【虎に翼】25話ネタバレと感想/無罪判決に安堵!憲法記念日に「法律は水源」に反響!

虎に翼25話

【虎に翼】25話ネタバレと感想

伊藤沙莉さん主演の朝ドラ【虎に翼第25話が5月3日(金曜)に放送。

一年半に及ぶ直言(岡部たかし)の「共亜事件」がいよいよ結審の日を迎える。傍聴席の寅子(伊藤沙莉)とはる(石田ゆり子)は固唾を飲んで見守って…。

放送後、無罪判決に安堵するほっこりな展開に!そして憲法記念日の5月3日というタイミングに、寅子が「法律は水源」で守るべきものと主張し、SNSで反響が…!

今回は【虎に翼】第25話のあらすじネタバレと感想について。

あわせて読みたい
朝ドラ【虎に翼】のネタバレあらすじ・吹き出しを最終回まで!結末は寅子が裁判所長に!? 朝ドラ【虎に翼】のネタバレあらすじ・吹き出しを最終回まで! 伊藤沙莉主演のNHK連続テレビ小説『虎に翼』(とらにつばさ)のあらすじネタバレを最終回までまとめます。 ...

第24話ネタバレ<>第26話ネタバレ

目次

【虎に翼】25話のあらすじネタバレ

昭和11年(1936年)12月。直言(岡部たかし)らが裁判にかけられた「共亜事件」がいよいよ結審の日を迎えた。寅子(伊藤沙莉)とはる(石田ゆり子)は傍聴席から直言を見守り、法廷の外では優三(仲野太賀)やよね(土居志央梨)たちが待っていた。

裁判長の武井(平田広明)が言い渡した判決は 「主文、被告人らは、いずれも…無罪!

3日後、検察は控訴を断念し、無罪が確定。一年半に及ぶ猪爪家の戦いが終わった。

猪爪家では裁判での勝利を祝う会が開かれた。

直言は「父さんの言うことを信じないでくれて、ありがとう」と、寅子に感謝(?)の気持ちを伝える。

そして、会が進み、台所にはるが一人でいたとき、直言ははるに感謝を伝え、約束していた映画のペアチケットをプレゼント。はるは夫が何も言ってくれず「浮気しているかも」と不安になっていたことを明かし、泣いた。直言ははる以外にいないと断言した。抱き合う2人をリビングにいる寅子たちは静かに見守った。

虎に翼25話
(c)NHK

穂高(小林薫)は桂場(松山ケンイチ)と酒を酌み交わし、判決文に込められた思いを絶賛した。 「あたかも水中に月影を掬い上げようとするが如し」とロマンチックな文言を判決文に記したのは桂場だった。桂場は酔った勢いで「あいつらは汚ねえ足で踏み込んできた。司法の独立も分からないクソ馬鹿どもが!猪塚寅子もそうですよ。私があいつらにしっぽなんて振るわけない!」と激高した。

年が明けて正月。甘味処「竹もと」にて。寅子は待ち伏せし、桂場と再会。お礼を伝えた寅子に対し、桂場は「私は法を司る裁判官として当然のことをした。それだけだ」と返す。

寅子は「”法律とは何なのか“をずっと考えてきました」と告げる。自分の考えを言い淀む寅子に対し、桂場は「続けて」と声をかけた。

寅子は「法律は道具のように使うものじゃなくて、法律自体が守るものというか。例えるならば綺麗なお水が湧き出ている場所で、私たちはそれに変な色を混ぜられたり、汚されたりしないように守らなくてはならない。そして綺麗なお水を正しい場所に導かないといけない。」と、法律を水源に例えて話した。その場合、法改正をどう解釈する問題は残るが…。

桂場は「…なんだ。君は裁判官になりたいのか?」と尋ねる。その考え方は裁判官のものだからだ。桂場は「ご婦人はなれなかったね。失礼。君は高等試験を受けるのか?」と別の質問をする。

寅子は「はい」と答える。

桂場が去った後、寅子はひとりで甘いものを美味しそうに食べた…。

(つづく)

【虎に翼】25話の感想

無罪判決に安堵!

