2021年夏ドラマ
番組情報まとめ
2021年春ドラマ
視聴率ランキング
スポンサーリンク

【青天を衝け】14話の視聴率とネタバレ!慶喜の覚醒に視聴者一同「快なり!」

青天を衝け

大河ドラマ【青天を衝け】14話の視聴率とネタバレ!

吉沢亮主演の大河ドラマ【青天を衝け】第14話が2021年5月16日に放送されました。

慶喜が毅然とした態度で政治主導権を幕府に戻し、SNSでは「快なり!」のオンパレードでした。

ここでは【青天を衝け】第14話の視聴率とネタバレについて書いていきます。

動画配信はNHKオンデマンド、または新規無料トライアルで1000円分のポイントがもらえるU-NEXTで。※この情報は2021年2月時点のものです。

ADVERTISEMENT

【青天を衝け】14話の視聴率

14話の視聴率は15.5%でした!

前回より1.6ポイントものアップです。

【青天を衝け】14話のあらすじネタバレ

14話のあらすじ

栄一(吉沢 亮)と喜作(高良健吾)は、円四郎(堤 真一)から一橋家に仕官せよと迫られるが、栄一は慶喜(草彅 剛)に自らの意見を建白することを条件に出す。円四郎は遠乗り途中の慶喜に2人を対面させ、屋敷で謁見させることに成功。栄一と喜作は、一橋家に仕官することになった。一方慶喜は、薩摩藩が天皇に信頼の厚い中川宮(奥田洋平)を取り込んでいることに気づく。中川宮を問い詰め、その場にいた島津久光(池田成志)らに“天下の大愚物、天下の大悪党だ”と言い放つ。

14話のネタバレ

「一橋の家来になれ!」

平岡円四郎からそう告げられた栄一と喜作だったが、志に関することなのでふたりでよく相談してから…と一度は断ってしまう。呆れる円四郎だったが、よく教えてやれば今の世を正しく理解できるようになる。と彼らの誠実さをまだ捨てはしなかった。

幕府を倒そうとしていた自分たちが一橋に仕官するのは命が惜しくて志を曲げたと後ろ指を指されると、仕官に反対の喜作。しかし栄一は、気位だけ高くて少しも世の役に立たずに終わるのはごめんだと、前向きだった。それに仕官すれば幕府から追われることもなく、何より人斬りによって捕らえられている長七郎を助け出す可能性も出てくる。これは一挙両得の上策だと考えた。

栄一は円四郎に仕官を受け入れるが、その前に慶喜に直接意見を言ってから召し抱えてほしいと言い出す。これは当時としてはとんでもないことだった。

その頃、慶喜は朝議参与のひとりだったが、参与の中の薩摩の島津久光ら外様が幕府に対抗する力を持ち始めており、朝議参与でありながら将軍後見職である慶喜は勝手をさせまいとやってきた将軍・家茂や老中との板挟みになっていた。

幕府は、横浜の港を閉じるか否か意見が真っ二つに分かれていた。薩摩は港を閉じぬ方がいいと言っているが、政府は薩摩の意見に従うわけにはいかなかった。なぜなら、昨年は長州に迫られ攘夷を約束したのに、今回薩摩の言う通り鎖港をなしにすれば、政府が薩長に振り回され一定の見識を持たないことになるからだ。ゆえに政府は閉じる派、薩摩は開港派だった。

こんな大変な最中に見ず知らずの栄一たちを慶喜に会わせることなど出来ない。円四郎は考えた末、翌日遠方へ馬で出向く慶喜に一度顔を見せて名乗らせようと企てた。

翌日、慶喜たちの馬の隊列を待ち伏せ、追いかけながら名前を名乗る栄一と喜作。「すでに徳川の命は尽きている」という言葉に反応した慶喜が馬を止める。「そなた今なんと申した」聞き返す慶喜。「すでに徳川のお命は尽きてございます。あなた様は賢明なる水戸烈公の御子。もし天下に事があった時、あなた様がその大事なお役目を果たされたいと思うならどうか、この渋沢をお取立てくださいませ」

「言いたいことはそれだけか」

「いや、まだ山ほどございまする」

慶喜は、円四郎の策とわかりつつも翌日屋敷に来るよう命じた。

慶喜の前に並んだ栄一と喜作。栄一は、”今、幕府は脆くなっている。一橋を盛り上げるために天下の志士たちを集め一橋を大きくしたい、もし幕府を倒すようなことになっても衰えた日ノ本を盛り上げるいいきっかけになる。その時こそこの一橋が天下を収める。そのためなら戦もやむなし、「やっちまいましょう」。熱く語る栄一の話が終わると「話が終わったようだ。出るぞ」と出かけていく慶喜。

目新しい意見もなかったと言いつつ、円四郎に任せる。円四郎は今の世の状態をわかりやすく説明する。攘夷と言って異人を殺した奴らの尻拭いをしながら必死に国を守ろうとしているのが栄一たちが憎む政府で、慶喜は今、朝廷や公方、老中、薩摩や越前を相手に一歩も引かないで戦っていると話す。

栄一と喜作は納得した。そして晴れて一橋に仕官することになった。

薩摩は、天皇の信頼の厚い中川宮へ金を渡し、朝廷への影響力の強めようとしていた。そしてその思惑通り、参与は天皇から幕府へ参加を認められた。しかし慶喜の薩摩への不信は強くなっていた。慶喜は、朝廷が港を閉じよとは言っていないと中川宮から聞いたという薩摩の島津久光の話を確かめるべくその場で中川宮へ向かう。

中川宮を前に話が本当か詰め寄る慶喜。怯えながら中川宮は言葉を濁す。慶喜は刀を置き、命を頂戴し、自分も腹を切る覚悟で来たと言い、「朝廷の意見が薩摩の工作ごときでこうもコロコロと変化し、人を欺くのであればもう誰が朝廷の言う事など聞くものか。港は断固閉じる」と強く言い放ち、島津らは極悪人、明日からは自分に味方してもらいたいと啖呵を斬る。

すっきりと笑い飛ばす慶喜は栄一の熱い思いが乗り移ったようだった。慶喜には徳川を守り、政権の返上など決してさせないという決意が生まれた。戻った慶喜は家来たちと祝いの酒を酌み交わすのだった。

この日を境に参与たちの会議は消滅し、京での政治主導権は幕府の手に戻った。

【青天を衝け】14話の感想

SNSでは「快なり!」オンパレードでした。みなさんスッキリしたようです。


記事内画像出典:NHK『青天を衝け』公式ページ

コメント