽々と持ち上げたところを虎松に見られ、誤魔化す等々…隠すのが面倒でたまらないこころ。

その夜、デート中のこころと虎松。居酒屋でふとニンニクの匂いを感じるこころ。振り向くと駄菓子屋の梅が食べている焼き肉が匂いの元らしい。そして店のテレビにたまたま映った十字架。こころは気分が悪くなり、外に飛び出す。吐きそうになるこころの背中を追いかけてきた虎松が優しくさすってやる。

怪しい影

夜、商店街の住人・五十嵐まつり(ファーストサマーウイカ)が歩いていると、後ろに気配を感じる。振り返っても誰もいない。足早に急ぐまつり。その後ろに怪しい影。

居酒屋「どんぞこ」で夕食をとっている虎松と先輩警官の世々塚幸雄()。テレビからは5年前の連続殺人事件のことが放送されている。この事件は未解決で遺体から血を抜かれるという猟奇的なものだった。実はこのニュースを伝えているキャスターはこころの母伊織だ。世々塚は伊織のファンらしくテレビに見とれている。「5年も経ったら迷宮入りだな」と店主の庭月源治(酒向芳)。その横には店を手伝う息子の庭月聖夜(長田成哉)。そこへ顔色を変えたまつりが入ってきて「後を付けられている気がする」と言う。「だって後ろ姿がめっちゃいい女やろ」と後ろを向いて腰をくねらせるが無視する虎松達。源治が8時にコロッケを取りに来るはずの梅ばあが来ないと言うと、届けると言って出ていく虎松。

駄菓子屋に着くと腰が痛そうな梅ばあ。「何しに来たんだ」と口は悪く、ケンカ腰だがそんな梅ばあに夕食を作ってあげたりと気遣う虎松。

虎松がいない間に店に来たこころ。世々塚が5回も結婚を失敗している話を聞いている。世々塚は「虎には絶対幸せになってほしいんだよね」とつくづく話すがみんな眠ってしまっていて聞いてない。

こころの葛藤

戻ってきた虎松に背負われて送ってもらうこころ。背負われながら秘密を打ち明けようとするこころだったが、やはり言えないでいた。

幼い頃から吸血鬼であることを隠すため、友達を失ってきたこころ。アパートに帰るとHappy Birthdayを歌いながら海造が現れる。今日はこころの誕生日だった。秘密を打ち明けて虎松が受け入れてくれるか不安だし、失いたくないと泣くこころをいっしょに泣いて励ます海造。

深夜のトンネルで壁にコウモリマークをスプレーで描く不審な人物。

虎松の危機を救うこころ

交番の虎松と世々塚。こころの誕生日なので帰っていいと言う世々塚。そこへやってきた小学生が財布を落としたと言う。いっしょに探しに出る虎松。

こころは、編集長の曽我眞一(石川禅)にオカルト系の面倒な仕事を頼まれるが、気を利かせた加賀美が引き受ける。

待ち合わせ場所へ来るこころ。その頃、虎松は小学生の財布を見つけていた。

虎松のために芋煮を作っている梅ばあ。しかし、コンロに火をつけたまま、倒れてしまう。

財布を見つけ、梅ばあとの約束を思う出した虎松。しかしその頃、梅ばあの台所は火事になり始めていた。うめぼし堂に向かうとすでに辺りは煙が立ち込めていた。店の中に入っていく虎松。

一方、待ちゆく人の会話でうめぼし堂の火事を知ったこころも虎松との会話を思い出して慌ててうめぼし堂に向かう。

倒れている梅ばあを見つけ、助けようとした虎松は、梅ばあをかばって倒れてきた家具の下敷きになってしまう。梅ばあはなんとか逃げ出したが、虎松の意識は朦朧となっていく。薄れる意識の中で過去の殺人現場のことを思い出す虎松。血を流して倒れている女性。血が付いた包丁を持つ手。叫び声…。

そこへ現れたのはこころだった。力強く家具を持ち上げると、なんと虎松を抱きかかえ、外へ連れ出す。

「痛い?火傷してない?」と虎松を気遣うこころ。梅ばあは助かったと話す。驚きながら「なんであんな重い物を…」と言いかけた口を塞ぐようにキスするこころ。

告白

「あのね…私ね…吸血鬼なんだ。それでも好きでいてくれる?」

ニコッと笑ってキスする虎松。ふたりの熱く、長いキス。

あくる日

「どんぞこ」で食事しているこころと虎松。たわいない話で盛り上がるふたり。こころは怪力を自慢し、虫嫌いな虎松はその時はよろしくと頼る。

「な、結婚しよっか」

「えっ?…うん、しよっか」

見つめ合っては照れ笑いするふたり。

そんな背景に流れるこころのモノローグ。

「この時はまだ私たちは知らない。この平和な町に惨劇が訪れることを。そして、虎ちゃんにもまた秘密があることを」

緑の芝生の上に首から血を流す女性の遺体。。。コウモリマークと413の謎の数字。

雨の中、血を流して路上に倒れるウエディングドレスの女性。。。

つづく。

【unknown(アンノウン)】第1話の感想

脚本家・徳尾浩司の特色が全面に

いやあ、実にテンポが言いです。このドラマの脚本を担当しているのは徳尾浩司さん。筆者は「おっさんずラブ」からのファンです。徳尾さんの特徴はテンポのいい会話と、クスッと笑えるコミカルな部分とシリアスに泣ける深い部分のバランスが素晴らしいところだと思います。本作でもそんな特徴が満載でしたね。特に公式サイトのこころのキャラクターには書かれていない怪力というところ。前フリで隠しておいただけあってインパクトが強く、感動しました。

そしてもうひとつ。「おっさんずラブ」のスタッフのチームワークも健在で音楽も含め、盛り上げ方が絶妙でしたね。

虎松の秘密とは?

こころの秘密は最初から視聴者には暴露されていました。一方、虎松の秘密に関しては公式サイトの中でも一切触れておりません。いったい虎松の秘密はなんなのでしょう?

ヒントはドラマ後半に虎松が火事の中でタンスの下敷きになり、朦朧としている時に出てくる殺人事件の現場のようなインサートにあるのでしょう。この現場での出来事と虎松とがどのように関わっているのかはまだわかりませんが、何か虎松のトラウマになっているような気がします。そしてもうひとつ、唯一虎松の秘密を知っている世々塚の「虎には絶対に幸せになってほしい」というセリフです。このセリフからも虎松が過去に悲惨な目に会っているのではと考えられます。さて、虎松の秘密とはいったいどんなことなのでしょう?

次週からも目を離せませんね。

記事内画像出典:『unknownアンノウン』公式サイト

noimage

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SNSシェアはここから
  • URLをコピーしました!
目次