【特捜9season6】の第3話はまさかの展開・えー!あれだけ意味深で浅輪の子供騒動はまさかの!

特捜9
2023年4月からテレビ朝日系水曜ドラマ【特捜9season6】が始まりました。難事件に挑む個性派刑事たちの活躍はもちろん、背景にあるそれぞれの人生模様を描き上げてきたシリーズ。『警視庁捜査一課9係』(2006年スタート)時代から17年間、ともに過ごしてきた“家族”のような特捜班は、小宮山志保(羽田美智子)、青柳靖(吹越満)、矢沢英明(田口浩正)ら個性派刑事の捜査をまとめる主任として、そして昨シーズンより加わった若手警察官・三ツ矢翔平(向井康二)、高尾由真(深川麻衣)の先輩として、井ノ原演じる浅輪直樹が引き続き活躍します。
この記事では【特捜9season6】の第3話ネタバレ&あらすじをお届けします。

特捜9season6

特捜9】配信情報
【特捜9】シリーズを視聴するなら、U-NEXTがオススメ。
※本ページの情報は2023年3月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認下さい。

【特捜9season6】3話はこんなお話

ドキュメンタリー動画制作会社のディレクター・本条美緒(水崎綾女)が自宅寝室で死んでいるのが見つかった。浅輪直樹(井ノ原快彦)ら特捜班が臨場したところ、室内には争った形跡があり、何者かともみあいになった末、室内にあった三脚で殴られたものと思われた。
夫の悠太(鈴之助)は事件当日の朝、急いで出かける美緒を見送ったあと、近所のスーパーに買い物に行ったが、それ以外は自宅にいたという。美緒は悠太が不在の間に帰宅し、侵入した何者かに寝室で殺されたのだろうか…。直樹は現場から破られた不妊治療の同意書を発見するが、悠太に確認したところ、なぜ破れているのか覚えていないと言葉を濁す。
美緒の勤務先を訪ねた直樹は、彼女が生前、悪質商法や特殊詐欺などかなり危険な取材をしており、個人的に追っていたネタがあるとつかむ。それがどうやら同じ不妊治療クリニックに通う“妊活仲間”川崎留美(沢井美優)とその夫・斗真(古澤蓮)に関することらしいと発覚。いったい美緒は、夫婦の何を探っていたのか!? 村瀬志保(羽田美智子)らは美緒と留美が同じ妊活セミナーに出入りしていたことをつかむが、そんな中、悠太が青柳靖(吹越満)らの追跡をまいて姿をくらましてしまう。

【特捜9season6】3話のここに注目!

夫がパスタを作っている間に妻が

男はパスタを2人前を作っていた。

17:10ごろ、宅配便がくる。

スマホが鳴ると、女性が倒れていた。

浅輪(井ノ原快彦)が赤ちゃんを抱いていたことが気になる

小宮山(羽田美智子)と高尾(深川麻衣)。

事件発生で臨場する。

自宅で倒れていた女性。側頭部に傷があり、凶器は三脚か。被害者は動画制作会社のディレクターで主にドキュメンタリーを制作していた。「願い水」と書かれたペットボトルがあり、不妊治療の同意書が破られていた。

夫の悠太(鈴之助)は死亡事故にスーパーで買い物をしており、料理をしていると、本人限定配達だったため、妻の美緒(水崎綾女)に電話すると、自室で倒れていた。

三脚の指紋が拭き取られていた。

夫はスーパーに2時台と3時台に二度出入りしていた。

40分は間隔があり、アリバイはない。

特捜9

被害者が追っていた事件とは

美緒は特殊詐欺ネタを追っていた。

黒幕にたどり着けるなら、命は惜しくないという熱血漢。

雄太は元同僚で、10年前に辞めていた。

美緒は他にも個人的に追っていたネタがある。

ハードディスクに入れているというが、見つからない。

浅輪の子供の件が気になる高尾は「私見ちゃったんです」と直接話す。

追っていたネタは同じ妊活中の知人、留美(沢井美優)と夫の川崎

斗真(古澤蓮)に関係があることがわかる。

ネタは不妊治療か。浅輪は高尾と夫婦を装い。セミナーに潜入。

そこで、細胞を活性化する願い水を渡される。1本15000円もするという。

10年前に亡くなった婚約者に事件のヒント?

