【特捜9season7】第9話ネタバレとあらすじ!9係から通算200話!歩みと絆描く記念回

特捜9-9話キャッチ
※当サイトのリンクには広告が含まれます

『警視庁捜査一課9係』からバトンを受け継ぐ形でシーズン7に突入した、井ノ原快彦主演特捜9】。難事件に挑む個性派刑事たちの活躍と、背景にあるそれぞれの人生模様を丁寧に描いてきた同シリーズが、“シリーズ通算200話”という記念すべき回。
この記事では【特捜9season7】の第9話あらすじとネタバレをお届けします。

【特捜9シーズン7 】が完全キャストで始動!豪華ゲストの人生に向き合いながら捜査を進める
『特捜9 シーズン7』のキャスト相関図と今シーズンの見どころを紹介! 特捜9の新シーズンが始動開始!お馴染みのレギュラーキャストの勢いはそのままに、毎回登場するゲストの人生背景に特捜9のメンバーが全力で向き合う、1話完結ヒューマン刑事ドラマの魅力と見どころを紐解きます。

第8話ネタバレ<>最終回ネタバレ

【特捜9season7】9話あらすじ

特捜9第9話03
 東京・銀座のショッピングモールで、特捜班主任・浅輪直樹(井ノ原快彦)と後輩刑事・新藤亮(山田裕貴)は宝石店強盗事件の捜査中、繁華街で容疑者とよく似た男・朝倉昭雄(森谷勇太)と遭遇する。実は事件後、強盗犯が路地で覆面を脱いで顔を出す動画がネット上に出回っていたのだ。2人は必死に朝倉を追うが取り逃がしてしまう。追跡中に、浅輪は新藤から別々に動きたいと言われ、「自分は“主任”を目指している」、つまり今の直樹の立場と取ってかわるつもりだと、ハッキリ告げられる。

 その頃、青柳靖(吹越満)矢沢英明(田口浩正)同じくネットに上がった動画をもとに拳銃密売の現場を押さえようと、拳銃密売犯・馬場幸成(フェルナンデス直行)を追ってあるバーを張り込んでいた。
 そして小宮山志保(羽田美智子)高尾由真(深川麻衣)から応援要請を受け、現場の高級住宅街に急行。その付近では最近、ペット窃盗事件が立て続けに起きていることがわかり、ネット上に怪しい男・千葉信二(こんばやし元樹)の動画を発見していた。

 3組のバディが捜査を進めるうちに、捜査支援分析センター(SSBC)副所長・村瀬健吾(津田寛治)と分析官・三ツ矢翔平(向井康二)の解析も加わり、3つの事件をつなぐ“衝撃の事実”が発覚、謎が謎を呼ぶ怒涛のミステリーへと発展する。

【特捜9season7】9話ネタバレ

特捜9第9話02
200回記念回だからなのか、今回の事件はどれも映画仕立てで始まります。
「偽りの三重奏」とサブタイトルの通り、3つの事件が同時進行で進むんですね

3組のバディが結成時に思いを馳せつつ同時進行で事件の捜査に

3つの事件を映画仕立てに同時進行で進めつつ、それぞれのバディが結成当初に思いを馳せながら、お互いのことを思い合う
心の声を軸に事件が進行していきます。

お互いのことをバディ結成当時と比べて現在どう思っているのか、それぞれの本音が聞こえてくることでバディ同士の絆を強く感じます!しかし相手からそんなに信頼されていることは知らない各々

事件1/宝石店強盗事件…浅輪と新藤

特捜9第9話01
取り逃した人物を村瀬と三ツ矢の協力で特定し、なんとか2人で協力して犯人だと思われる浅倉を逮捕、しかし逮捕の証拠となったネット動画の人物は自分とは別人だと主張する朝倉。犯人でないのに逃げたのは、浅輪たちを借金とりだと勘違いした為だと言う。また、その証拠としていた動画の日時には別の場所にいたことがSNSと監視カメラから認められアリバイが成立した。証拠となったネット上にアップされた朝倉の顔がはっきりと写った動画は一体誰なのか。ただの他人の空似なのか。疑惑が深まる。

