月9ドラマ【PICU 小児集中治療室】のキャスト・登場人物・相関図|吉沢亮がどさんこドクターに!

PICU

月9ドラマ【PICU 小児集中治療室】のキャスト・登場人物・相関図

2022年10月期のフジテレビ系・月9ドラマは・主演の『PICU 小児集中治療室(仮)』(ピーアイシーユー しょうにしゅうちゅうちしつ)。

「PICU」(読み:ピーアイシーユー)はPediatric(=小児科)Intensive Care Unit(ICU)の略称で「小児専門のICU(集中治療室)」のこと。日本の連ドラで初めて“子どものICU”が舞台!

生まれも育ちも北海道の“どさんこドクター”がPICUを作るために奔走するメディカル・ヒューマンドラマです。

今回は月9ドラマ【PICU 小児集中治療室】のキャスト・登場人物・相関図・内容・見どころ・スタッフ・放送日を紹介します。

PICU 小児集中治療室
 キャスト・出演者、ほか
主題歌
 原作なし
 脚本倉光泰子
プロデューサー金城綾香
監督平野眞
放送日2022年10月ー日スタート 
毎週月曜よる9時(フジテレビ系全国ネット)
公式情報公式サイト公式Twitter公式Instagram

【PICU 小児集中治療室】のキャスト・登場人物一覧

月9ドラマ『PICU 小児集中治療室』のキャスト・登場人物↓

  • ……役:志子田武四郎〈27〉 (小児科医)
  • ?……役:植野元(東京から来たPICU医)
  • ?……役:志子田南(武四郎の母親)

【PICU 小児集中治療室】のキャスト

月9ドラマ【PICU 小児集中治療室】で主演を務めるのはさん!
漫画のドラマ化でファンから、波瑠さん、間宮祥太朗さんのキャスティングに「ピッタリ」「楽しみ」など期待の声があがっています。
ドラマ【魔法のリノベ】のキャストと登場人物のプロフィールを紹介します。

吉沢亮(役:志子田武四郎)

登場人物:志子田武四郎(しこた たけしろう)〈27〉 …不器用で純朴、泣き虫で未熟な“どさんこドクター”。

  • 小児科医。
  • 北海道生まれ。地元で母親と二人暮らし。
  • 幼少期に父親を亡くしている。
  • 母思いで料理上手、家事全般もそつなくこなす。
  • 大事な場面で不器用なことも?!
  • 実家から通える病院であれば何科でも良いと考え小児科医になった。安定志向?!
  • 勤務先に「PICU」が新設されたことで、そこに異動することに。

キャスト:吉沢 亮(よしざわ

1994年〈平成6年〉2月1日生まれ。
東京都出身。
アミューズ所属。
代表作:映画『キングダム』、『連続テレビ小説 なつぞら』 、『青天を衝け』

さんは本作でフジテレビ月9ドラマ初出演・初主演、初の医師役となります。

さんのコメント>

命とどう向き合うか。人の死から何を学ぶのか。そんなシンプルでありとても深い、普遍的なテーマになんの小細工もなく真っ正面から向き合う作品になると思います。

人の命を救うのは神様でもスーパーマンでもない。救う側の人間としての未熟さ、葛藤などを丁寧に描ければ。

個人的に子供の頃から、“野球と言えばイチロー”、“ドラマと言えば月9”ってくらいお馴染(なじ)み感があるものだと勝手に思ってましたので、その主演をやらせて頂けるっていうのはもう…ありがとうございます。よろしくお願いします。

https://www.fujitv-view.jp/article/post-634053/3/

ー(役:植野元)

登場人物:植野元(うえの・はじめ)…PICU医。

  • 小児集中治療のパイオニア。
  • 日本各地でPICUの整備を推し進めてきた。
  • 「日本一広大な自然を相手に、医療用ジェット機を運用した日本屈指のPICUを作る」という“最後の大仕事”を達成するため、東京からやってきた。
  • 陸路での搬送が難しい北海道で、医療用ジェット機で山を越えて1秒でも早く搬送し、どんな状況のどんな子どももでも全員受け入れられるPICUを作ることが目標。

キャスト:?

