【Re:リベンジ-欲望の果てに-】10話のネタバレと考察!追い詰められた海斗はどうなる?

Re:リベンジ-欲望の果てに-2 アイキャッチ用 10話
※当サイトのリンクには広告が含まれます

【Re:リベンジ-欲望の果てに-】10話のネタバレと考察!

木曜劇場【Re:リベンジ-欲望の果てに-】10話が6/13(木)に放送されました。

第10話は、上手く立ち振る舞っていたかのような海斗だったが、追い詰められる結果に?

今回は【Re:リベンジ-欲望の果てに-】10話の視聴率・ネタバレ・感想・考察などを紹介!

【Re:リベンジ-欲望の果てに-】のネタバレとあらすじを最終回まで!海斗は権力争いに勝てる?
木曜劇場【Re:リベンジ-欲望の果てに-】のあらすじネタバレを最終回まで全話紹介。巨大病院・理事長の息子が週刊誌記者となり、その病院で起こるさまざまな問題・事件を追い、牙をむき闘う、欲望むき出しのリベンジサスペンスドラマ。今回は、【Re:リベンジ-欲望の果てに-】 のあらすじネタバレについて。

見逃し・全話配信は、FODにて配信中!

【Re:リベンジ-欲望の果てに-】10話の視聴率

Re:リベンジ-欲望の果てに- 10話

【Re:リベンジ-欲望の果てに-】10話の視聴率は、6/14(金)に更新予定です。

【Re:リベンジ-欲望の果てに-】10話のあらすじ

Re:リベンジ-欲望の果てに- 10話2

朝比奈陽月(芳根京子)は、天堂記念病院の医師である大友郁弥(錦戸亮)から、妹の朝比奈美咲(白山乃愛)の死にまつわる話を聞く。美咲は手術中の医療ミスが原因で亡くなった可能性があり、その証拠を理事長である天堂海斗(赤楚衛二)がもみ消したという。海斗に確かめようとする陽月だが、郁弥は来週の週刊誌にこの事件の記事が出る、それまで待つべきだと話す。しかし、翌週の週刊誌に記事は掲載されなかった。海斗は「心臓血管外科プロジェクト」を着々と進め、新病棟の建設にも着手していく。

陽月は記者の木下紗耶(見上愛)に会いに行くが、彼女は1週間前にビルから飛び降りたと聞かされる。その頃、海斗から事件について口止めされている医師・若林雄介(橋本淳)は、週刊誌の記事について海斗に尋ねるが、海斗は「その件はもう解決した」と言うだけだった。紗耶が飛び降りたとは思えない陽月は、海斗と直接話をする。陽月は、紗耶が飛び降りる前に彼女と会い、全てを聞いたと話す。
海斗が医療ミスを隠蔽したこと。海斗に好意を寄せる紗耶の気持ちを利用したこと。海斗は全て憶測に過ぎないと言い、他言しないようにと念を押す。

陽月に相談された郁弥は、緊急の理事会を開き、理事たちの前で海斗を問い詰めると話す。そのためには若林の証言が不可欠だ。陽月は若林の家を訪ね、理事会での証言を求める。そして翌日、緊急の理事会が開かれ…。

出典:Re:リベンジ-欲望の果てに- ストーリー 第10話 公式HP

【Re:リベンジ-欲望の果てに-】10話のネタバレ

Re:リベンジ-欲望の果てに- 10話3

紗耶の本当の死因は?

紗耶は亡くなっていた。遺書が残されていた。警察は自殺として処理。

自殺を疑う陽月。

若林の告白

陽月の想いに、若林はこれまでのことを全て話す。

海斗の指示だった。

「申し訳ありません。本当にすみませんでした」

土下座して謝る若林。

果たして、理事会で証言することができるのかー。

理事会での証言

紗耶のパソコンから何か見つかる?

