【奪い愛、高校教師】2話のネタバレと感想!藁人形と恋の電流に昭和感!

【奪い愛、高校教師】2話のネタバレと感想!藁人形と恋の電流に昭和感!

露子(観月ありさ)とその娘・灯(岡田奈々)、婚約者・華子(松本まりか)の壮絶な戦いの火ぶたが切って落とされる!

三太(大谷亮平)のどこがそんなにいいの?

今回は、【奪い愛、高校教師】2話のあらすじ・ネタバレ・感想について!

「奪い愛」シリーズは、この最新作をはじめ過去全エピソードを上記のABEMA視聴ページで配信中!2週間のお試し期間に全話視聴も可能です。年末年始は「奪い愛」三昧で笑いませんか? ※2021年12月の情報です。最新情報は↑↑の視聴ページで!


ADVERTISEMENT

【奪い愛、高校教師】2話のあらすじ

【奪い愛、高校教師】2話のあらすじです。

三太の腕相撲対決と灯の恋

娘の灯(岡田奈々)に、「最近、顔つきが変わった」「恋でもしてるの?」と見抜かれた露子(観月ありさ)はちょっと戸惑う。

華子(松本まりか)の家で唐揚げ攻撃を受けていた三太(大谷亮平)は、露子の弁当をつまんだこともあり、食べきれない。「何か食べてきたの?」と疑われるが「最近、すぐお腹がいっぱいになる」とごまかす。

華子の父・武(渡辺裕之)と婚約者の鏡真一(板橋駿谷)がやってきて、三太に腕相撲対決を挑むが、三太が鏡に勝つ。武は、三太が生徒に暴行したことで前の学校をクビになった」ことを持ち出して勝利する。

しかしその暴行事件は、三太のことが好きな生徒によるでっちあげだった。身の潔白を主張する三太。

その頃、灯は三太にフルートを続けるべきだと言われたことを反芻していた。三太に振られた露子が日曜の管弦楽コンサートに誘うが、灯は予定があると断る。露子は灯が隠したフルートに目を留める。

問題の日曜日、露子は華子と仲睦まじく歩く三太を目撃し、嫉妬の炎を燃やす。式場でウエディングドレスを試着してはしゃぐ華子は、時計を気にする三太に隠し事があるのではないかと追及。

三太が正直に、生徒・灯との約束を話すと華子はマフラーを渡して快く送り出すが、その鼻からはなぜか鼻血が…。

湖で灯と会った三太は…

湖に駆けつけた三太はフルートを吹く灯を見つける。「君のフルートの音色は素敵だが、もっと素敵になる、それを教えたい」と三太。

大事な予定がありながら自分のもとに来てくれた三太に感動する灯。三太とともに、父とフルートを吹いた思い出の湖畔で三太と演奏する。そのうちに灯にも露子と同じように恋の電流が走り、灯は三太に抱きつく。

マフラーを差し出す三太。そのマフラーを「半分こしよ」と2人に巻きつける灯。

一方、露子は三太と華子の姿が頭から離れない。同僚が患者から聞いたという縁切り神社の話をする。

三太が帰宅して謝ると華子は快く受け入れるが、マフラーについていた灯の髪の毛を見つけて「Why(ホワイ)〜!?と追及する。寒かったから灯にかけてあげたという三太。

華子の鼻血の意味は…

生徒たちが三太と華子の結婚をサプライズダンスで祝福する。それを恨めしげに見る灯に、三太と華子は気づくが、五月の提案で2人はみんなの前でキスをする。

露子は、同僚から聞いた縁切り神社で藁人形に五寸釘を打っていた。「私の願いは叶うのか」と神官に問うと、「近くのものに邪魔される」と言われ、おみくじを引く露子。「赤が欲しいものを引き寄せる」と書いてある。

華子とのキスシーンを見せつけられた灯がフルートを壊そうとすると、三太が止める。「じゃあ、私の気持ちを受け取る覚悟はあるのか?」と問い、「ある」と答えた三太にキスをする灯。

好きはどうにもならない。と去っていく灯。その様子を目撃した華子は鼻血を流していた。

【奪い愛、高校教師】2話のネタバレ

おみくじにあった赤いドレスを着て、カフェで三太とセッションする露子。帰り道、高熱で倒れた三太を自宅に連れていく。ソファで休息をとる三太にキスしたい露子。そっと唇を重ねたそのとき、灯が帰宅する。

三太を見た灯は「先生」と言って持っていたフルートを落とす。「なんでここにいるの?」。

目を覚ました三太も灯の姿を見て激しくうろたえる。

【奪い愛、高校教師】2話の感想

露子が灯と三太の関係を、華子が灯と三太の関係を知ることになりました。

若くてかわいい、そして放っておけない孤独感を持つ灯に、露子と華子が嫉妬の炎を燃やし始めます。

後半2話は絶対見逃せない!

奪い愛、高校教師
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】

コメント