ー(役:志子田南)

登場人物:志子田南(しこた みなみ)

  • 武四郎の母親。
  • 夫が亡くなった後、女手一つで武四郎を育てた。
  • 武四郎と二人暮らし中

キャスト:?

【PICU 小児集中治療室】の相関図

相関図は、後程アップします。

【PICU 小児集中治療室】の内容

北海道で生まれ育った27歳の小児科医・志子田武四郎()は、幼い頃に父を亡くしており、女手一つで育ててくれた母・南(みなみ)と二人暮らし。

ある日、武四郎は勤務先の病院に新設されたPICUに異動することになった。そこでPICU医の植野元(うえの・はじめ)と出会う。植野は東京からやってきた小児集中治療のパイオニア。

植野は、陸路での搬送が絶望的な北海道において、医療用ジェット機で搬送し、どんな状況のどんな子どもであっても全員を受け入れられるPICUを作る…という覚悟を持ってやってきた。

武四郎は何科でも良いと考え小児科医になった。だが、植野との出会いを通して、彼の小児科医人生が大きく変わっていく。

しかし、立ち上げ直後のPICUは深刻な人材不足。急患を受け入れられる状態ではない。そんな中、稚内市の病院から連絡が入り、発症から4時間経過した少女が運ばれてくる。

不器用で純朴、泣き虫で未熟な“どさんこドクター”が、子どもたちの生死を分ける過酷な職場・PICUで、現実に直面するーー。

「…僕は、初めてでした。こんなに自分がばかだと思ったのも、嫌いになったのも、患者が死ぬところを目の前で見たのも、人前で声を上げて泣いたのも、全部初めてでした」――。

https://www.fujitv.co.jp/PICU/index.html

植野は「志子田くんにとって医者の仕事って何なの?」と問いかけるーー。

武四郎は正面から医者の仕事と向き合っていく…。

武四郎が子供の死という「現実」と向き合うことになりそう。辛いけど、立ち上がる姿も見せてくれるよね!

 

【PICU 小児集中治療室】の見どころ

吉沢亮にあて書き

ドラマ『PICU 小児集中治療室』の主演はさん。昨年、大河ドラマ『青天を衝け』で主演を務めた吉沢さん。テレビドラマはその作品以来となります。

本作で北海道生まれ・育ちの主人公を演じますが、吉沢さんは北海道に縁があるのかも。朝ドラ『なつぞら』ヒロイン・なつの初恋の人で幼馴染の山田天陽を演じた時も舞台は北海道でしたし。

医師役は初めてですが、『キングダム』などの共演者・さんも『グッド・ドクター』で医師役に初挑戦し、好演していました。さんにも期待がふくらみます!

『監察医 朝顔』シリーズの制作陣が集結して製作される本作。制作スタッフは吉沢さんをイメージして志子田武四郎を作り上げたそうです。いわゆる当て書き。これは魅力的なキャラクターになりそうです。

君のどさんこドクター役、楽しみ。撮影、大変そうだけど頑張って

子どものICUは初の題材

PICUとは、Pediatric Intensive Care Unit(ピディアトゥリック・インテンシブ・ケア・ユニット)の略称で「小児専門の集中治療室」の意味。

PICUは、難病を患っていたり、怪我あるい急病により身体が重篤な状態で、集中治療を必要とする15歳までの小児患者を対象に専門的に治療を行う場所のこと。

いわゆる「子どものICU」。ドラマで題材として扱うのは今作が初めてとなります。

「医療ドラマ」それ自体は多く制作されていますが、新鮮な題材ですね。

日本は、先進国でありながらも小児死亡率の高さが深刻な課題だそうです。ドラマ『コード・ブルー』シリーズが実際の医療現場に影響をもたらしドクターヘリの配備が進んだように…ドラマ『PICU 小児集中治療室』がPICUの普及にも貢献するかも?