 

理事会にてー。

陽月は医療過誤、海斗による隠蔽を訴えるが。

海斗「身に覚えがありません」

証人として若林がやって来る予定。

しかし、そこにやって来たのは岡田だった。

若林はプロジェクトに関連した、地域連携のカンファレンスに参加しているという。

出勤はしておらず、この場に若林は来ない。

海斗は岡田に医療過誤があったのか問いただす。

岡田「手術に一切のミスはありませんでした」

そのまま理事会は解散となったー。

海斗と陽月

理事長室にやって来た陽月。

若林は病理解剖を薦めていたと言っていた。

そうなったのも陽月のせいだと、海斗。

陽月「海斗は今、何を守ろうとしてるの?その椅子に座り続けることがそんなに大事?海斗さ、ずっと苦しそうだよ」

 

帰宅した若林。

今月いっぱいで病院を辞めることにした陽月の前に現れた、郁弥。

郁弥「まだ終わりじゃない。終わらせるべきじゃない」

追い詰められた海斗

会長に報告する海斗。

この先も騒がれ続けると何かと面倒であると、策を考えた海斗。

郁弥を天堂記念病院から去らせ、代わりの理事に岡田を推薦。

早速、理事会にて解任に関する動議を出すため、会長にも来てほしい、と話す。

解任に理解を示さない理事もいる、それには会長の後押しが必要。

海斗の変貌ぶりに感化された皇一郎。

海斗と郁弥、そして、皇一郎が理事会へ。

緊急理事会が始まる。

郁弥の解任の提案。

郁弥「1つよろしいでしょうか?最後に皆さまにお話ししたいことがございます。私がこの病院を去れば遺族を含め、真実を追う者はいなくなるでしょう。全てが闇に葬られるその前に、いま一度私からも問いただします。朝比奈美咲さんの手術における医療過誤と、その隠蔽について」

皇一郎「先日の理事会でも、ご遺族の方から同様の話がなされた、と聞いているが」

郁弥「このまま終わりにすることはできません」

皇一郎「去りゆく人間一人に、そう時間は割けませんよ」

郁弥「私1人ではありません」

そこへ、陽月と若林がやって来る。

郁弥「ようやく、全ての状況が整いました。若林先生、証言の準備はよろしいでしょうか」

ざわつく理事会だが、小笠原がその場を収める。

若林「小児科の若林です。私は医師として、ここにいる皆さまに比べれば、大した実績もない若輩者です。それでもこれまで、一人一人の患者に真っすぐに向き合ってきたという自負だけはあります。未熟だからこそ、正直に、誠実に、患者に尽くすべきだと。それなのに私は、進むべき道をいつの間にか踏み外していました。これ以上、朝比奈美咲さんの遺族や、現場で戦う全ての医療関係者、そして私の家族を裏切るようなまねはできません。朝比奈美咲さんが亡くなったのは、不測の心不全ではなく手術中の医療過誤が原因であったと、私は考えます。そして私は、そのミスの可能性を把握していながら、その隠蔽に加担しました。到底、許される行為ではありません。本当に…申し訳ございません」

郁弥「その隠蔽は、誰に指示されたのでしょうか」

若林「天堂理事長です」

【Re:リベンジ-欲望の果てに-】10話の感想と考察

どうなる!?最終回!

 

【Re:リベンジ-欲望の果てに-】10話のまとめ

  • 上手く立ち振る舞っていた海斗
  • 陽月と郁弥によって暴かれる隠蔽
  • 若林の証言

 

 

次回の最終回は、6/13(木)22時~の放送となりますので、お見逃しなく!

木曜劇場【Re:リベンジ-欲望の果てに-】のキャストと相関図!赤楚衛二が記者役で巨大病院と闘う!
木曜劇場【Re:リベンジ-欲望の果てに-】のキャストと相関図!2024年4月からは木曜劇場『Re:リベンジ-欲望の果てに-』が放送。主演は、フジテレビ系連続ドラマ初主演となる赤楚衛二が務め、巨大病院・理事長の息子役で週刊誌記者となり、その病院で起こるさまざまな問題・事件を追い闘うことに。父親の事件をきっかけに巨大病院に牙をむく、欲望むき出しのリベンジサスペンスドラマ。

画像出典:Re:リベンジ-欲望の果てに- 公式HP

 <<9話 最終回>>