【俺の家の話】7話のネタバレと視聴率!秀生の作文と寿一のプロポーズに泣き笑い!

【俺の家の話】7話のネタバレと視聴率!秀生の作文と寿一のプロポーズに泣き笑い!

さくら()と寿一()が急接近でいきなりプロポーズ!?

誤字なんて関係ない。秀生(羽村仁成)の作文が泣かせる!

この記事のポイント

・【俺の家の話】7話のあらすじネタバレ
・視聴率
・感想とまとめ


ADVERTISEMENT

【俺の家の話】7話の視聴率

【俺の家の話】7話の視聴率は9.3%!前回より0.8ポイントアップしました。

【俺の家の話】7話のあらすじ

【俺の家の話】7話のあらすじです。

さくらに返事を迫られる寿一は!?

雨降って地固まる。家族旅行を終えた観山家はすっかり仲良しになっていた。ギスギスした往路とはうって変わって「ブリザード」を大合唱をしながらの帰り道。寿三郎()は帰宅後すぐにリハビリを開始。忙しくなった舞()と踊介(永山絢斗)はリモート介護に切り替え、稽古場では寿限無(桐谷健太)が体験入門のお弟子さんたちの稽古をつけていた。

暇でエゴサーチしている寿一(長瀬智也)のもとにさくら(戸田恵梨香)がやってくる。踊介からプロポーズを予告されたさくらは、「あなたの番です」と寿一に告白の返事を催促する。寿一は自分がスーパー世阿弥マシンであることをさくらに告白する。もちろんさくらはそんなことは百も承知。

返答に困る寿一。

秀生の親権問題と離婚の理由

寿一(長瀬智也)が、似合わないスーツを着て元妻・ユカ()との秀生(羽村仁成)の親権を巡る話し合いに向かおうとしていると、11連敗中のプリティ原(井之脇海)が観山家に来ていた。

原のお土産のフルーツサンドを喜んで食べる寿三郎たち。

踊介(永山絢斗)のミヤマ法律事務所で話し合いはスタートする。スタバにいる早川(前原滉)がリモートでちょいちょい食い込む。

ユカ側の玉川弁護士()が寿一とユカのなれそめから離婚までの経緯を聞く。

ユカはもともとブリザード寿のファン。遠距離恋愛から交際を進め、寿一が大阪城ホールで寿固めしながら「幸せにしまーす」とプロポーズして結婚。離婚の原因は、アメリカに渡り家庭を顧みなかったことと思っていた寿一だが、ユカの思いはまったく違っていた。

自宅でその野獣のような目にたびたび殺気を感じて怖かった。そもそも寿一はユカのことなんて好きになったことがない。家族と向き合いたくなくてプロレスに逃げた。今さら「親権くれ」なんて虫がよすぎる。離婚しようと思ったのは寿一くんがアメリカに行ったからじゃない、帰ってきたから。2度と秀生に会わないで!と叫んで出て行ってしまう。

落ち込む寿一を踊介が慰める。秀生が泊まっていくというが、寿一は仕方なく家に帰す。

寿限無(桐谷健太)が寿三郎(西田敏行)の異変を打ち明ける。寿三郎は家宝の面をちはる()にあげたことをすっかり忘れている。調べてみると面がいくつもなくなっていた。家族旅行のときと同じようにあちこちの女にあげまくっているのではないか、と寿限無。

寿三郎に話しても、面をあげたことはすっかり忘れていて、泥棒に入られたから通報しようと言い出す。認知症が進んでいると感じた寿一たちは、末広()に相談。認知症の行動には伏線があったはずと末広。どうやら自分の過失を認めたくないという認知症にありがちな症状らしい。プリティ原の祖母もアルツハイマーだが、振り込め詐欺にあったり、兄弟が仲が悪くて施設に入れられた。観山家は明るくていいという。寿三郎は、主治医の勧めで検査入院することになる。

寿三郎の入浴タイム。寿三郎はなんと記憶を都合のいいように書き換え、寿限無が面を盗んだと言い出す。途方に暮れる寿一。

寿三郎が入院中に、寿一や舞、O.S.D.、大州が家の中をチェックする。高額な面や帯は持ち出されている。寿三郎の部屋には、能の資料とともにグラビア雑誌やエッチなボールペンなどが出てきて、真面目なオヤジと不真面目なオヤジが同居している…と寿一は感じた。

さくらと寿一が急接近!