北海道ロケ映像も期待

今作の舞台は、北海道。雄大な自然、広い空、地平線が果てしなく広がる、美しい北の大地…。

一方、広すぎるがゆえ搬送までに長時間かかることもあり、急患の子どもたちにとっては残酷な土地なのも現実。

本作は「大規模なPICUの運営は極めて困難」と言われる北海道で、どんな子供も受け入れられるPICUを作り、医療用ジェット機の運用も可能にするため奮闘していきます。

思い出すのは離島医療の現実を描いた医療ドラマの名作『Dr.コトー診療所』。 架空の志木那島(しきなじま)が舞台でしたが、与那国島がロケ地。美しい風景は見どころのひとつでした。

ドラマ『PICU 小児集中治療室』も北海道ロケで、風景や雰囲気が楽しめると期待しています♪

【PICU 小児集中治療室】のスタッフ

  • 脚本:倉光泰子(『ラヴソング』『刑事ゆがみ』『アライブ がん専門医のカルテ』『うきわ -友達以上、不倫未満-』『純愛ディソナンス』ほか)
  • 演出:平野眞((『監察医 朝顔』シリーズ、『SUITS/スーツ2』『SUPER RICH』ほか))
  • 医療監修:浮山越史(林大学医学部 教授、日本小児外科学会理事日本小児救急医学会理事)
  • 医療監修:渡邉佳子(林大学医学部 小児外科学内講師)
  • プロデューサー: 金城綾香(『グッドドクター』『監察医 朝顔』『SUPER RICH』『元彼の遺言状』ほか))
  • 制作・著作:フジテレビ

脚本

倉光 泰子(くらみつ やすこ)さんのプロフィール:1983年8月22日生まれ。埼玉県熊谷市出身。日本大学芸術学部映画学科監督コース卒業、東京芸術大学大学院映像研究科脚本領域修了。2014年、第26回フジテレビヤングシナリオ大賞を『隣のレジの梅木さん』で受賞。2021年3月、『アライブ がん専門医のカルテ』(2020年1月期)が評価され、第9回市川森一脚本賞(2020年度)を受賞。

プロデューサー

<プロデューサー・金城綾香さんのコメント>

“PICUをドラマにしてみてはどうか”と、2018年に『グッド・ドクター』で医療監修を担当してくださった林大学病院の浮山先生からお声がけいただいたことが、本作のきっかけでした。私自身不勉強でPICUという存在を知りませんでしたし、お話を伺えば伺うほど、ドラマとして描きたいという思いが強くなっていきました。そして、その仕事に新鮮な気持ちで取り組んでいく若き医師は、さんに演じていただきたいと強く思いました。吉沢さんの眼差(まなざ)しは力強く、そして堪(こら)えるような繊細なお芝居は稀有(けう)なものだと思います。本作において、主人公を演じて頂けるのは吉沢さんをおいて他にいないと思いましたし、制作陣は吉沢さんをイメージして志子田武四郎を作り上げました。小さな命の灯火(ともしび)をどうにか絶やさないように人生を懸けて力を尽くされている先生方の姿を通して、生活の温かさや命の大切さを少しでも表現していきたいと思います。

金城綾香(かねしろ あやか)さんのプロフィール:1987年5月、兵庫県生まれ。2012年にフジテレビジョンに入局。月9ドラマ『5→9~私に恋したお坊さん~』(2015年)で初めてプロデュースに携わり、以降『営業部長 吉良奈津子』(2016年)、『グッド・ドクター』(2018年)、SPドラマ『犬神家の一族』(2018年)などの作品を担当。『監察医 朝顔』(2019年)で初の連続ドラマ単独プロデューサーを務めた。

医療監修

<医療監修・浮山越史さんのコメント>

2018年、医療監修で携わらせていただいた小児外科医のドラマ『グッド・ドクター』は、私にとってもすごく大切な作品でした。

一方、小児救急は大切だけれど、全国的に見ると不十分なところがあるのも事実です。

このドラマを通じて認知度が上がって、小児救急・PICUが日本中に広まり、すべての子どもたちが医療の恩恵を受けられるよう期待しています。

https://www.fujitv-view.jp/article/post-634053/4/

【PICU 小児集中治療室】はいつから放送?

放送開始日は?

フジテレビ系で2022年10月スタート予定です。


画像出典:フジテレビ