【鹿楓堂よついろ日和】5話のネタバレと感想!双子(小瀧望・藤井流星)の再会は険悪ムード!

鹿楓堂

【鹿楓堂よついろ日和】5話のネタバレと感想!双子(小瀧望・)の再会は険悪ムード!

【鹿楓堂よついろ日和】(ろくほうどうよついろびより)5話が2月12日に放送されました。

双子の兄弟スイ(小瀧望)と八京()は再会するも、どこか気まずい雰囲気で……。

・鹿楓堂にライバル店が!

・神子洸一郎()とまり(加藤柚凪)が登場!

テレビ朝日【鹿楓堂よついろ日和】5話のネタバレと感想を紹介します。

漫画【鹿楓堂よついろ日和】は漫画王国で♪♪今ならお試し読みができます。
e-bookなら、割引クーポンでお得にお買い求めできます。


ADVERTISEMENT

【鹿楓堂よついろ日和】5話のネタバレ

【鹿楓堂よついろ日和】5話のネタバレを紹介します。

八京と角崎が鹿楓堂に

角崎()と八京()が連れ立って鹿楓堂に。

店に入るのをためらう八京に
「もしかして弟君に会うのが怖いの?」と角崎。

八京は東極グループの跡取りで、弟のスイははみ出し者。

「見せつけてやればいい」と角崎は八京の肩を叩く。

**

幼少期。

八京とスイは、あんころ餅ときな粉餅のどっを食べるかでじゃんけんをする。

スイが勝ってきなこをとる。
八京があんこが好きだからだ。

「お前たちは仲がいいな」と祖父がお茶を持ってくる。

**

角崎の後押しで鹿楓堂を訪れた八京。

角崎は、八京とスイ(小瀧望)の関係が気になり、面と向かって
「昔から仲が悪いのか」ときく。

「昔はふたりでここによく遊びに来ていました」と言うスイ。

つまり、昔は仲が良かった。
鹿楓堂は、旅館の経営をスイと八京の父に譲り祖父が始めた。

「じゃぁ、八京さんにとっても思い出の場所なんだ」
と言う角崎。

「こんなところ俺には関係ない。お前は変わらない。こんな風に人を集めてままごと遊びなんか…」
八京の言葉にスイは反論する。

「ままごとじゃない。仲間を馬鹿にすることは許さない。お前の生き方だけが正しいわけじゃない」

八京は「もういい」と鹿楓堂を出て行ってしまう。

角崎、ゆっくりできなかったことをグチグチ。

角崎は八京の背中を見つめ
「思ったより根が深そうだな」と呟く。

鹿楓堂に怪しい男

お風呂が壊れてしまい、銭湯に行くスイ、ぐれ(佐伯大地)、椿(大西流星)、ときたか(葉山奨之)。

スイがぼっとしていて、3人は心配する。八京のことを考えているのかと心配していたら、スイはランチの心配をしていた。

ランチの売り上げが落ちているのだという。

**

黒ずくめのフードをかぶった怪しい男が来店。

ふわとろオムライスをむしゃむしゃと食べ、せっせと出て行ってしまった。

ぐれが情報を仕入れてきた。

ランチの売り上げがおちたのは、ランチがおいしいと人気のイタリアンレストランがオープンしたせいだった。

「こっちは喫茶店だし相手はイタリアンだし」と余裕の発言をしつつも実はめちゃくちゃ気にしているスイ。

そこで定休日に4人揃って、偵察に。

店が見つからずにいたら、偶然にもレストランの店主=神子洸一郎()と会い案内してもらう。

そこで黒づくめの男=花岡千利()と再会。

男は、レストランの店員だった。

「こいつら、しかかでどう(鹿楓堂)のやつらです」と店長に知らせる。

「こちらの噂を聞いて気になって」というスイに神子は、店は一度閉めていたが、最近、再開したのだという。

千利は気が荒いところがあり、椿とにらみ合う場面も。

ランチをいただく4人。
「おいしい」と言う。

千利はライバル視むき出しだが、神子は穏やかな人で
「これからよろしくお願いします」といい、いい雰囲気。

椿のパンケーキがメニューに!

椿は鹿楓堂に相応しいパンケーキは何だろうかとメニューを考えている。

洗い物をしていたら、ぐれが袋を見つける。

その中には、割れた茶碗が。
スイが子供の頃に使っていたもので、捨てられずにいたのだが……。
「捨てておいて」とスイ。

**

レストランにて。

神子は土曜日にひとり娘のまり(加藤柚凪)を連れて行こうかと思っていた。

しかし、週末に休むのは難しい。買い出しもある。

すると、千利が「休みにしましょう。僕が買い出しにいくから」とひと肌脱ぐ。
その日は、神子の妻の命日。

神子が家に帰るとまりはソファで眠っていた。

「ごめんな、ひとりにして」と神子。

**

神子がまりと鹿楓堂を訪れる。

まりのリクエストはパンケーキ。

メニューにはないけど、椿が特別に作る。

パンケーキを前にして、まりはご機嫌。神子とふたりで仲良く食べる。

「パパ、元気出た?パパ、最近疲れてる」
とまり。

まりは神子のことを心配していたのだ。

「まりが心配なんだよ。ママがいなくなって寂しい思いをしてかって」

「ママはお空にいっちゃったし、千利お兄ちゃんもいるしお友達もいる。パパが元気なのがいい」

神子はうるうるする。

そこに千利がやってきた。

「まり、千利、いつもありがとう。これからもよろしくな」

千利も思わず涙。

千利もパンケーキを食べる。3人は笑顔だ。

「これで決まり。鹿楓堂のパンケーキ」と椿。

スイと八京の過去

幼少期のスイと八京

スイ「大きくなったら、ふたりで最高の旅館をつくろうな」
八京「うん」

高校時代

八京は勉強ができ学年トップ。
スイは勉強が苦手だがサッカー部のキャプテン。

「俺たち合わせたら最強だよな。ふたりで最高の旅館をつくろうな」
と約束をする。

湯吞み茶碗で乾杯をする。

<続く>

【鹿楓堂よついろ日和】5話の感想

お腹空いちゃう、と言う声は多し。さん、朝顔のつぐみちゃん(加藤柚凪)も話題に!

【鹿楓堂よついろ日和】5話の感想を紹介します。

【鹿楓堂よついろ日和】5話のまとめ

【鹿楓堂よついろ日和】5話は、ライバル店登場の物語。シングルファーザーの神子とその娘まりの互いを思いやる愛とまりの可愛さにほっこりウルウル。

スイと八京の幼少期と高校時代も描かれ、あれほど仲が良かったのにどうして!?と思うばかり。角崎が言うように“根は深い”ようです。湯吞み茶碗がポイント。2人で乾杯したお茶碗が割れてしまい、思い切って捨てることにしたスイ。いい意味で過去を洗い流すキッカケになればいいと思います。

小瀧望さんとさん。眼鏡を掛けるとより似てきます。双子のお二人揃っての登場が楽しみです。

次回はぐれの物語!

・鹿楓堂にヤンキー軍団が来店!
・角崎が椿に宣戦布告!?

次回もお楽しみに♪♪

記事内画像:【鹿楓堂よついろ日和】公式サイト

コメント