その夜、さくら(戸田恵梨香)と寿一(長瀬智也)は2人きり。2人はインスタントラーメンを作って食べる。うめぇを連発する寿一。さくらは、ふと振り返ったときの寿一に殺気を感じたと打ち明ける。踊介からユカの話を聞いていたのだ。

さくらはユカにとっての寿一は存在が大きすぎるから、大阪城ホールでちょっと離れて見るくらいがちょうどいいということだったのではないか、と分析。ピンとこない寿一に、寿一はスカイツリーだとさくら。登ってみて始めてわかる。さくらは寿一というスカイツリーに山賊抱っこされて本当に好きになったと告白する。自分は大切な人を不幸にすると考える寿一に、殺気も怖くないし気にしないとさくら。

ユカにきついことを言われて落ち込んでいた寿一は、さくらの褒め言葉に喜ぶ。さくらには、こんなにおいしいラーメンをチャチャッと作れる人は幸せになるべきだという言葉を送る。

いいムードになったかと思うと寿一は突然さくらを山賊抱っこして2階に連れて行く。寿一の部屋に寝かされたさくらはラブ展開を期待するが、寿一は手袋をすると静かに部屋を出て行く。

1階には泥棒が忍び込んで、さくらが返した面を盗んでいた。返り討ちにする寿一。犯人は体験入門に来ていた男で、高額な面や装束がずさんに管理されているのを見て盗んだと供述する。

【俺の家の話】7話のネタバレ

【俺の家の話】7話のネタバレです。未視聴の方は閲覧ご注意を。

プロポーズも「秘すれば花」

寿三郎のボケが進んでいたわけではなかった。ほっとする寿一たちだが、検査入院の結果では、要支援から要介護2、しかも3に近い2というランクに変わっていた。ショックを受ける寿一たち。

これからも認知症は進行するので、今のうちにいろいろ決めておいたほうがいいと主治医。

秀生(羽村仁成)の親権問題の話し合い2回目は、妊娠中のユカ(平岩紙)の体調を考えて、ユカも寿一もリモートで参加する。話し合いの途中で、寿一はユカのマンションを訪ねる。寿三郎の認知症の進行を考えると、今、寿三郎と秀生を会いたいときに会わせてやりたい。親権もいらない。寿三郎が生きているだけでいいから、好きな時に会わせてくれと土下座する。

寿一の真剣さに打たれたユカは承諾するが、そのとき秀生が授業参観で動き回って収拾がつかないと早川からSOSがくる。フリースクールに行く寿一。能の稽古に行こうというと喜ぶ秀生。先生が作文を渡す。秀生は授業で読んだ早川向けの作文のほかに、寿一のことも書いていた。

あっさりとこってり、2つの作文だ。

秀生は、寿一がプロレスラーをやっていたときはプロレスラーになりたかった。寿一が能をやりだしたら能をやりたくなった。つまりお父さんみたいになりたい。…お父さんは世界一かっこいい!と書いていた。溢れ出す涙をマスクで拭う寿一。

スーパー世阿弥マシンとしてリングに上がった寿一は大はりきりでパフォーマンスをする。観戦しているさくら。寿一はブリザード寿の「寿固め」をしながら叫ぶ、「必ず幸せにしまーす!」。大喜びのさくら。

観戦していたプリティ原や堀コタツらは、ブリザード寿の正体がバレるのでは?「誰を幸せにするの?」と戸惑う。

「それは、秘すれば」という寿一に「花ー」と答えるさくらだった。

【俺の家の話】7話の感想

寿一はスカイツリーというさくらの例え、グッと来ましたね。殺気が出ても大丈夫、ちゃんと中に入って登って確かめたから=寿一の中身をちゃんと確かめたって、ユカにケチョンケチョンに言われて落ち込んでいたからよけい沁みますね。

秀生の件も、とりあえず丸く収まってひと安心。秀生の作文で自信を取り戻した寿一はプロレスにも大はりきり。ユカのときと同じように寿固めをしながら「必ず幸せにしまーす」とプロポーズしてしまいます。

プロポーズも「秘すれば花」。徹底しているのがスゴイ。

今回はいろいろな問題がハッピーにまとまった回ですが、次回はまたもや観山家に波乱が巻き起こりそう。

【俺の家の話】8話は3月12日(金)よる10時から放送です!あと3回なんて寂しすぎる!

コメント