【鹿楓堂よついろ日和】3話のネタバレと感想!椿の過去が明らかに、スイと八京に何が?

鹿楓堂

【鹿楓堂よついろ日和】3話のネタバレと感想!椿の過去が明らかに、スイと八京に何が?

【鹿楓堂よついろ日和】(ろきうほうどうよついろびより)3話が1月29日に放送されました。

(大西流星)にテレビ出演の話がもちあがる。ときたか(葉山奨之)ぐれ(佐伯大地)は店の宣伝になるとノリノリだが、スイ(小瀧望)は浮かない顔の椿を思いやり…。

・椿がパティシエになった理由は?
・謎の男=角崎()の正体にビックリ!

【鹿楓堂よついろ日和】3話のネタバレと感想を紹介します。

漫画【鹿楓堂よついろ日和】は【まんが王国】で!


ADVERTISEMENT

【鹿楓堂よついろ日和】3話のネタバレ

【鹿楓堂よついろ日和】3話のネタバレを紹介します。

椿にテレビ出演のオファー

抹茶のロールケーキを食べる角崎英介()は、店内を見渡す。
椿の姿をみて「あれがパティシエかな」。
そして、スイ(小瀧望)を見て「あれが……」と呟く。

会計をすませ椿を呼び出してもらった角崎は
「実は鹿楓堂さんにお願いしたいことがあります。テレビに出ていたただきたい」
と言う。

角崎は番組の仲介をしている人物。
「角崎」という名を聞いて、スイは焦っている様子。
担当しているのは、決められたテーマに沿ってパティシエ2人がスイーツを作って一本勝負をする料理番組。

ぐれ(佐伯大地)とときたか(葉山奨之)は「いい話」と乗る気だが、スイは椿が黙っているのを見て「返事は後日で」と。
角崎は「わかりました。前向きにご検討ください」と店を出る。

**

その夜。

裸でふらつくぐれに「何か着て」と椿。
ぐれは筋肉質で裸でも寒くないと豪語。

スイはテレビ出演のことを「どうする?」とメンバーに聞く。
椿のことが気になっていたスイ。
椿は「出ててもいい」と言う。

「実は」と椿は話し出す。

椿は、会計のあとに角崎に声を掛けられた。
角崎は椿が外に出てくるのを待っていたのだ。
「軽い気持ちで出ればいいじゃないですか。色んな人に食べてもらわないと意味ないじゃないですか。カワイイ小さなパティシエさん」
と言われたのだ。

「アイツ、チビ扱いしやがって。ぶっ潰してやる。それに、鹿楓堂の宣伝にもなるでしょ」
3人は椿に「ありがとう」と言い、頭をナデナデ。

椿の対戦相手は角崎

そして、撮影に。

グレはアシスタント。
スイ、ときたかは応援でスタジオ入り。

番組がスタートすると対戦相手が登場する。
なんと対戦相手は角崎。
角崎は、イーストサイドグランデホテルの三ツ星パティシエ。イーストサイドグランデの社長は、スイの兄の八京()だ。

