【シジュウカラ】7話のネタバレと感想!忍と千秋、消えてはいないふたりの想い!

シジュウカラ

【シジュウカラ】7話のネタバレと感想!忍と千秋、消えてはいないふたりの想い!

【シジュウカラ】7話が2月18日深夜に放送されました。

物語は一気に時が進み5年後に!
互いに想いがありながらも別れた忍()と千秋()の“その後”を描きます。

7話から岡野克巳(池内博之)と紺野みひろ(山口まゆ)が登場し、新たなラブストーリーも!?

テレビ東京【シジュウカラ】7話のネタバレと感想を紹介します。

見逃し配信:【シジュウカラ】全話はパラビで視聴できます。初回登録なら無料で楽しめます!
(2022年2月現在、最新情報は公式サイトでご確認ください)

漫画【シジュウカラ】は【まんが王国】とeBookJapanのマンガ無料立ち読み で! 今なら1巻が無料で読めます!クーポンでお得にお買い求めも♪♪(2022年2月現在)

【シジュウカラ】7話のネタバレ

【シジュウカラ】7話のネタバレを紹介します。

プロローグ

忍、45歳。

杜殿津マリ(入江法子)と会う忍()。

マリは相変わらず売れている。

『不倫の女王』と呼ばれる売れっ子の漫画家に。

悠太(田代輝)は、関西の大学に行っていて家を出ている。

バイトが忙しいから帰れない、とメッセージがある。

**

洋平(宮崎吐夢)がご飯の支度をしている。

「家に帰ってきたらご飯ができてるって幸せなこと、忍ちゃんは幸せ者だね」
と、相変わらず忍に恩をきせる。

忍が岡野と再会

忍はマリが紹介した漫画編集者と会うことに。

なんと、それが高校生の時、漫研にいた岡野克巳(池内博之)だった。

岡野からの仕事は「純愛不倫物」。

忍はもちろん依頼を受け、その夜、ふたりで飲みに行く。

忍のことを“佐々木”と呼び、忍は岡野のことを“岡ちん”と呼ぶ。

岡野はバツイチ。

帰り、外に出ると雨。

タクシーを呼ぼう、という岡野。

「旦那のほかに好きな人いないの?」
なんて言い合いながら、いい感じで酔っているふたり。

帰宅すると洋平が待っていた。

食べないなら食べないって連絡くらいしろ、という。

忍はそんな日々のことを漫画にしている。

**

荒木(後藤ユウミ)と会う。

今回、ランキングは7位。
下降気味。

読者に飽きられてきているのかも、と思う忍。

別のテーマで描きたい、という思いがあった。

荒木は、飽きているのは読者じゃなく忍自身だと指摘。

「読者に伝えたいことはありますか。今の佐々木さんには描けないと思います」
とハッキリ。

**

岡野と会い、不倫じゃない物を描いてみたい、と言ってみる。

「今日、俺と会ったのは編集として?元カレとして?編集としてなら失礼だ」

と怒る。

セッセと帰ることになってしまった。

岡野からのサプライズキス

この日は同窓会。

悠太からラインが来たと、嬉しそうな忍。

同窓会には、岡野も来て漫研仲間(博士とマルコメ)と一緒に話が弾む。

博士はカラオケボックスの店長に。

忍の漫画を読むとパワーがもらえる、という博士とマルコメ。

その言葉に、忍は嬉しくもなりジンとする。

同窓会が終わり、忍は岡野と帰ることに。

最近は生活のために漫画を描いていた、と目が覚めたと話す。

岡野も本当は漫画家になりたかった。

忍は
「6年前、漫画を描く意味を知った。それから変わったの。変わったのに、また……。求められている物ちゃんと描いてみる。その先に、描きたいものがあると思うから」

と決意をする。

**

夜中に帰宅すると、洋平が起きてきた。

「どこ行ってたの?」

「同窓会」

「こんな日に、また浮気してたの」と襲いかかろうとする。

「できないくせに!」と忍。

洋平は泣き崩れる。

冷蔵庫に「お誕生日おめでとう」のケーキ。

**

過去映像。

洋平が倒れた日。
忍は離婚届を丸めた。

**

岡野から電話があり、会いに行く。

「今日、誕生日だよね」
とプレゼント。

キレイなフラワーBOX。

忍の手を掴み、岡野は忍にキスをする。

本棚に橘千秋の本が。

忍は46歳になった……。

千秋に女!?

千秋はレストランで働く。

仕事を終え、缶のブラックコーヒーを飲む。

**

『となりのおばさんに買われていました』を読む紺野みひろ(山口まゆ)。

本棚に古い「スパイス」と「初恋ワンスモア:ささき蜜柑」がある。

みひろが読んでいた本の帯。

「全てをさらけ出した著者の、珠玉のエッセイ」
とある。

千秋が帰ってくる。

みひろは、千秋の傍にずっといる。

「なに」と千秋。

<続く>

【シジュウカラ】7話の感想

千秋と忍の再会予告に「次回が楽しみ」の声も

【シジュウカラ】7話の感想を紹介します。

【シジュウカラ】7話のまとめ

【シジュウカラ】7話は、夫の洋平が倒れてから5年経過したところからスタート。洋平はちゃんと生きてはいるけど、男としての機能は果たさない。息子の悠太も出て行き、忍は売れっ子に。そんな忍は、千秋をときおりを思い出す。
そして、千秋はエッセイを書き、女と暮らしている。互いに全然違う生活なのに、どこかに繋がっている感じ。千秋がブラックコーヒーを飲むことも、忍を忘れてはいないんだろう、と感じます。

それにしても、洋平は相変わらずのクズです。岡野の誘惑も気になってきました。
忍の空虚な心を埋めるのは岡野でしょうか。

次回予告

・忍が岡野と不倫!

・千秋の妻が忍の前に現れて……。

次回もお楽しみに♪♪

記事内画像:【シジュウカラ】公式サイト

コメント