【ザ・ファブル 殺さない殺し屋】ネタバレと感想!ヒナコ(平手友梨奈)の手紙に涙!

ザ・ファブル殺さない殺し屋

【ザ・ファブル 殺さない殺し屋】(ザ・ファブル2)ネタバレと感想!ヒナコ()の手紙に涙!

岡田准一主演映画【ザ・ファブル殺さない殺し屋】が6月3日金曜ロードショーで放送!

江口カンがメガホンをとり、前作を上回るアクションで手に汗握るストーリー展開に!

迫力満点のアクションシーンとヒナコ()の手紙に注目!

同名漫画の映像化第2作、映画【ザ・ファブル 殺さない殺し屋】のネタバレと感想を紹介します。


ADVERTISEMENT

【ザ・ファブル 殺さない殺し屋】ネタバレ

【ザ・ファブル 殺さない殺し屋】ネタバレを紹介します。

ファブルを探す宇津帆

何者かに殺される事件が多発する街。

ファブルの殺しはこの日4人目。
川平が車に乗り込む。後部座席にはヒナコ()がいる。
ニット帽の男=ファブル(岡田准一)が川平の首を切る。
車は立体駐車場から落下。
川平は生き絶える。ファブルはヒナコ()を助け立ち去る。

**

4年後。

公民館ではNPO団体代表の宇津帆()が演説をしている。ヒナコが舞台にいる。
ヒナコは5歳のときに公園の遊具から転落して車椅子生活にと作り話をし
「悲劇を繰り返さないために安心安全な街づくりを」と宇津帆。
信頼を集めている宇津帆だが、ヒナコは冷めた目でそれを見ている。

夜。
宇津帆はすねかじりの若者を首吊り自殺に見せかけて殺す。
伊崎(黒瀬純)もいる。

宇津帆は、鈴木()とヒナコに「新人だ」と伊崎を紹介する。

宇津帆と鈴木はファブルの噂を始める。

井崎は元真黒カンパニーの社員。ファブルは真黒カンパニーと繋がりがある。
ファブルの正体はわからないが「近くにいるかも」と宇津帆。

**

テレビにジャックル富岡(宮川大輔)が出ている。

アキラ(岡田准一)はそれを見て大笑い。
『オフィス・オクトパス』では田高田()とミサキ()が楽し気に会話。アキラに声をかける田高田。

ミサキが髪を切ったことを気づかせようとするが、アキラは気づかない。

**

宇津帆のマンション。

宇津帆はヒナコの車椅子をおしながら外出。
ヒナコは伊崎をクビにしてほしいというが、宇津帆はYESとは言わない。
宇津帆はヒナコの足をいやらしげになでる。

ヒナコとアキラの出会い

ヒナコは公園の鉄棒に捕まり立ち上がろうとするが転んでしまう。
その姿をアキラが見ている。

「歩けるようになる」
とアキラはヒナコに声をかける。

アキラはこの時、ヒナコのことを思い出す。

**

4年前の12月に起きた事件についてアキラはヨウコ()に訊ねる。

ヨウコは記憶力が優れている。
片っ端から事件を並べあげ、アキラが知りたい事件がわかる。

12月20日、港区の事件。
立体駐車場で運転していた川平健二・28歳が何者かに殺された。車は落下。
アキラはその時助かったのが佐羽ヒナコ・16歳だと知る。
不審な点が多く事件の調査中。