留美は、昔、恋人を事故で亡くしてるといい、美緒も結婚を考えてる人を亡くしていたと話していたことを明かす。しかし、美緒は夫とうまくいってないような口ぶりだったという。

姿をくらましていた悠太は、喫茶店で調理のアルバイトをしていた。1年前に料理作る代わりに居候。その流れで結婚した。

美緒にはかつて、悠太も中の良かった元婚約者がいた。

しかし10年前、大腸がんで亡くなった。

スーパーのアリバイは、卵が割れたため、もう一度引き返したのと、ブロッコリーを別の生果店へ買いに行ったのだという。

科捜研が願い水を調べると、原価20円の眉唾物だった。

セミナーの主催者は、美緒が探していたのはエンジェルという人物だと証言する。

映像に映っていた意外な人物は

事件当日購入した米が半分なくなっていた。

ケースの中に移し替えられた米の中からハードディスクが見つかる。映像は願い水詐欺がほとんど。

しかし、10年前の映像もあり、

亡くなったトオルに波動茶を届ける人物が。

それは留美だった。

悠太は、留美にナイフを突きつける。

しかし、青柳(吹越満)が駆けつけ、確保する。

悠太はトオルに思いを寄せていたが、彼が亡くなり、自暴自棄に。

1年前、美緒と再会。思いに気づいていた美緒は形だけ結婚を提案、無念を晴らそうと約束していた。

本当の黒幕は

事件当日。

悠太が買い物から帰ったら、鍵が開いていた。

美緒は今後の治療で相談に乗ってほしと留美を呼び出していた。

波動茶の詐欺にかかわったことを追及していた。

揉み合ううち、美緒は頭をぶつけて倒れた。

しかし、三脚では殴ってはいない。

浅輪はスポットライトが点いていたことを思い出す。

美緒は誕生日に渡した置き時計に不具合があるので持ってきてほしいと頼んでいたが、留美は忘れていた。

川崎の自宅には置き時計が残っており、その中には録音機が。

エンジェルは川崎だった。

録音機の証拠から詐欺を認める川崎。

しかし、殺害の証拠は?

ライトは美緒が消していたが、犯人がつけた。

ハロゲンランプは熱くなる。

時間が経てば水分も乾いてしまう。

美緒の着衣から、川崎の汗の成分が残っていた。

留美を追いかけた川崎は、留美が揉み合った後、美緒を三脚で殴り、汗を消すためにライトをつけていたのだ。

「子供ができたら足を洗うつもりだったのに。全然できないし」という川崎に、浅輪は「子供のせいにするな。長生きしたい、子供が欲しい、そう思っちゃいけないのか。人の思いを踏みにじるやつは、俺は絶対許さない!」

事件は解決。

そして、浅輪の子供騒動は、妻の倫子(中越典子)の店のアルバイトの子を預かっているだけだった。

【特捜9season6】3話の感想とまとめ

今回は、さまざまな要素で事件が展開しましたね。その中でイノッチの子供がいる疑惑に、メンバーが疑心暗鬼に。1話の冒頭から意味深な表情で赤ちゃんねたが登場したのですが、なんと倫子さんのお店のアルバイトの子供を預かってるだけって、オチは、そりゃないよ、でしたねw

記事内の画像出典:「特捜9season6」公式サイト

Written by
simone432

スポーツ紙芸能記者、出版社編集者として約30年。記者時代はドラマに特化したコラムを執筆していました。「やまとなでしこ」のようなほっこりできるラブコメが好きです。

特捜9season6
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】

コメント