スポンサーリンク

『レッドアイズ』4話のネタバレと感想!青いコートの男(高嶋政伸)の狙いは島原(松下奈緒)の洗脳?

日テレ土曜ドラマ『レッドアイズ監視捜査班』4話のネタバレと視聴率と感想!

ついに青いコートの男(高嶋政伸)が顔出し!
山崎辰二郎()の息子(塩野瑛久)が逮捕され……。
伏見()の優しさに満ちたセリフに注目!

スピーディー展開に謎が深まる2021年2月13日放送『レッドアイズ監視捜査班』4話の視聴率、ゲスト、ネタバレ、感想を紹介します。


ADVERTISEMENT

『レッドアイズ監視捜査班』4話の視聴率

『レッドアイズ監視捜査班』4話の視聴率は、9.4%でした。

視聴率関連記事
『レッドアイズ』の最終回ネタバレと視聴率!結末は亀梨和也の復讐劇に背筋が凍る!? | 【dorama9】

『レッドアイズ監視捜査班』4話のゲスト出演者は塩野瑛久とKZ

『レッドアイズ監視捜査班』4話のゲストは、塩野瑛久さんとKZさん。

レッドアイズ4話ゲスト
『レッドアイズ』4話
(役:伏見響介)塩野瑛久(役:山崎克巳)

塩野瑛久さんは、山崎辰二郎()の息子・山崎克巳役。
塩野瑛久さんと木村祐一さんは初共演。塩野瑛久さん演じる克巳と亀梨和也さん演じる伏見響介が対峙する取調室の場面に大注目です!
そしてもう一人のゲストはKZさん。
『レッドアイズ』は、1話から連続して人気ラッパーがゲスト出演。輪入道さん、般若さん、呂布カルマさんに続き4話はKZさんが半グレ役で出演します。

『レッドアイズ監視捜査班』4話のあらすじ

『レッドアイズ監視捜査班』4話のあらすじを紹介します。

伏見(亀梨和也)は、島原(松下奈緒)の夫を殺害した蠣崎(忍成修吾)が、美保(小野ゆり子)の事件に関係があるのではないかと疑う。
そんな中、優希(冨手麻妙)という女性が行方不明に。優希の部屋からは、男性の遺体が発見された。
新たな事件の容疑者は、KSBCメンバーの山崎辰二郎(木村祐一)の息子・塩野瑛久。事件解明にKSBCメンバーが事件の謎を追う。
ついに青い男の正体が明らかに…!?

『レッドアイズ監視捜査班』4話のネタバレ

『レッドアイズ監視捜査班』4話のネタバレを紹介します。

青いコートの男は高嶋政伸

青いコートを脱いだ男(高嶋政伸)。腕には傷が。
島原信嗣の写真に赤のバツ印をつける。

「次はあなたです。始めてください」
と何者かに電話。

山崎辰二郎(木村祐一)の息子・克巳(塩野瑛久)が逮捕

伏見響介(亀梨和也)は、島原由梨(松下奈緒)の夫を殺害した蠣崎(忍成修吾)が、美保(小野ゆり子)の事件に関係があるのではないかと疑い
「蠣崎に会いたい」
長久手(川瀬陽太)に申し出るが拒否される。

島原の夫が蠣崎に殺されてから2日。
島原はKSBCに戻って来た。

そんな中、高松優希(冨手麻妙)という女性が行方不明になり、部屋から木留(KZ)という男の遺体が発見された。
伏見は現場付近の監視カメラからフードの怪しい男を発見し、小牧要(松村北斗)の協力で男を確保。
男は、山崎克巳(塩野瑛久)。KSBCの山崎辰二郎(木村祐一)の息子だった

取調室廊下で、伏見が連行する克巳と辰二郎が顔を合わせるが、克巳は辰二郎に食って掛かる。

克巳は木留から運搬を依頼された覚醒剤を盗み、恋人の優希と海外に高飛びをする予定だった。しかし、半グレ集団の元締め・神流川一馬(今井朋彦)羊介(真壁刀義)の兄弟に見つかってしまい、優希は連れさられてしまった。
伏見は「ブツはどこにあるんだ」と訊くが、克巳はそれに答えない。