事件2/拳銃密売事件…青柳と矢沢

特捜9第9話05
バーでの張り込みの末逮捕した馬場は、取り調べでネット動画に写っている人物は自分とは別人だと主張。その動画の日時に、マッチングアプリで知り合った女の子と別の店にいたと主張。ネット動画にはっきり顔が映っているためどうせウソだろうが念の為とアリバイの裏どりをする青柳と矢沢。しかしその事件日時、馬場の主張通りお店の予約をして来店していたことが発覚。またもや逮捕の証拠だったネット動画に疑惑が浮上する。

事件3/連続ペット窃盗事件…志保と由真

特捜9第9話04
ペットの犬がいなくなった事件から、この3ヶ月で20件以上のペットが消えている連続ペット連れ去り事件が起きていることに事件の大きさを感じ、ペット捜索を始める志保と由真。聞き込みしていくうちにネット上で「犬怪人」という犬を沢山連れた男の動画がバズっているという噂にたどり着く。その動画が撮られた場所を探すうちに、怪しい廃病院に行く事に。そこにいたのは動画に写っていた犬怪人と呼ばれる男・千葉だったが、男は取り調べでペットを盗んでいないと主張。そしてその動画の日時には舗装工事のアルバイトをしていてアリバイがあり、ネット動画の証拠がまたもや疑惑へと変わる。

証拠となったネット動画、事実との矛盾に動画の解析をしてみると…

特捜9第9話06
3つの事件をつなぐ戦慄の事実が判明! 捜査は思いもよらぬ局面へと突入していくことに――。実は、この3つの事件の証拠とされていた動画が、3つともフェイク動画だった。生成AIで作られたニセの人物像を合成したかなり精度の高いディープフェイク動画だという。今回の事件で被疑者とされた3人はそれぞれSNSやマッチングアプリ、投稿サイトなど、ネット上に顔写真を沢山あげている人物たちで、その画像を犯人に利用されたのだった。
特捜班メンバーを前に、神妙な面持ちの村瀬から出た深刻な現実を知らせる言葉。

記録映像とフェイク映像の見分けがつかなくなることは、映像の証拠能力がなくなることを意味している、、、

技術の発展が犯罪の拡大を招いているってことですね

そんな時浅輪は、警務部人事第二課に呼び出され、“まさかの打診”を受ける。国木田班長が辞めた後の班長になることに加えてもう一つ、新藤についても何か相談を受けていた。

新藤くん主任になれるのかな、それとも移動?最終回の来週が気になるー!!

200回記念回は最終回へのプロローグだった

特捜9-9話イラスト
特捜班でディープフェイクの動画を見ていると、突然顔が次々変わり今回の容疑者と思われる知らない男の顔で、

5月29日
150歳の老人の誕生祝いに、
男が祝砲の弾を込め、
女は皿に鳥の頭を盛って、
新しい指揮者が古い指揮者を殺す

という謎めいた犯行予告動画が流れてくる。

犯行予告とされる5月29日が近づいてくるが、何も操作が進展しないまま特捜班のメンバーは頭を悩ませていた。そこへ音楽隊に移動した国木田(中村梅雀)からの伝言だと初舞台の誘いのチラシを持って、監察医・早瀬川真澄(原沙知絵)登場。そのチラシを見て一同ピンとくる。

犯行予告はこの「警視庁創立150周年記念式典」での警視庁音楽隊のコンサートのことなんだ!と。。。

次回はいよいよシーズン7最終回!国木田元班長も登場で、フルメンバーでの最終回今から楽しみでしょうがないですね!

【特捜9】配信情報

【特捜9】シリーズを全話視聴するなら

で一気見できます。今なら過去シーズンも見放題!

記事内の画像出典:「特捜9season7」公式サイト