【となりのナースエイド】3話のネタバレと感想!シムネスとは架空の病?「怖い」と反響

当サイトのリンクには広告が含まれます
となりのナースエイド/第3話

【となりのナースエイド】3話のネタバレと視聴率!

川栄李奈主演のドラマ【となりのナースエイド】(日本テレビ系)が1月24日に放送されました。

治らない難病「シムネス」とは架空の病?SNSでは「怖い」と反響が…。

今回はドラマ【となりのナースエイド】3話のあらすじネタバレ・感想・視聴率について!

※「となりのナースエイド」はHulu(フールー)で最新話まで配信!

あわせて読みたい
【となりのナースエイド】ネタバレ・あらすじを最終回まで!原作の結末は? 【となりのナースエイド】ネタバレ・あらすじを最終回まで!原作の結末は? 川栄李奈さん主演のドラマ【となりのナースエイド】を最終回まで全話紹介!原作小説について...
目次

【となりのナースエイド】3話のあらすじ

となりのナースエイド/第3話

【となりのナースエイド】3話のあらすじです。

澪の過去(1)姉の自死

「姉は…シムネスだったんです」――みお(川栄李奈)は今まで秘密にしてきた過去を大河たいが(高杉真宙)に打ち明ける。
半年前に命を落とした姉・ゆい(成海璃子)のこと…、自分のことを“人殺し”と言った理由、そしてなぜナースエイドとして星嶺医大にやって来たのか…。

澪にとって唯はたった一人の家族だ。ある日、唯は記者で取材で接触した刑事・橘信也()に一目惚れされ、付き合うことになった。澪は、記者として多忙な姉に恋人ができたことに驚く。

ナースエイドの澪はもともと優秀な外科医だった。火神細胞を作ったことで有名な火神教授()にスカウトされるほど、将来を嘱望されていたが…。

そんな時、姉・唯(成海璃子)が魔病「シムネス」(同時多発的に悪性腫瘍ができる。必ず患者を死に至らしめる病)を発症してしまう。澪は火神に辞退を申し入れる。

※シムネスは本作オリジナルの病気。

澪は姉・唯の主治医となった。澪は姉を少しでも延命したかったため、大きな腫瘍を取り除く手術を勧める。

数か月しか生きられないと聞いた唯は難色を示すが、澪は痛みを緩和できれば記者の仕事を再開できると説得する。

澪は自ら唯の手術を行い、成功。退院した唯は、杖をつきながら新聞社へ行こうと家を出る。すると、橘信也がやってきた。

唯は「別れるって言ったよね?もう、あなたの顔見たくないの。二度と私の前に姿見せないで」

そう言って、唯は新聞社へ。しかし成功した手術が理由で、唯は大好きだった新聞記者の仕事を続けられなくなった。手術で足が大きくむくんだため、上司から現場への取材は無理だと言われてしまったのだ。

唯は検査入院した。澪は退院したら旅行へ行こうと誘った。しかし唯は元気がなかった。澪のオペで痛みはなくなったが、取材が出来なくなったからだ。

唯「記者じゃない私なんて…何の価値もない」

夜。澪が自宅に戻ってソファーで寝ていると…。

6月29日(金曜)午前2時20分。澪のスマホが鳴った。

同日午前3時17分。澪が起きて、スマホを手にすると姉からの不在着信と新着メッセージがあった。

メッセージアプリを開くと「澪…ごめんね」との唯からのメッセージがあった。

澪はタクシーで多摩中央総合病院へ。すると、屋上から人が飛び降りたという声が。

澪が駆け寄ると、自ら命を絶った唯の姿が…。

澪は激しく嗚咽する。

澪の過去(2)「殺した」の意味/ナースエイドになった理由

現在。大河の車の仲で、澪は過去を打ち明けた。

大河「それのどこが『殺した』なんだ?」

澪「記者という生きがいを私のエゴで奪ってしまった。だからお姉ちゃんは…。そんなの殺したと一緒です」

澪は姉が何を求め、考えていたのか今だに分からない。こんな自分に医師の資格がないという。

それにショックからのPTSDで一切の医療行為ができなくなっていた。

大河「そんなお前が、どうしてナースエイドになって、うちの病院で働いている?」

澪「火神教授です」

澪は、火神教授(古田新太)の勧めで、ナースエイドとなったのだ。

火神から、患者に近くで寄り添うことで、姉が何を求めていたか分かるかもしれない、PTSDを克服して外科医に戻ってほしいんだと強く説得された…。

なぜ外科医であることを内緒にしているのかは、火神から提案されたからだ。過去を詮索され噂になったらPTSDからの治りも遅くなるから、と。

澪の“お泊り事件”