殺しは禁止されている。ヨウコは、事件に関わらないようにと注意する。

**

オクトパスの社員、貝沼(好井まさお)の部屋。
ミサキを盗み撮りした写真が部屋中にある。

**

ヒナコは再び鉄棒で立つ練習をしている。
アキラがそれをじっと見ている。

**

宇津帆が運営する「NPOこどもみらい」

ヒナコが帰宅。
鈴木に「ストーカー(アキラのこと)がいる」と話す。
鈴木は「俺が追っ払ってやる」と言うが、ヒナコは「別にいいのに」とポツリ。

**

井崎と宇津帆。

ヒナコは、高校の時両親が強盗に殺された。
「復讐だけが生きがいなんだ」と宇津帆は話す。

笑顔でミサキ()に盗撮の調査をしていると声をかける二人。
井崎の差し出す名刺にはイガワサトシとある。

**

アキラ、公園に行く。
鈴木がアキラに声をかけ、ヒナコに近づくなとケリを入れる。

**

アキラはオクトパスの仕事でNPOこどもみらいに向かう。

宇津帆と井崎はパソコンを眺めている。
そこには、ミサキの姿が。盗撮映像だ。
ミサキに盗撮調査と言って近づいたのは、この映像を入手するためだった。

そこに、アキラがチラシを届けに。

ヒナコが玄関を覗き、アキラに気づく。

アキラは宇津帆の部屋に入る。
ヒナコはアキラのことを誤解していたと感じる。

**

ヒナコは、引き出しを開けてリップを手にするが、宇津帆が入ってきて慌ててしまう。

宇津帆はシャツのボタンを外しながらヒナコに近づく。
上半身裸になり、ヒナコのスカートをめくりあげる。
膝にキスをしようとする。

「あたし、今日アレだよ」
「血は好きだ」

ヒナコの足の間に顔をうずめる。
宇津帆の背中には刺青がある。

**

4年前、アキラは殺しの指令を受けて川平ら、売春組織の男たちを殺した。
しかし、途中で中止の命令があり、ひとり殺さずに終わった。
それが宇津帆だ。

宇津帆に会ったというアキラは
「殺るべきか」と言うが、ヨウコは反対する。

ヒナコがいて、鈴木がいたことも話す。
「(鈴木は)おそらくプロだ」と。

宇津帆の復讐

宇津帆は興信所だと名乗り、貝沼の家に電話。
息子の悦司と話したいともちかける。

**

ヒナコは公園で練習をしている。
アキラのアドバイスに従い低い鉄棒に手をかけ立ち上がることに成功する。
周りをみるがアキラはいない。
アキラはこっそりとその姿を見ている。