前回ラストで裁判長が判決を言い渡すところで「つづく」となり、じらされましたが…。

ついに出ました。無罪判決!!

祝日で「あさイチ」の朝ドラ受けがないのがもったいない!あさイチMCの皆さんが喜ぶ姿も見たかったなあ。

裁判の流れが変わり、こうなるだろうとは分かっていても、ホッと安堵する展開でした。

第三者である視聴者でも重苦しい気持ちになったのに、当事者の寅子たちの心労はいかばかりか…。

そして台所で直言さんから映画チケットを渡され、ここまで気丈に振る舞っていたはるさん/石田ゆり子さんの涙もよかったですよ。

はるさんは実家から縁を切られ、有罪の覚悟もして、息子夫婦に「籍を抜きなさない」とまで言ってましたしね…。

よかった、よかった…です。

憲法記念日に「法律は水源」に反響!

寅子が「法律は水源」だから守るべきものだと主張していたことに対し、SNSで多くの反響が!

寅子の主張は、憲法記念日に合わせて、いや合わせたのか偶然かはわかりませんが、どちらにしても絶妙なタイミングでした。

「法律は守るもの」は裁判官、寅子の進む道の原点?

寅子のいう法律改正と、議論されている憲法改正は少し違うかもしれませんが、似てはいます。

本当に憲法改正が必要なのか。これは議論していく必要はあります。

そこにこの記事で踏み込んでも仕方ないので、私(筆者)が気になったのは桂場が「裁判官になりたいのか」と言っていたことを深堀利したいと思います。

なぜ桂場はそう思ったのか、少し考えてみましょう。

私たちは小さいころから法は守るものと教えられてきていますが、大人になった今なら分かります、ルールがおかしいなら変えなくてはなりません。法律だから絶対ではないはずです。

とはいえ、法改正は、立法府である国会が法律の内容を変更します。憲法改正はさらに国民投票もありますが…。寅子は「法は水源」と言いつつ、改正の問題は別にあるとは分かっているようですね。

ルールがおかしいこともあるとは言っても、ルールは必要です。決められたルールを守ってくれないと生きにくい世の中になってしまいます。ルールを守って他人の権利を侵害しないでもらいたいものです。

そのルールを守って(法律に従って)、中立公正な立場から判断をするのが裁判官。

つまり、寅子の考え方は裁判官っぽいのですね。

もちろん検事も弁護士も法に従いますが…。武器のように法律を使うのが検事、盾のように法律を使うのが弁護士…ということでしょう。

父の裁判は、検察の強引なでっち上げがあったので、寅子の進むべき道が見えてきた、原点となった裁判だった思います。その意味で前半の大きな山場となった週でした。

【虎に翼】25話の出演者・スタッフ

【出演】伊藤沙莉,石田ゆり子,岡部たかし,仲野太賀,森田望智,上川周作,土居志央梨,桜井ユキ,平岩紙,ハ・ヨンス,羽瀬川なぎ,田中要次,高橋努,小林涼子,安藤輪子,塚地武雅,磯部勉,森次晃嗣 ほか

【語り】尾野真千子

【作】吉田恵里香

【音楽】森優太

あわせて読みたい
朝ドラ【虎に翼】のキャスト出演者一覧と相関図!伊藤沙莉が日本初の女性弁護士に! 2024年前期放送のNHK朝ドラは『虎に翼』(とらにつばさ)。NHK連続テレビ小説の第110作目。脚本は吉田恵里香、主演は伊藤沙莉が務めます。日本初の女性弁護士のちに裁判...
あわせて読みたい
朝ドラ【虎に翼】視聴率一覧!歴代朝ドラで高い?低い? 朝ドラ【虎に翼】視聴率一覧!歴代朝ドラで高い?低い? 伊藤沙莉主演のNHK朝ドラ【虎に翼】の視聴率について一覧表で紹介! 歴代朝ドラで高い?低い?最高視聴率、最低...

画像出典NHK

虎に翼25話

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SNSシェアはここから
  • URLをコピーしました!
目次