全てを告白し寮の自分の部屋に戻った澪。しかし待ち受けていたのは…乱雑に荒らされた自分の部屋。
留守の間に泥棒に入られたようで、なぜか机の上に置いていたはずの“ノートPC”だけが盗まれていた。
警察が調べる間、部屋に入れなくなってしまった澪は、隣に住む大河の部屋に一晩泊めてもらうことになる。

翌日、澪の“お泊り事件”を知ったナースエイド部屋はプチ騒ぎ。晴美はるみ(水野美紀)と夏芽なつめ(吉住)はベタなラブコメ展開に興味津々。一方、澪に想いを寄せる相馬そうま(矢本悠馬)は、気が気でない様子。

しかし実は、澪は大河がもう一つ借りている部屋で、寝袋を借りて眠らせてもらった。大河はオペのトレーニングのため専用の部屋を借りていたのだ。

キレる男

BGイベント社の企画会議にて。内藤ないとう雄二ゆうじ(戸塚純貴)がプレゼンしていると、先輩たちが「好きなようにやれば」「本音を言うとやりたくない」と、やる気ゼロ。

内藤は五回目のプレゼンなのに、と意気消沈。直後、怒りの表情に変わった内藤は先輩たちに「そんなんだからダメなんだよ!俺の邪魔をするな!」とキレる。

その夜、澪たち一同は居酒屋『乙女』に立ち寄り、相馬の大学時代の友人・内藤ないとう雄二ゆうじ(戸塚純貴)と鉢合わせる。相馬と内藤は口下手同士で仲が良かったが、会うのは2年ぶり。聞けば、内藤は当時付き合っていた恋人・伊織いおり(浅川梨奈)と別れてしまったらしい。「なんで?あんなに好きだったのに…」と、相馬が理由を尋ねた途端…!内藤は急に人が変わったように大声を出して、「俺はまだ伊織ちゃんのことが好きなんだよ!」と叫び始める。内藤の豹変に、相馬は驚いて…。

しばらくして我に返った内藤は、叫んだ記憶が全くないと言う。しかし昼間、職場でも同じように突如豹変し、先輩に暴言を吐いてしまったらしい。念のため星嶺医大で検査を受けた内藤を待ち受けていたのは、衝撃の検査結果で…。 物静かな男が突然豹変するワケとは一体…?

【となりのナースエイド】3話のネタバレ

となりのナースエイド/第3話

【となりのナースエイド】3話のあらすじネタバレです。

内藤は脳炎?

星嶺医大で検査を受けた内藤は脳炎と診断され、入院することになった。脳の炎症性疾患で、色々な原因があるが、それを早く突き止めて治療しないと危険だ。

病院の食堂にて。澪が大河に鍵を返す。すると大河は澪に金目のものを盗まれてないということは、また泥棒に来ると脅す。ノートパソコンはすぐ見つかるのに、部屋を荒らしていたということは目当ての者が見つかってないということだからだ。澪は不安になる。