**

貝沼は母の良子と一緒に、宇津帆の事務所に。

宇津帆は、ミサキの部屋から盗撮器があったと伝える。
貝沼悦司は「俺はやってない」と言うが、宇津帆と井崎は証拠をみせる。

「これは俺じゃない」
と言い張るが「言い逃れはできない」と威圧的な宇津帆は示談で済ませようと話を持ち掛ける。

その夜、貝沼はミサキの写真にナイフをあて「ハメやがって、殺してやる」と恨みつらみ。

その様子を監視している鈴木。
宇津帆は貝沼を捕える指示を出す。

**

オクトパス。

貝沼は包丁を持ちミサキの後ろに立つ。
アキラがそれを救う。

田高田が驚く。

アキラはすかさず「これを持って俺に何かしようとしていた」と誤魔化す。
逃げる貝沼を追うが、鈴木に連れ去られてしまう。

**

鈴木はアキラに気づかれたらしいと宇津帆に連絡する。
早目に貝沼を殺すという話をしている。

ヒナコがこっそりと聞いている。

アキラは貝沼を返せと鈴木に告げる。
「明日まで待つ」と。

**

井崎が貝沼にスタンガンをあて、ファブルであるアキラのことを聞きだす。

妹の住所ならわかるという貝沼はヨウコの住所を知らせる。

**

井崎から連絡をうけた鈴木はヨウコの部屋に。

「兄貴がいるんだろ。ファブルの」
という鈴木。

鈴木はファブルの「どんな相手でも6秒で殺す」という伝説を確かめにきたという。

ヨウコは鈴木を攻撃。

**

井崎が車を覗き込むと貝沼がいない。
車を発進するとガクンと揺れる。慌てて降りると、貝沼が車の下敷きになっていた。

**

ヨウコの部屋にアキラ。
鈴木が縛られている。

「俺の要求はひとつ。貝沼を生きて解放させろ」

その時、井崎から鈴木に電話。
「貝沼が死んだ」と話す。

その電話を聞いているアキラは、ナイフを手にして鈴木に向かっていく。
鈴木の紐をカットして「帰っていい」と鈴木を解放する。

**

鈴木の部屋。

宇津帆が入ってくる。

井崎が貝沼を殺したと伝え、さらに、アキラがファブルだったと話す。

鈴木は銃を宇津帆に向けて、すべてを話せと迫る。

4年前、車の中で殺された川平は宇津帆の弟だった。
この事故のせいでヒナコは車椅子になったのだ。

宇津帆は弟を殺されたことでファブルに復讐をしようとしていると告げる。

一方、ヨウコはヒナコが売春をしていたのだろうと言うが、アキラは違うと否定する。
車の中でヒナコが泣いていたのを見た時から、アキラはそう感じていた。

ヒナコの願い

宇津帆は鈴木とファブル殺害計画を企てる。

ヒナコはリップを塗り、ぎこちなく微笑む。
そして、外に……。

宇津帆は玄関を見つめる。

ヒナコは一番高い鉄棒につかまるが転んでしまう。
アキラがすぐそばにいた。

「頑張ってるから手をかさない」というアキラ。

アキラはヒナコの足首をまわし、ふくらはぎをマッサージする。
歩けるイメージをすることだとヒナコにアドバイス。

「今までどんな風に生きてきたの?」
と問うヒナコ。

その時、アキラが倒れる。
頭から血を出している。

ヒナコはあわてて立ち上がる。

**

その夜。

宇津帆はパズルを完成させ、図面に向かっている。

そして、リビングに。

ヒナコは宇津帆に
「あなたが何をしようとしているのかなんとなくわかる。もう佐藤(アキラ)とは会わない。だから佐藤とまわりの人に危害を与えないで」と頼む。

ヒナコにとってアキラは自分に自信をくれる存在なのだ

宇津帆はアキラが事故を起こした張本人で、ヒナコの両親も殺したと告げる。

**

アキラはジャッカル富岡(宮川大輔)のテレビを見てインコをなでる。

**

ヒナコは宇津帆に銃を貸してと言う。
宇津帆は銃をヒナコに差し出し、弾はあとで渡すという。

ヒナコは宇津帆と車で出かける。

宇津帆の罠

アキラに宇津帆から電話がある。

宇津帆の本名は川平浩一。

アキラが宇津帆の本名を告げると、宇津帆は会おうと言い出す。
ヒナコに近づいたのは、後ろめたいことがあるのだろう、とアキラは察知している。

**

アキラは宇津帆と会うため、外壁工事のために足場がかかった団地に。
ヨウコは外で待機。

アキラがドアをそっと開けるとラジコンカーが走り出す。
アキラはドアに背を向けると爆風でドアが開く。火花が散る。

アキラは通路から飛び降り、6階の通路に。
非常ベルが鳴りだす。

それを鈴木が双眼鏡でみていて、男たちに指示を出している。
向いの屋上にはスナイパーがいる。

アキラは男たちをやりこめ1階におりる。

「さすがだな。耳の聞こえない女の子(ユウキ)にお前あてのプレゼントを預けてある」
と宇津帆から電話がある。

アキラはユウキがいる部屋に向かう。

通路ではアキラを殺そうとする連中がいる。
片っ端からやっつけ、ユウキの部屋に。

しかし、部屋にはユウキがいない。

ユウキは風船を追いかけ足場を歩いている。

アキラの前に橋本が現れる。格闘の末、ふたりは足場に。
橋本が合図を送るが、ヨウコがスナイパーをやりこめる。

そこで、ユウキが足場にいることに気づきアキラにユウキを助けるように伝える。

足場が崩れ、男たちが落下。
アキラは橋本を落とし、男たちをよけながらユウキを助ける。

ユウキのリュックを開けるとキャンディーが入っていた。
泣いているユウキにお尻をプリッとさせ笑わせる。

ヨウコは鈴木の車を追う。

ヨウコが運転する車の前に鈴木が。
ヨウコは車から飛び出すと鈴木がヨウコに銃を向ける。

宇津帆を殺すのは誰?