角崎はニコニコ。
「お手柔らかにお願いします」と挑発的。

テーマは「イチゴを使った思い出のスイーツ」
勝負が始まるが、椿の手が止まってします。さらに、リポーターがあれこれと質問を投げかけてきて、椿は俯いてしまう。

椿の過去

椿はスイと出会った時を思い出す。

椿はお茶会でお菓子をかえてしまったことで
「言いたいことがあるなら、ハッキリ言えよ。なんで勝手なことするんだ。お前はクビだ」
と怒鳴られる。

椿は、店を転々としていて、コミュニケーションもとれずにいた。

厨房を飛び出したとき、お茶会に出席していたスイとバッタリ会う。

「どうして言わなかったんですか。あの男の子のためだって」とスイ。
椿は、乳製品が食べられない男の子がいて、その子のためにと、全員分のお菓子をかえたのだ。

そして「あなたにお菓子を作っていただきたい」とスイはお願いをする。

後日。鹿楓堂にて。

スイは椿の作った「スノードロップ」をお客に出す。
スノードロップは希望という花言葉。

「花子さんの手術のことご存じだったのかしら。優しい職人さんね」と女性客。

椿が帰ろうとするのをスイが引き止める。
椿は、これが最後だと思ってスノードロップを作っていた。
「それは困ります。一緒にやりましょう」とスイ。

椿が鹿楓堂で働くキッカケだった。

**

椿は、グレのフォローもあり、気持ちが落ち着く。
「スノードロップ」を思い出し、お菓子を作り始めた。
そして、完成したスイーツを披露。

角崎のスイーツは「苺のミルフィーユ」
続いて、椿のスイーツを披露。
アーモンドをキャラメリーゼしている。
審査員から高評価。

椿のスイーツは、イチゴ大福にを振りかけてたもので「粉雪」という名。

判定の結果、角崎が勝った。

椿は挨拶する。
「失敗してばっかでお前はダメだって言われ続けてたけど、鹿楓堂と出会って、ここが僕の居場所なんだって。鹿楓堂の仲間たちがいてくれたから、お菓子を作り続けることができました」

リピーターが
「ちなみに店長さん、有名大企業の御曹司だとか?」
と質問を投げかけ、場内はシーンとしてしまう。

角崎、ニヤリ。

撮影が終了しスタジオから出ると角崎がいた。
「たまには連絡してあげてくださいね。弟さん」
とスイに言う。

**

その夜は、椿のリクエストでときたかお手製のナポリタン。
4人で楽しく食事。

八京の命令

角崎は「京君、ただいま、言いつけ通り勝ちましたよ。褒めてくれてもいいじゃない?」と明るい。

お土産は、八京が試食して初めてホメてくれた思い出の「ミルフィーユ」だ。

「弟君も家のことは触れられたくないようだね」とスイの様子を話す角崎。
「ひっかきまわして欲しいと頼んでない」という八京。

「俺が興味あるの。弟君が何考えてるのか。双子なのに全然似てないよね」と笑う角崎。

「明日から催事だろ」
とビシッという八京。

「はいはい、しっかり働いてきますよ、東極八京さん」
角崎は部屋を出る。

八京は、祖父とスイと仲良くお茶を飲んだことを思い出す。
3人の写真を眺める。

**

過去:暗い店。

スイ
「なぁ、この店どうなるの」

八京、無言……。

椿の優しさ

椿が金平糖を作り、スイの部屋に。
スイは眠っている。

椿はそっとメガネを外してあげる。

「なぁ、きなこ」と眠るきなこ(猫)に話しかける。

「有名ホテルの御曹司なんて初耳なんですけど。自分のことは何も言わないくせに、人のことはちゃんと見てるだよね。ありがとう。おやすみ」

椿が出ていくとスイは目を覚まし、金平糖を口に入れる。

<続く>

【鹿楓堂よついろ日和】3話の感想

椿君の回で「椿君カワイイ」の声や「癒された」の声がTwitterに。

【鹿楓堂よついろ日和】3話の感想を紹介します。

【鹿楓堂よついろ日和】3話のまとめ

【鹿楓堂よついろ日和】3話は、椿の物語。あちこち転々として仲間ともうまくコミュニケーションがとれなかった椿が鹿楓堂で働くことで、イキイキと働けるように。自分の居場所があって、優しい仲間がいる。スイもときたかもぐれも、めちゃくちゃ椿を可愛がっているのがいいですね。

気になる八京とスイの関係。今後、どうなるのでしょうか。
次回は鹿楓堂に八京がやって来ます!
小瀧望とに注目!

次回予告
・ぐれがスイに告白!?
・お客様はごつい男で……。
次回もお楽しみに♪♪

記事内画像:【鹿楓堂よついろ日和】公式サイト

コメント