【特捜9season6】の第2話はラストで衝撃!・えっ、イノッチの子供じゃないの?

特捜9
※当サイトのリンクには広告が含まれます
2023年4月からテレビ朝日系水曜ドラマ【特捜9season6】が放送されます。難事件に挑む個性派刑事たちの活躍はもちろん、背景にあるそれぞれの人生模様を描き上げてきたシリーズ。『警視庁捜査一課9係』(2006年スタート)時代から17年間、ともに過ごしてきた“家族”のような特捜班は、小宮山志保(羽田美智子)、青柳靖(吹越満)、矢沢英明(田口浩正)ら個性派刑事の捜査をまとめる主任として、そして昨シーズンより加わった若手警察官・三ツ矢翔平(向井康二)、高尾由真(深川麻衣)の先輩として、井ノ原演じる浅輪直樹が引き続き活躍します。
この記事では【特捜9season6】の第2話についてお届けします。

特捜9season6

特捜9】配信情報
【特捜9】シリーズを視聴するなら、U-NEXTがオススメ。
※本ページの情報は2023年3月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認下さい。

【特捜9season6】2話はこんなお話

「大臣を辞任しなければ1000人を爆死させる」――国土交通大臣・諏訪部孝一(神尾佑)を脅す謎の爆弾魔の捜査を極秘裏に進めていた浅輪直樹(井ノ原快彦)ら特捜班。第二の爆破事件が起きた直後、諏訪部の秘書・高石沙月(知念里奈)から3通目の脅迫メールが届いたという知らせが入る。そこには「こちらは本気だ。残り999人を救いたければ、明日の17時までに過去の罪を認め辞任しろ」と書かれていた。いったい諏訪部の“過去の罪”とは何のことなのか、直樹は引っかかる。
そんな中、また新たな爆破事件が発生! しかも直樹が諏訪部をかばって爆発に巻き込まれてしまう…。直樹は無事なのか――がく然とする特捜班メンバーに対し、班長・国木田誠二(中村梅雀)はなぜ諏訪部から依頼されて秘匿捜査を引き受けたのか、ようやく重い口を開く。

【特捜9season6】2話のここに注目!

浅輪が爆破に巻き込まれる

「大臣を辞任しなければ1000人を爆死させる」と脅迫されていた諏訪部国交相(神尾佑)。そんな最中、諏訪部に恨みを持つ元部下が爆死した。爆弾にはデリタニウムというレアメタルで使用されていた。浅輪(井ノ原快彦)は、秘匿捜査を受けた国木田班長(中村梅雀)に詰め寄る。

死亡した元部下の胃の中から鍵が出てきた。何かを隠すため咄嗟に飲み込んだのか。殺害の可能性も視野に入れれば、得をするのは諏訪部だが。

諏訪部の元部下は、デリタニウムを持ち出したことがわかる。しかし、諏訪部が警察には通報しないように指示していた。自首するように伝えに行ったが会えなかったと、浅輪に話す。その直後、諏訪部にまた脅迫メールが。「過去の罪を認めろ」と書かれていた。帰り際、駐車場にはトラックがないのに、配送物があり、直後に爆発。諏訪部も秘書の高石(知念里奈)も無傷で、浅輪だけがかすり傷で済んだ。

諏訪部の元部下が過労死していた

国木田班長は浅輪らに謝罪する。諏訪部のSPは公安の人間で、国益のために、意向に従ってほしいと言われていた。しかし元部下の爆破殺害は公安も想定外。背景には諏訪部は海外企業と日本の国益を損ねるようなことをしていることを掴んだが、それがデリタニウムのことだった。

フロントラインプロジェクトの入札説明会で挨拶した後、諏訪部は、後援会長の大和田に入札に参加するように言い、議員を辞職すると告げ、会見する。

元部下が飲み込んだ鍵は、貸金庫のもので、中にあったメモリーにはロックがかかっていた。

諏訪部の過去の罪が、テクノエンス時代に、社員の浦井が過労死していたことがわかる。しかしなぜか訴えを取り下げていた。浅輪は、高尾(深川麻衣)を連れて、浦井の実家へ。息子は高額の治療費がかかっていたが、その後死亡。浦井の妻の写真を見せてもらうと、高石だった。

特捜9

恨みを持つ高石が犯人?

三ツ矢(向井康二)はロックがかかったファイルからパスワードをあっさり見破り、データを取り出す。

浦井の墓に手を合わせる高石。それを車から見つめナイフを持って、襲おうとしたのは諏訪部の後援会長だった。諏訪部がプロジェクトの入札には談合を疑われるので関わらないでほしいと言われ、恨んでいた。諏訪部が辞めれば、殺すつもりはなかったというが、元部下と話している際にデリタニウムが起動し、爆発したのだった。

高石もは夫の復讐で近づいた。諏訪部に恨みを持つ3人で復讐しようという話に。

しかし、恨んでいたはずの諏訪部を、爆弾の騒ぎの時にかばうなど、浅輪は不思議に感じることがあった。本当にすべての人の幸せを願っていた諏訪部のそばでその志を感じたのか。

息子の手術費は高額だった。母が支払ったと思っていたが、実は」諏訪部が肩代わりしていた。

諏訪部に描く未来に共感したが、それは夫への裏切りになると葛藤していた高石。

しかし、浅輪は、過去は変えることはできないが未来は変えられのでは、と話す。

高月は諏訪部に会う。辞めないで先生が作る未来が見たいと話し、諏訪部はゼロからやり直しますことを誓う。

事件解決後、小宮山(羽田美智子)と高尾は、子供をあやす浅輪を見て「いつの間に?」と驚く。

特捜9

【特捜9season6】2話の感想とまとめ

2週に渡ったシーズン6の最初の事件。爆破に巻き込まれた浅輪がベッドにおらず、青柳がなく崩れるシーンは、お約束w そう簡単に浅輪刑事は死にませんよね。

秘書役の知念里奈さんが鍵にを握る展開は分かっていましたが、犯人はまさかの流れでしたね。

そして、ラストで子供をあやす浅輪を見て、小宮山たちが驚いていたのはなぜ? 妊娠出産すれば流石に話すだろうし、訳ありの展開。今後に注目ですね。