黒塩()と海老原()にアキラから電話。
アキラは足を貸してくれと頼む。

**

山の中。

宇津帆はヒナコの車椅子を押して歩く。

宇津帆は銃をポケットに。
ヒナコに弾を渡し、ヨウコを撃ってみろという。

ヒナコの前には鈴木がとらえたヨウコがいる。

ヒナコは銃に弾を入れ、ヨウコではなく銃口を宇津帆に向け発砲。

宇津帆は倒れるが「いてぇ」と立ち上がる。宇津帆は防弾チョッキを着ていたのだ。

「うちの親を殺したのはお前だ。お前はうちの親が首を切られたと知っていた。警察はそのことを隠していた。お前は知っていた」
と、再び銃口を向けるヒナコ。

宇津帆はそれを認める。

売春組織のことをバラされると困るから、両親を殺してヒナコをビビらせようとしたのだ。

「お前とのセックスは楽しかったよ」
という宇津帆。

ヒナコは発砲するが当たらない。

その時、クラクションが鳴る。
黒塩が鳴らしている。

宇津帆は両親が死んだときの話を笑いながら語る。
ヒナコは叫ぶ。車椅子から転げ落ち、必死で立ち上がろうとする。

そして、鉄棒を掴む自分を思い出し、ヒナコが歩き出す。

「動くな、吹っ飛ぶ」と鈴木。

「なんでお前が立つんだよ」と宇津帆。

宇津帆がアキラを殺すためにと仕掛けた地雷の上にヒナコがいる。

ヒナコが「げすやろう」と叫び倒れるところをアキラが支える。

鈴木に「ヒナコちゃんを助けよう」というアキラ。
そして、鈴木がショベルカーを操縦。

ヨウコは宇津帆に銃を向けている。

「歩けるようになる」とアキラはヒナコを励ます。

アキラがヒナコのズボンを掴む。
3、2、1。

鈴木がショベルカーを動かし、アキラがヒナコを引っ張る。
地面が爆破する。

ヒナコが目を見開き、これまでの日々がフラッシュバックする。
ヒナコが倒れる。

爆発音が響く中、ヒナコとアキラが起き上がる。
ふたりとも無事だ。

宇津帆は「ファブルって毒はお前には薬になったってわけだ」
手榴弾を投げる。

ヒナコのもとに。

鈴木が宇津帆をうつ。

手榴弾はピンがついたまま。宇津帆は自分がうたれるように仕向けたのだ。

**

穴の中に宇津帆の遺体。
鈴木が宇津帆の両手を組ませる。
ヒナコは両手を合わせる。

ヒナコの手紙

朝。オクトパス。

貝沼の机は綺麗に片付けられている。

アキラが出勤する。

クリスマスのイラストが出来上がったと、田高田とミサキに見せる。
二人はとても気に入る。
そのイラストはヒナコを思わせるイラストだった。

**

「メリークリスマス!」

ヨウコは酔って陽気だ。

**

アキラはヒナコからの手紙を読む。

<この手紙は読み終えたら燃やしてください>

4年前、反抗期のヒナコは家出をした。そして、悪い男に操られ、あの事故に遭った。
風俗に売られるところを、助けてくれたのはアキラだ。だからヒナコはアキラを恨むどころか感謝をしていた。手紙には、感謝の気持ちと、歩いている姿をイメージしてほしいと綴ってあった。

<あなたの想像と私の想像が重なった時、また会える気がするから。
さようなら、お元気で>

アキラは手紙を燃やす。アキラが空を見上げる。
雪が舞い落ちる。

**

整体師の制服姿のボス()が掃除をしている。

耳にイヤホン。
アキラとヨウコの会話を聞いて微笑む。

<完>

【ザ・ファブル 殺さない殺し屋】の感想・レビュー

金曜ロードショーで地上波放送というので鑑賞された方からおすすめの感想が。

【ザ・ファブル 殺さない殺し屋】の感想を紹介します。

ほかに、「最後まで楽しめた」「テンポがいい」「岡田准一さんハマリ役」などのレビューもありました。

【ザ・ファブル 殺さない殺し屋】のまとめ

【ザ・ファブル 殺さない殺し屋】(ザ・ファブル2)は、宇津帆の底知れぬ悪と厭らしさを丁寧に描いています。そして、なんといってもアクションシーン、クセあるキャラクターを見事に演じる俳優陣が素晴らしい。

ふたつの顔をもつ宇津帆をさんが見事に演じています。岡田准一さんのアクションはもちろんのこと、さん、さんらも圧巻の演技。団地の場面は、迫力満点でした。冒頭からラストまで飽きることなく鑑賞できる作品です。アキラはボスのいいつけを守り人を殺すことはありませんでした。なによりですね。

ヒナコとアキラの絆も描いている本作。ヒナコはアキラのことを好きなんだろうなと感じる場面もチラチラ。ヒナコの手紙がここまで起きた凶悪で醜いことのすべてを浄化しています。切ないヒナコの想いと願いが涙を誘います。
ヒナコはアキラと再会できるのでしょうか。続編もありそうな予感。ラストシーンからなんとなく感じる期待。二人の再会を見たいと思うラストでした。

映画【ザ・ファブル殺さない殺し屋】は、6月3日、金曜ロードショーで地上波初放送!

記事内画像:【ザ・ファブル殺さない殺し屋】公式サイト

映画
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】

コメント