【虎に翼】74話ネタバレと感想/家族会議&異動理由と愛の展開が連続

虎に翼74話
※当サイトのリンクには広告が含まれます

【虎に翼】74話ネタバレと感想/家族会議&異動理由と愛の展開が連続

伊藤沙莉さん主演の朝ドラ【虎に翼第74話が7月11日(木曜)に放送。

いつの間にか家庭を顧みなくなっていたことを指摘された寅子(伊藤沙莉)。道男(和田庵)からも非難され、家族と正面から向き合うことを決意する。

今回は【虎に翼】第74話のあらすじネタバレと感想について。

朝ドラ【虎に翼】のネタバレあらすじ・吹き出しを最終回まで!結末は寅子が裁判所長に!?
モデルは三淵嘉子さん。朝ドラの結末は寅子が女性初の裁判所所長になるまでを描く?今回は朝ドラ【虎に翼】のネタバレあらすじ・吹き出しについて!

第73話ネタバレ<>第75話ネタバレ

【虎に翼】74話のあらすじネタバレ

猪爪家の家族会議

いつの間にか家庭を顧みなくなっていたことを指摘された寅子(伊藤沙莉)。道男(和田庵)からも非難され、家族と正面から向き合うことを決意する。

新潟には家族全員でついていくと言う花江(森田望智)。

花江「何でもかんでもトラちゃんのせいにしてごめんなさい。これからは私がもっと気を配って、みんなが仲良くしていけるように…」

寅子「はい! もうスンっ禁止」

直人(琉人)「スンってさせてるのは寅ちゃんだろ」

寅子「禁止を押しつけるのも偉そうよね」

直人(琉人)ら子供たちから寅子への不満が噴出する…。

直人と直治(楠楓馬)
「お母さん(花江)にお茶を頼むときとか、起こしてもらうときに『ありがとう』って言わないのが嫌だ。やってもらって当たり前だと思ってる」
「なんでもやらせてくれるのはいいんだけど、その道を極めろ、一番じゃなきゃダメって態度をされると、みんなやりたくなくなる」
「みんながトラちゃんみたいに頭がいいわけじゃないのに、努力しないからだ、みたいな顔されるのも嫌だ」
「朝からお酒臭いのも嫌だ」

直明「就職先に悩んでるとき、話を聞いてくれるって言ってたのに結局聞いてくれなかった」「僕の仕事の話もろくに聞こうとしてくれない。もう僕に興味がないのが悲しい!」

寅子は、家族の不満一つ一つに耳を傾け、謝罪した。

子供たちは優未に決めさせようとした。しかし花江が「決断の責任は寅ちゃんが負うべき」と反対した。

その上で、寅子は優未(竹澤咲子)に「お母さん頑張るから、生まれ変わるから、一緒に新潟に付いてきてください」と頭を下げ、新潟へは2人だけで行くことが決まった。

虎に翼74話

桂場が寅子に異動命じた理由

寅子は桂場に「私、思い上がっていました。すっかり天狗(てんぐ)になって…。そんな私に失望して鼻をへし折るために異動を決めてくださったんですよね」と告げる。

桂場は「全く違う!」と否定して「腹立たしいが、君は有能だ」と寅子の能力を認めた上で、自分や多岐川(滝藤賢一)、 “ライアン”こと久藤(沢村一樹)に好かれてしまっていることが問題だと指摘。

桂場「キャリアを重ね、俺たちという後ろ盾がある君は、もう昔の弱い者じゃあない。今の君の『はて?』は非常に重い。周りを動かす力がある。今のままでは君の土台はいずれ崩れる。君は裁判官として正しく成長する道筋を飛び越え、一躍、時の人となってしまった。それに甘んじている君に家裁は、いや、どんな役職も任せられん。だから、地盤を作るんだ

そう、桂場は寅子の異動理由を明かした。つまり、有名人になりすぎた寅子に裁判官が踏む道を通って欲しいから地方の家裁に異動を命じたのだ。

多岐川も桂場の真意を知り、「とびきりの愛じゃないか!」と感激。

ライアンも「桂場くんは穂高先生直系の理想主義者かつ潔癖なまでの正論主義者なんだから」と笑った。

(つづく)

【虎に翼】74話の感想 家族会議&異動理由と愛の展開が連続

猪爪家での家族会議&寅子の異動理由判明と、「愛」の展開が連続の第74話。

家族会議では次から次へと本音を寅子にぶつけるので、ちょっと笑ってしまいました。

でも、しっかり聞いて受け止めていた寅子。さすがです。

寅子が「スンッ禁止!」なんて相変わらず上から命令するものだから心配しましたが、すぐさま反省して謝罪。

寅子はえらいです。間違えたら「ごめんなさい」とちゃんと謝るのは人として大事なことですね。

あと、印象的だったのは「優未に決めさせたらいい」という話になったとき、 花江が反対したこと。

花江は責任を寅子が持つべきだと言っていました。

もちろん、子どもたちは自分たちと一緒な方が楽しいからという意味で、悪気なく俺たちといたいよな?と言ったと思います。

でも、まだ幼い子供である優未に判断させ、責任を負わせるのは酷(こく)なこと。

どっちを選んでも選ばれなかった方を傷つけることになりますし…。

もちろん、本人の気持ちを優先させることは大事。

でも優未が幼いから、そこは大人がお願いするべきかもと、花江の言葉を聞いて思わされました。

花江の気遣いにとても愛情を感じます。

また、74話後半、桂場さんが寅子を異動させた理由が判明。

ラジオで長官に反抗的な態度をしたからじゃなかったことが分かりました。

スター扱いされている寅子。

先日の離婚裁判も瞳(美山加恋)「女の味方のふりをして」そうじゃなかったからと逆ギレされてしまいました。

今の寅子は、東京にいると活動しにくいのかもしれませんね。

それを桂場さんは見抜いたいたのでしょう。

寅子の異動理由には桂場さんの愛が詰まっていたなあと感じさせられました。

【虎に翼】74話の出演者・スタッフ

【出演】伊藤沙莉,森田望智,平埜生成,三山凌輝,名村辰,松川尚瑠輝,和田庵,沢村一樹,滝藤賢一,松山ケンイチ

【語り】尾野真千子

【作】吉田恵里香

【音楽】森優太

朝ドラ【虎に翼】のキャスト出演者一覧と相関図!伊藤沙莉が日本初の女性弁護士に!
NHK連続テレビ小説の第110作目。脚本は吉田恵里香、主演は伊藤沙莉が務めます。今回は朝ドラ【虎に翼】のキャスト出演者一覧と相関図などについて。
朝ドラ【虎に翼】視聴率一覧!歴代朝ドラで高い?低い?
伊藤沙莉主演のNHK朝ドラ【虎に翼】の視聴率について一覧表で紹介!歴代朝ドラで高い?低い?最高視聴率、最低視聴率などについても解説します。今回は朝ドラ【虎に翼】視聴率について。

画像出典NHK