【ONE DAY】7話のネタバレと感想!梅雨美と天樹、時生と桔梗の繋がり判明!

ONEDAY・第7話
※当サイトのリンクには広告が含まれます

【ONE DAY】7話のネタバレと感想!

フジテレビ月9ドラマ【ONE DAY〜聖夜のから騒ぎ〜】第7話が11月20日(月曜)に放送されました。

放送後、梅雨美(桜井ユキ)と天樹(二宮和也)、時生(大沢たかお)と桔梗(中谷美紀)の繋がり判明!

今回は【ONE DAY】(ワンデイ)7話の視聴率・あらすじネタバレ・考察・感想について。

ドラマ【ONE DAY(ワンデイ)】あらすじ・ネタバレ・感想・原作!
ドラマ【ONE DAY(ワンデイ)】あらすじ・ネタバレ・感想を最終回まで!原作なしの結末とは?2023年秋のフジテレビ月9ドラマは【ONE DAY〜聖夜のから騒ぎ〜】。[更新情報]最終話のあらすじネタバレまで追記しました。

【ONE DAY】第7話の視聴率

ONEDAY・第7話

【ONE DAY】第7話の視聴率は世帯4・8%、個人2・8%。

【ONE DAY】の視聴率一覧と推移!前作より高い?低い?
2023年秋のフジテレビ月9ドラマは【ONE DAY~聖夜のから騒ぎ~】。※以下、【ONE DAY】。二宮和也・大沢たかお・中谷美紀の3人が主演を務める話題作ですが、視聴率にどう反映するのか気になります。今回の記事では【ONE DAY】の視聴率と推移を総まとめにしてお届けします。

【ONE DAY】第7話のネタバレ

【ONE DAY】第7話あらすじネタバレです。

勝呂寺誠司(二宮和也)は、『アネモネ』の幹部・安斎孝之(米本学仁)たちに監禁されていたが、一瞬の隙をついて逃げ出す。

『横浜テレビ』のキャスター・倉内桔梗(中谷美紀)は、警視庁組織犯罪対策部管理官・蜜谷満作(江口洋介)とともに、丘の上の墓地で誠司が来るのを待っていた。しかし誠司が現れなかったため、彼のスマートフォンに連絡を入れる桔梗。だが、電話に出たのは『アネモネ』の二代目・笛花ミズキ(中川大志)だった。

すると今度は、桔梗の後輩・立葵査子(福本莉子)から、検問を突破して逃走中のミズキが、父・時生(大沢たかお)の店『葵亭』から出てくるのを見たという連絡が入る。査子は、桔梗が止めるのも聞かずにミズキの後を追いかける。

公衆電話から桔梗に連絡した誠司は、ミズキと査子の件を聞く。そして、桔梗からスマホを奪って電話に出た蜜谷に、「俺は一体誰なんだ?」と問いかける誠司。しかし蜜谷は、話は会ってからだと返す。

そんな折、誠司は、ミズキと彼の後を尾行する査子の姿を見つける。査子たちのいる方へと向かう誠司。尾行に気付いていたミズキは、査子の腕を掴んである場所へと向かった。

時生たちは、ミズキの件を捜査本部に報告しようとする警察官・山田隆史(今井英二)を止めようとする。また警察が来たら今夜の営業が出来なくなってしまうからだった。するとそこに桔梗が現れて……。

桔梗と時生は知り合いだった。でも男女の仲ではなくピュアラブのようだ。桔梗は査子がいつも父が作ったお弁当を嫌がりつつ嬉しがっていると語る。

尾行していた査子がミズキに捕まり、監禁される。査子は天樹勇太のことを問われ、上司が知っていると伝える。
そうして葵亭にいる桔梗のスマホに査子の番号から電話がくる。桔梗が出ると、電話の相手はミズキだった。ミズキは天樹のことを問う。桔梗が大学のゼミの後輩だと伝える。梅雨美は天樹勇太という氏名に覚えがある様子。桔梗は「この事件から手を引くから、解放して」と訴えるが、ミズキは「解放するのは明日の朝だ」と言って、切る。

時生たちは警察への通報をためらう。ミズキは誠司と連絡をとる。誠司は「裏切り者に関して話したい」という。ミズキは「天樹勇太を知っていますか」と問う。「知らない。お前も俺のことを信用できないのか。今どこにいる?」と言う誠司。ミズキは横浜スタジアムにいると返答。横浜スタジアムの屋上で会うことを約束する。

横浜テレビの折口(小手伸也)らが、査子のスマホのGPSから、横浜スタジアムと突き止める。時生、桔梗、そして折口も横浜スタジアムに向かう。警察の狩宮(松本若菜)も記者が監禁されているという通報を受けて向かう。

