【卒業タイムリミット】21話|黒川(井上祐貴)が寺木に呼び出された理由

卒業タイムリミット21回

【卒業タイムリミット】21話

夜ドラ【卒業タイムリミット】第21話が2022年5月9日(月)に放送されました。

黒川(井上祐貴)が寺木に呼び出された!その理由は一体?

今回は【卒業タイムリミット】21話のあらすじネタバレと感想について!

U-NEXTで見る

*本ページの情報は2022年5月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。


ADVERTISEMENT

【卒業タイムリミット】21話のあらすじネタバレ

【卒業タイムリミット】21話のあらすじネタバレです。

水口(滝沢カレン)は無事保護されたがこの事件は終わらなかった。

黒川(井上祐貴)のかつての不良仲間だった寺木(高橋侃)はまた逃走した。

寺木の妻が連絡きたので、会ったが…寺木は今どこにいるのか知らないようだ。

(寺木の妻は一度アパートを出た元の場所に戻ってきていた。信じたいと思っていた)

そんな中、寺木が黒川に連絡してくる。

寺木は小菅理事長(さん)を拉致監禁している動画を見せた。

その場所に黒川は心当たりがあった。

そのころ学校では、約束の時間になってもやってこない黒川を心配し、荻生田(西山潤)たち3人が手分けして探しに行くことに。

小松澪(紺野彩夏)は伊藤先生()に尋ねたが、心当たりがないらしい。理事長の年齢を黒川に伝えたのが最後のようだ。

荻生田は「よるイチへ」。マスターのいつも巻いていたバンダナがなくなっていた。

高畑(桜田ひより)は黒川の母・由美子(仙道敦子さん)の病室を訪ねた。その際、由美子から見せられた写真から黒川の行き先のヒントを得る。

高畑たちは伊藤にその写真を見せる。黒川と寺木のたまり場だという。もしかして呼び出されたのか?と思った高畑たち3人はそのたまり場へ向かうことに。

そのころ、黒川はひとりでそのたまり場へたどり着く。椅子に小菅理事長が縛られていた。

警察に捕まっていもいいから、寺木は黒川と話したかったのだという。

「お前なんだろ?俺をはめたのは。答えろ。お前が裏切ったんだろ?」と寺木が迫る。警察に摘発されたことだ。(つづく)

【卒業タイムリミット】21話の感想

黒川(井上祐貴)が寺木に呼び出された理由は、警察に通報したのはお前か、裏切ったのはお前か確かめるためでした。

過去に、大麻密売グループ摘発・監禁・障害の疑いで警察に逮捕された件ですね。

まだ根に持ってたとは。

罪を償って出てこられたのなら、もう過去のことはいいじゃないかと思ってしまいますが…

友達、仲間だと思っていた黒川の裏切らりが許せなかったんですね。

黒川は助けようとしたかったけど出来なかったはず。

黒川だって後悔しているのに…。

寺木はもうこれ以上、罪を重ねないでほしいです。

20話<< >>22話

画像出典:NHK