スポンサーリンク

【青天を衝け】12話の視聴率とネタバレ!予告編の五代様に視聴者ざわつく!

青天を衝け

大河ドラマ【青天を衝け】12話の視聴率とネタバレ!

吉沢亮主演の大河ドラマ【青天を衝け】第12話が2021年5月2日に放送されました。

本編ではいよいよ栄一と慶喜が京へと向かいましたが、ネット上では予告編の五代様にざわつきました。

ここでは【青天を衝け】第12話の視聴率とネタバレについて書いていきます。

動画配信はNHKオンデマンド、または新規無料トライアルで1000円分のポイントがもらえるU-NEXTで。※この情報は2021年2月時点のものです。

ADVERTISEMENT

【青天を衝け】12話の視聴率

12話の視聴率は13.4%でした!

前回から0.7ぽんとのマイナスです。

【青天を衝け】12話のあらすじネタバレ

12話のあらすじ

役人に追われる栄一(吉沢 亮)と喜作()をボロ屋に引き込んだのは、円四郎(堤 真一)だった。円四郎は一橋家に仕えないかと勧めるが、栄一たちは断る。血洗島村に戻った栄一は、惇忠()らと高崎城乗っ取り計画の準備をしていた。そこに京都から長七郎()が戻り、涙ながらに中止を訴える。計画を断念した栄一と喜作は、再起をはかるため、村を離れ京都に向かうことを決意する。

12話のネタバレ

千代やていは、母・ゑいから実は市郎右衛門は昔武士になりたかったと言う話を聞く。それを諦めて百姓になったことから栄一の気持ちがわかるのではないかと言われる。

栄一は江戸に向かう前、千代からまだ一度も抱いていないうたを抱いてほしいとお願いされる。しかし栄一は心が揺れるのを恐れてか抱かずに寝てしまう。涙を流す千代。

江戸に出た栄一と喜作は、円四郎の部下に捕らえられ、円四郎の元へ突き出される。そこで円四郎はふたりに志を果たしたいのなら武士になれと言う。自分の家臣になった方が手っ取り早いと提案するが、栄一はそれを断ってしまう。「いつか気が代わったら来な」と言って出ていく。円四郎は百姓とはいえ栄一の心意気は気に入ったようだった。

淳忠の外国人居留地焼き討ち計画の決行の日が迫ってきた頃、血洗島に長七郎が京から戻ってきた。長七郎は、淳忠の計画はやめるべきだと訴えた。薩摩や長州が破れ、攘夷派の公家も京から追い出された。そしてその命を下したのは天守様だ。天守様は幕府を選んだと告げる。納得できない栄一や喜作に命を懸け、涙ながらに中止にすべきと説得を続ける長七郎に、栄一たちはやむなく計画を断念した。

無駄な努力をしていたと感じた栄一は、目標を失い千代の前で父親としての自覚をあらためて感じ、二度と命を投げだすことはしないと誓う。

栄一は、市郎右衛門に金をくすねたことを正直に謝り、喜作と京へ行くと告げる。市郎右衛門は、「俺はもうお前のすることに是非は言わねえ。それでこの先、名をあげるか身を亡ぼすかは俺の知るところじゃねえ。ただし、物の道理だけは踏み外すなよ。あくまで道理は踏み外さず、誠を貫いたと胸張って生きたなら、俺はそれが幸か不幸か死ぬか生きるかに関わらず、満足することにすべえ」。と言うと、これから大変なはずだからと栄一に金を渡す。

一方、慶喜は天守様に協力すべく船で京に向かうことにした。離ればなれになり世継ぎを産むことはなくなったと嘆く美賀君に徳信院は自分も先代の子を産めなかったが、一橋家を守るという勤めに変わりはないと慰める。

栄一と喜作は、それぞれの妻や家族に別れを告げ京へと旅立っていった。

【青天を衝け】12話の感想

本編よりも予告編の五代様に視聴者がざわつきました。来週からは京編となるようです。楽しみですね。


記事内画像出典:NHK『青天を衝け』公式ページ

コメント