【束の間の一花】4話のネタバレと感想!萬木(京本大我)の表情の変化が絶妙!

束の間の一花

【束の間の一花】4話のネタバレと感想!萬木(京本大我)の表情の変化が絶妙!

【束の間の一花】4話が11月7日深夜に放送されました。

萬木(京本大我)は、一花(藤原さくら)の想いを受け止め、再び会うことにする。
楽しい時間を過ごす中、萬木は“自分がいなくなる未来”に不安を覚える。

笑顔と暗い顔、萬木の表情の変化に注目!

日本テレビ・実写ドラマ化【束の間の一花】4話のネタバレと感想を紹介します。

見逃し配信:【束の間の一花】全話はHuluで配信!(2022年11月現在、最新情報は公式サイトでご確認ください。)

【束の間の一花】のネタバレあらすじを最終回まで!結末は萬木と一花の海キス!?
【束の間の一花】のネタバレあらすじを最終回まで!キスシーンと結末、漫画との違いは? 京本大我主演ドラマ【束の間の一花】の全話あらすじネタバレと結末予想。余命宣告を受けた萬木(京本大我・SixTONES)と一花(藤原さくら)の切なく儚い恋を描く。結末とキスシーンを予想!違いはあるの?日本テレビ【束の間の一花】の全容。

【束の間の一花】4話のネタバレ

【束の間の一花】4話のネタバレを紹介します。

プラネタリウムデート

萬木(京本大我)と一花(藤原さくら)はふたりで並んでプラネタリウムを見ている。

萬木
『俺たちの一生は束の間だ。その束の間に君と空を見上げた』

**

ベランダ。

育てていたトマトはもうない。
萬木は暗い顔をしてトマトのあった場所を見つめる。

過去。
萬木はトマトの苗木を捨てようかとゴミ捨て場に。
山根(朝加真由美)が声をかけてきた。
しばらく留守にする、という萬木に、山根は「戻ってくるまで預かる」と言う。
萬木はこうしてトマトの苗を山根に渡したのだ。

萬木と一花のドライブ

交通研究会の柿ピー先輩(賀屋壮也)がビールとつまみを持って訪ねてきた。

大学を辞めたと知る柿ピー先輩。

柿ピー先輩のブログを見て、萬木の連絡先を教えてと教え子から連絡があったという。それは一花のことだ。

柿ピー先輩(賀屋壮也)は、宮古島に行こうと言い出す。
ハンドルを嫁に捨ててこいと言われたといい、ハンドルを無理矢理に萬木に渡す。柿ピー先輩はそのまま酔っぱらって寝てしまう。

後片付けをしていると、一花から電話。
ふたりで夜空を見る。

この日は「雲ひとつない満月」
同じ月を見ている。そんな幸せを味わう。

**

萬木と一花はデート。
ハンドルを持っていく萬木。

一花がハンドルを握り運転手に。
ふたりは架空のドライブをする。

宮古島に行きたいという萬木に、一花が宮古島を案内するという設定だ。
次はランゲルハンス島に行く。

**

一花は成人式の着物をじゅん(駒井蓮)、かおり(山之内すず)と試着。

**

萬木はガンが進行していると医師から言われる。

一花から電話がある。
一花はランゲルハンス島は、人気のリゾートだと、友人から教えてもらったと伝える。
萬木は、ランゲルハンス島は何もないところだけど、一花と行ったランゲルハンス島は楽しい島だったと話す。
暗い表情だった萬木に笑顔が。

先生と一緒ならどこでも楽しい、という一花。
ふたりで次はどこに行こうかと話す。
一花は幸せでいっぱいになる。

**

一花がメイクをしている。
大樹(佐々木大光)は母の一枝(富田靖子)に「姉ちゃんどうにかしてやって」と声をかける。
一枝が一花にメイクをしてあげる。

一花はまだ病気のことを萬木に伝えていない。
大樹はそのことを一花に指摘。一枝はそのうち伝える時がくると言う。

萬木の不安

一花は萬木とカレーを作る約束をする。
萬木は一花に「いつも通り接してくれてありがとう」という。

萬木は自身の病気のことを告げたものの、どうやって会ったらいいのか不安もあったのだ。
一花といると楽しくなるという萬木。

カレーを作る約束をしたことに「未来の約束ができた」と喜ぶ半面、「俺がいなくなったらどうなるのか、一花に何もできない、今が楽しいだけでいいのかな」と未来への不安も話す。

未来のない恋

冒頭シーンに戻る。

プラネタリウムに行く。
一花は思う。

この恋は八方塞がりだ。
幸せなはずなのに……。
ずっと一緒にいたいと望んだことなのに。

その時、一花は発作を起こしてしまう。

「先生、わたし」
と言って倒れてしまった。

一花
“最初からわかっていた。この恋に未来なんてない”

<続く>

【束の間の一花】4話の感想

【束の間の一花】4話の感想を紹介します。

丁寧な描写!

主題歌「ふたり」の歌詞に涙!

ゆるゆるの心の距離に泣きそう

一花の恋はまんまるのお月様みたい。

【束の間の一花】4話のまとめ

【束の間の一花】4話は、萬木と一花の楽しい時間が描かれます。萬木が一花といると幸せな笑顔になります。ひとりでいる時の暗い表情と一花といる時との、萬木の表情を演じ分けしている京本大我さんが素晴らしい。ランゲルハンス島は、すい臓の内部の細胞のことで、一花は別の意味でとられている。宮古島のマモルくんが出てきたりと、細かなセリフや設定がストーリーを膨らませています。
未来の約束できたこと、そして、未来はないという恋。同じ空をみるふたりに涙。一花が倒れてしまいました。一花と萬木の未来はどうなるのでしょうか。

次回予告
・一花が倒れたことで、萬木は距離を置いたほうがいいかと思い始め……。
・萬木と一花に想いがすれ違う。
次回もお楽しみに♪♪

記事内画像:【束の間の一花】公式サイト

コメント