相馬がナースエイドになった理由

相馬は内藤に頼まれた入院に必要な物を持参し、出勤。

内藤は両親が亡くなり、頼れる人がいないらしい。

澪が「仲いいんだね」と茶化すと、相馬は「借りがある」と明かす。

相馬は前職で職場いじめにあって、退職して引きこもりをしていた。

そんな相馬に、内藤は働くよう勧める。

内藤は、俺たちにそういうことしてくる人は現状に不満足なストレスをぶつけてきてるだけだと指摘。

内藤「だったら俺は、そういう生活の中で、生きがいを見つける。人生、前向きに生きてる方が勝ち。そう思うから」

それが、相馬がナースエイドになった理由だった。しかし生きがいは見つけていない。

本音を言うことで好転

内藤の病室に、元カノ・伊織がやってきた。

昨晩、内藤が電話してきて「会いたいんだ」と熱く言ってきたのだという。

内藤は覚えてないという。

澪は病気で記憶障害や異常な行動を引き起こすことがあると説明。

伊織は納得した。一方的に別れを切り出したのに内藤がまだ私を好きなわけないって…。

伊織は別れたことを後悔していた。

直後、職場の先輩たちが見舞いに来て、これまでの態度を反省し、謝った。

澪は「本音をぶつけたら好転することもあるんですよ」と内藤に告げる。

内藤は伊織を見つめて…。

内藤はシムネス患者

そんな中、澪は内藤が心不全からの肺水腫に気づく。

脳炎は薬で治療するが、大河が主治医になったということは手術で治る脳炎。でもなぜ肺水腫を起こしているのか?澪は疑問だ。

澪が大河に詰め寄ると、内藤はシムネスを発症していると明かす。

一方、容態が落ち着いた内藤は伊織と退院後、外でお弁当を食べることを約束した。

その後。大河は内藤にシムネスを告知。その上で、心臓の腫瘍を手術することで、1年程度の延命ができることを説明した。

その後、内藤は伊織に別れを切り出す。突然のことに驚く伊織。

内藤「退院したら仕事に専念したいんだ。俺のことは忘れて幸せになってくれ」

伊織は立ち去った。

澪と相馬は立ち聞きしていた。なぜそんなこと言ったのか問うと、死ぬ人間のそばにいても仕方ないという内藤。直後、内藤は「俺は伊織のそばにいて欲しい」と言ってうめく…。

【となりのナースエイド】3話の結末ネタバレ

姉の本当の思い

澪と相馬は、伊織に病気のことを伝えようか悩む。しかし守秘義務があることで言えない。

寮にて。澪は大河にシムネス患者が何を考えているのか分からない、と相談。

大河はシムネス患者だった姉は本当に澪を恨んでたのか確かめるよう助言。

大河に「患者の気持ちを知りたいんだったら、まずは姉と向き合え」と背中を押された澪は。レンタルボックス(賃貸型収納スペース)へ行き、姉のノートパソコンを持ち帰る。

澪は姉が「澪へ」というファイルを残しているのを知る。

《澪へ 私が死んだあと、あなたを苦しめたくない。死にゆくものが最後にやるべきことは、 自分が死んだ後、生きている人がちゃんと前向きに生きられるようにすること。だから澪、あなたは自分の気持ちにまっすぐ生きて欲しい。私が死んでも後ろ向きにならないで》

変わらない気持ち&衝撃ラスト

内藤の手術前日。内藤は病室で仕事をしていた。澪はそこへ伊織を呼び、内藤に「本当の気持ちを伝えてください。もう一つあるはずです。あなたの本音が」と説得。

さらに澪は姉が自殺し、残された者として後悔していることを打ち明けた。

内藤は本音を打ち明ける。自分が死ぬから「俺のことは忘れて幸せになって」も本音だ。ただ、「死ぬまでそばにいて欲しい」その気持ちも本音だった。

内藤「一つだけ何も変わらない気持ちがある。俺は、君を愛している」

伊織「退院したら一緒に外でお弁当食べたいって言ったよね。手術が終わったら、別れてた2年間分、あなたと一緒にいたい」

こうして内藤は手術にのぞむ。

手術後。病院の中庭にて。内藤と伊織がお弁当を笑顔で食べていた。

相馬は生きがいが見つかった、澪のように患者に寄り添いたいと告げる。

ラスト。姉が残した『澪へ』には続きがあった。ただし「最後に伝えたいことがあります。それは」で終わっていた。

突如、澪の部屋を橘信也(上杉柊平)が訪れる。橘は「唯は自殺じゃない。殺された」と告げて…。(つづく)

【となりのナースエイド】3話の感想

【となりのナースエイド】3話の感想です。

シムネスとは架空の病?「怖い」と反響

シムネスについて検索をかけた視聴者もいるようですが…シムネスは架空の病気です。

ドラマオリジナルの設定です。というか、原作にもありますけど。創作された病気ですね。

架空の病気とはいえ、「怖い」と思った視聴者も多かったです。

不治の病なので、怖いですよね。

残された者が前向きに

残された者が前向きに生きることができるように…と、澪がおせっかいをして、内藤と伊織を復縁させました。

姉が自殺しました。後悔してます・・・って実体験をまじえての、心からの言葉は内藤にとても響いたと思います。

まあ、どれだけ内藤が伊織のことを愛していたのか、正直、過去が描かれていないので視聴者には分からないし、伊織が一方的に振ったくせに!とは思うのですが・・・浅川梨奈さんの涙と優しい表情で心をつかまれました。

戸塚純貴さんの方は豹変する演技が上手かったです。先輩社員に詰め寄る時、ちょっと怖かった(笑)

余命1年…。内藤と伊織の残された期間…。つらいですけど、楽しい時間をすごしてほしいなと思います。

本作では1話の患者の早乙女寛治(梶原善)やその妻・美恵子()が再登場することがありますが、その後の内藤と澪も教えてくれると視聴者としても嬉しいなと思います。

1 2
となりのナースエイド/第3話

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SNSシェアはここから
  • URLをコピーしました!
目次