辰二郎(木村祐一)の過去

KSBCにて。

山崎は、犯人が神流川兄弟ときき驚く。神流川兄弟とかつて関係があった。
山崎は、優希が覚醒剤を隠すために、袋ごと飲み込んだと推理。
小牧は、袋が腸に到達したら命が危ないと指摘する。

飲みこんだ袋がとけるまでに優希を助けださなければいけない。
KSBCは犯人を追う。

**

小牧は、伏見に頼まれ山崎の過去を調べる。

山崎は大学教授だったが、突然、逮捕された。
罪状は、2億円の投資詐欺。服役中に妻は過労死し、克巳とも絶縁状態に。

**

島原由梨(松下奈緒)は、夫の母から「葬儀に来ないでほしい」と言われてしまう。

伏見(亀梨和也)と辰二郎(木村祐一)

伏見は辰二郎に
「克巳の彼女を見つけ出すには神流川の潜伏先を探さないと」
と言うが、辰二郎は
「俺には父親の資格はない。半年前も今もな」と。

半年前。
伏見は克巳の住所を教えるが、山崎は「会えない。父親の資格はない」と話す。
伏見は「それなら父親として相応しい男になってその時会いにいけばいい」と。

そして現在。
「辰さんが父親になるには今しかない」
と伏見は優希のデータを見せる。

長篠(趣里)が指揮をとる

KSBCに非通知の電話。
山崎が電話に出る。

「一馬、久しぶりやな。ブツを盗んだのは俺の息子だ。ブツは俺が持っている。女の子の声を聞かせろ」

優希は生きている。
辰二郎は「おっちゃんが助けたる」と優希を励ます。

一馬は「横浜第三公園にブツを持ってこい。お前の息子もつれてこい」と条件を出す。

島原は山崎の勝手な取り引きに怒るが、疲労で倒れてしまう。
KSBCの指揮は、長篠()がとることに。
山崎と伏見が現場に向かうことを長篠は認める。

**

伏見と辰二郎は克巳を連れ、公園に向かう。

「なんで俺がいくんだ。優希の身代わりかよ」
と反論する克巳に、山崎は、優希の身代わりには自分がなると言う。

横浜第三公園。
克巳と山崎の前に弟の神流川羊介が現れた。
伏見は影から見張っている。

辰二郎が
「ブツはここにはない」
と言うと羊介は立ち去ろうとする。

辰二郎は羊介を挑発。
克巳が食って掛かると、克巳に半グレの男から銃を向けられた。

辰二郎は一馬のいいなりになる羊介に
「俺が身代わりになる。その代わり、ヤマを教えてやる。いい加減、男にならんかい」
とこっそりと話す。

その時、克巳が警察と連絡をとっているのがバレてしまう。
伏見は逃走する羊介を追い湊川(シシドカフカ)が確保。
辰二郎は克巳と克巳を連れ去った半グレを取り逃がしてしまう。

**

一馬に電話をする辰二郎。
弟の羊介と優希と克巳の交換を条件にする。

KSBCでは監視カメラを通して、犯人の車を追跡。

**

病院にて。

大塩はるか(髙橋ひかる)が退院。
石津渉(福澤重文)ははるかに付き添う。
はるかは、姉の由梨とは「今は会いたくない」と言っている。
島原はこっそりとそれを見ていた。

伏見(亀梨和也)が犯人逮捕

優希が拉致されている神流川の潜伏場所に、克巳も連れてこられた。

優希は、克巳に
「きっとお父さん(辰二郎のこと)が助けにきてくれるよ」と。
克巳は否定をするが、優希は
「いいお父さんだよ」と。

辰二郎は羊介を連れ神流川のアジトに。
すると、一馬は羊介を撃つ。

「出来の悪いクズはいらない」いう一馬。

「ブツをよこせ」という一馬に、山崎は偽物のブツを渡す。
すると、室内は真っ暗に。
そして、電気がつく。
伏見「犯人確保」

事件ネタバレ

伏見は小牧に「隠れ家がつかめたら、近くのホームセンターをさがして」と依頼。
間取りを参考に伏見と湊川が潜伏し電気を消した。
粉は暗闇で青く光る。暗闇の中、粉をあびた一馬は光っていた。
そして、伏見らが室内にはいり確保できた。