横浜スタジアムには、誠司を追って、アネモネの安斎孝之(米本学仁)も来ていた。ミズキは安斎にバッタリ会う。ミズキは警察と繋がっているのは事実だと明かす。裏切りではなくアネモネを守るために警察に繋がっているのだ。

ミズキと安斎が会っている隙をついて、誠司は査子を救出した。そこへ時生が現れたため、誠司はまた逃亡する。

天樹が査子を救出したことで桔梗や折口ら、みんな驚いた。査子は警察車両に乗って、事情聴取を受ける。査子は「彼は悪い人に見えなかった」と狩宮に伝えた。

桔梗は、査子に「あなた、やりすぎよ。どれだけ心配したか」と叱る。査子は彼を見失いたくなくて危険を顧みず、体が勝手に動いてしまったという。査子は「本当に厄介よね。報道マンって」と涙ぐみながら、査子を抱きしめる。

狩宮は、蜜谷と手を組むことにする。誠司=天樹勇太が犯人とは思えないからだ。蜜谷はこれから誠司と会うと言って、向かう。狩宮はそれを聞いて上司に報告する。

今日の仕事を切り上げた査子は、葵亭へと戻った。査子は、父と桔梗が知り合いだと以前から怪しいと思っていた。…様子がおかしい梅雨美は、5年前のクリスマスイブの夜に「2年待っててほしい。2年後のクリスマスイブにまたこの店でディナーしよう」と言われた、その相手が天樹勇太だと明かす。梅雨美は彼のことが好きだったから待つと決めたのだった。
葵亭では仕込みが終わったため、残りはメインディッシュだけだ。その「彼」を待つため、そして来店する人に「良き日」にしてもらうため、店を開くことを改め決意する時生。

誠司はコスモワールド前で蜜谷と会いたい、と桔梗を通して連絡する。査子もテレビ局に向かい、桔梗に会う。天樹を知っていた人物が葵亭にもいたと報告。すると、査子は梅雨美から話を聞くよう指示される。

横浜コスモワールド前にて。誠司と蜜谷が会うことが出来て…。(つづく)

【ONE DAY】第7話の感想

【ONE DAY】第7話の感想です。

梅雨美と天樹、時生と桔梗の繋がり判明!

7話では、2組の関係性が判明しました。

梅雨美(桜井ユキ)と天樹(二宮和也)は元恋人で、2年後に待っててほしいと言われて、もう5年ほど待っている関係。

時生(大沢たかお)と桔梗(中谷美紀)の繋がりも判明!しかし男女関係というほどの深さはないようですね。プラトニック・ラブという感じなのでしょうか。時生は妻と死別、桔梗は独身なので、不倫関係ではありません。恋愛に発展してもいい関係ですが…。

登場人物の繋がりが分かってきた中、残る最大の謎は勝呂寺誠司=天樹勇太のこと。そして殺人犯は誰なのか。管理官・蜜谷と会うことで何か進展しそうですが…。

物語も終盤になってきて、面白くなってきましたね。次回も楽しみましょう♪

【ONE DAY】第7話の出演者・スタッフ

【ONE DAY】第7話の出演者・スタッフです。

<出演者>

  • 二宮和也 中谷美紀 大沢たかお / 江口洋介 佐藤浩市 
  • 【逃亡編】 中川大志 松本若菜 中村アン
  • 【地方テレビ局編】 福本莉子 小手伸也 加藤諒 大水洋介 丸山智己 梶原善
  • 【レストラン編】 桜井ユキ 井之脇海 今井英二 栗原英雄

<スタッフ>

  • 【脚本】 徳永友一
  • 【音楽】 佐藤直紀
  • 【主題歌】 ミイナ・オカベ「Flashback feat. Daichi Yamamoto」(ユニバーサル インターナショナル) 
  • 【プロデュース】 成河広明
  • 【演出】 鈴木雅之 三橋利行 柳沢凌介
  • 【制作著作】 フジテレビ
ドラマ【ONE DAY〜聖夜のから騒ぎ〜】のキャストと相関図!二宮和也・大沢たかお・中谷美紀トリプル主演!
二宮和也・大沢たかお・中谷美紀トリプル主演の月9ドラマ『ONE DAY〜聖夜のから騒ぎ〜』(ワンデイ せいやのからさわぎ)がフジテレビ・月9枠で、2023年秋クールに放送!舞台はクリスマスイブの横浜。聖夜に起こった、男女3人が複雑に絡む1日を1クール(3か月)かけて描きます。原作なし・ドラマオリジナルのハートフル&ヒューマンドラマです。今回はドラマ【ONE DAY〜聖夜のから騒ぎ〜】のキャストと相関図などについて。

画像出典フジテレビ「ONEDAY」