【虎に翼】第8週ネタバレと考察!「女冥利に尽きる」の意味とは?

虎に翼

伊藤沙莉主演のNHK朝ドラ(連続テレビ小説)【虎に翼第8週「女冥利に尽きる?」(5月20日から24日放送)のあらすじネタバレを紹介します。「女冥利に尽きる?」の意味とは?

今回は朝ドラ【虎に翼】第8週のあらすじネタバレと考察について紹介します。

あわせて読みたい
朝ドラ【虎に翼】のネタバレあらすじ・吹き出しを最終回まで!結末は寅子が裁判所長に!? 朝ドラ【虎に翼】のネタバレあらすじ・吹き出しを最終回まで! 伊藤沙莉主演のNHK連続テレビ小説『虎に翼』(とらにつばさ)のあらすじネタバレを最終回までまとめます。 ...

第7週ネタバレ<< >>第9週ネタバレ

目次

【虎に翼】第8週ネタバレ

【虎に翼】第8週のあらすじネタバレです。

寅子が妊娠!

昭和17(1942)年。仕事が順調に増え続ける寅子だが、妊娠が判明。喜びに包まれが、常に体がだるいことが寅子の悩みだ。一方、久保田(小林涼子)と中山(安藤輪子)が二人とも、仕事と家庭に両立に疲れ果たことで弁護士をやめると言い出す。寅子は弁二人の分も頑張ろうと決意するものの、妊娠した事実を轟(戸塚純貴)やよね(土居志央梨)たち職場の同僚には言い出せずにいた。

兄が兵隊に…

ある日、兄の直道(上川周作)に召集令状が届く。直道は息子の直人と直治に「お母さんを頼んだ」と言い残し、出征した。

寅子が辞表を出す

穂高(小林薫)の推薦によって寅子が明律大学で講演を行うことに。その講演当日、寅子は倒れてしまう。穂高は過労の寅子に仕事を休むように言う。寅子は雲野事務所に辞表を提出した。

しばらくして、猪爪家は軍の立ち退き命令を受け、一家で登戸にある直言が経営する工場の寮に引っ越した。

優三にも赤紙が…

昭和18(1943)年12月。寅子は女の子を出産し、優未(ゆみ)と名付けた

戦争は激しさを増し、女子部は閉鎖。高等試験もその年は行われなかった。

そして夫・優三(仲野太賀)にも赤紙が届く

寅子は自分と結婚させてしまったことを優三に詫びる。優三は謝られることなどないと言い、「トラちゃんの好きに生きること」を望んだ。数日後、寅子の手作りお守りを手に優三は出征した。

史実と比較

第8週で、寅子が女の子・優未(ゆみ)を出産しました。しかし夫・優三が出征するという怒涛の展開です。

一方、モデルの三淵さんも昭和18(1943)年に長男・芳武(よしたけ)を出産。赤ちゃんの男女の違いはあれど、出産した年代は同じですね。なお、三淵さんの夫・和田芳夫は1945年に出征し、1946年に長崎で病死しています。ドラマではどうなることやら…。

【虎に翼】第8週の考察

「女冥利に尽きる」の意味とは?

週タイトルの「女冥利に尽きる」の意味は、女に生まれた甲斐(かい)があることです。女に生まれた幸せを感じることです。

冥利(みょうり)とは、(神仏の加護によって)知らず知らずの間に与えられる幸福・利得・恩恵のこと。

もちろん、男冥利という言葉もあります。男に生まれた甲斐があるということです。

寅子が出産することが、女冥利に尽きるという言葉に繋がるのかな?
妊娠&出産できるのは女性だけだし。

【虎に翼】番組情報

キャスト伊藤沙莉 / 石田ゆり子 岡部たかし 仲野太賀 森田望智 上川周作 / 土居志央梨 桜井ユキ 平岩 紙 ハ・ヨンス 岩田剛典 戸塚純貴 / 松山ケンイチ 小林 薫 他
吉田恵里香
音楽森優太
主題歌「さよーならまたいつか!」米津玄師
語り尾野真千子

あわせて読みたい
朝ドラ【虎に翼】のキャスト出演者一覧と相関図!伊藤沙莉が日本初の女性弁護士に! 2024年前期放送のNHK朝ドラは『虎に翼』(とらにつばさ)。NHK連続テレビ小説の第110作目。脚本は吉田恵里香、主演は伊藤沙莉が務めます。日本初の女性弁護士のちに裁判...
あわせて読みたい
朝ドラ【虎に翼】視聴率一覧!歴代朝ドラで高い?低い? 朝ドラ【虎に翼】視聴率一覧!歴代朝ドラで高い?低い? 伊藤沙莉主演のNHK朝ドラ【虎に翼】の視聴率について一覧表で紹介! 歴代朝ドラで高い?低い?最高視聴率、最低...

画像出典NHK

虎に翼

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SNSシェアはここから
  • URLをコピーしました!
目次