長篠は知らされておらず
「なんで言ってくれなかったんですか」
と…。
辰二郎
「敵をだますには味方から」

**

取調室。

優希は無事だ、と長篠が克巳に伝える。

そして、辰二郎の事件のことも語る。
辰二郎が犯罪に手を染めたのは克巳のためだった。
克巳は小さいころ、心臓が悪く、その治療費のために神流川と手を組んだのだ。
辰二郎は神流川にはめられ、逮捕された。

しかし、克巳は
「犯罪者の息子というだけで白い目で見られ、母さんまでは死んでしまった」
と辰二郎を許せないでいる。

「真実に向き合ってほしい。家族の命のためなら何でもする。今のお前ならわかるはずだろう」
と伏見。

克巳と辰二郎は警察の廊下ですれ違う。
辰二郎は克巳に深くお辞儀をする。

辰二郎(木村祐一)がじぃちゃんに

伏見が辰二郎に見せた優希のデータには、妊娠12週目と記してあった。
それを知った辰二郎に伏見は言った。
「いくぞ、じぃちゃん」
こうして、辰二郎は事件解決に向かったのだった。

<過ちはそれを正すことを拒否しない限り、間違いにはならない
オルランド・A・バティスタ>

伏見(亀梨和也)は蠣崎(忍成修吾)と対面

小牧は伏見にリストを見せる。

神流川と蠣崎孝太郎は繋がっていた。
伏見は蠣崎に会いに行く。

蠣崎
「待ってたよ。伏見刑事」

島原由梨(松下奈緒)の前に青いコートの男(高嶋政伸)

島原は奥州(矢島健一)から「定期的にカウンセリングを受けるように」と指示がある。

島原は、カウンセリングを受けに行く。

カウンセラーは鳥羽和樹(高嶋政伸)。

腕に傷のある男だ……。

<続く>

『レッドアイズ監視捜査班』4話の感想

『レッドアイズ監視捜査班』4話の感想を紹介します。

今夜の亀梨和也のレッドアイズは冒頭で高嶋政伸をお披露目しておいて本編に出てこないじゃんと思わせてからのラストでっ!!松下奈緒逃げてーってなって次週へ!忍成修吾も最後まで出続ける感じなのかなー

レッドアイズを見始めたんだけどどうやったらきむ兄から塩野くんが生まれるんだろう・・・(失礼

 

あな番の時もそうだったけど、レッドアイズも自分では推理せずにTwitterでみんなの考察を読んで楽しんでる

高嶋政伸の登場で今後の展開は?

『レッドアイズ』4話の冒頭から、青いコートの男が登場。しっかりと顔出し。なんと、高嶋政伸さんではないですか。しかし、サラリと顔を出していることから、真犯人は他にいるとも考えられます。奥州は完全に注意人物では。
蠣崎(忍成修吾)も続けての登場。伏見(亀梨和也)を待っていたという。いったい、何を知っているのか。気になります。
さて、『レッドアイズ』4話の事件は、キム兄演じる山崎辰二郎の物語。息子・克巳(塩野瑛久)の事件。克巳の彼女が妊娠をしていたということを知り、動きだした辰二郎。
伏見の「いくぞ、じぃちゃん」がいいですね。毎回、亀梨和也さん演じるほろりと優しい伏見のセリフがあります。犯人を追う鋭い目とは違い、優しさに満ちた伏見の瞳と声。素敵です。
最後に島原由梨(松下奈緒)が高嶋政伸さん演じる鳥羽を訪ねています。怖い笑いにゾクリ。高嶋政伸さんの悪役ぶりがこれから楽しみです。
『レッドアイズ』4話も盛沢山のスピーディー展開でした。来週の『レッドアイズ』は、長篠(趣里)の過去に迫ります!次回もお楽しみに♪

3話<<>>5話

『レッドアイズ』関連記事
『レッドアイズ』の相関図と犯人考察!“青いコートの男”は誰、いつ登場? | 【dorama9】
『レッドアイズ監視捜査班』の原作は?韓国版ではない伏見(亀梨和也)のモデルは? | 【dorama9】

記事内画像:『レッドアイズ』公式サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました