【ONE DAY】6話のネタバレと感想!3パートが交錯し「面白い」「今季ダントツ」の声!

ONE DAY 第6話
※当サイトのリンクには広告が含まれます

【ONE DAY】6話のネタバレと感想!

フジテレビ月9ドラマ【ONE DAY〜聖夜のから騒ぎ〜】第6話が11月13日(月曜)に放送されました。

放送後、3つのパートが複雑に絡み合い、交錯する展開にSNSで「面白い」「今季ダントツ」の声が…。

今回は【ONE DAY】6話の視聴率・あらすじネタバレ・感想について。

ドラマ【ONE DAY(ワンデイ)】あらすじ・ネタバレ・感想・原作!
ドラマ【ONE DAY(ワンデイ)】あらすじ・ネタバレ・感想を最終回まで!原作なしの結末とは?2023年秋のフジテレビ月9ドラマは【ONE DAY〜聖夜のから騒ぎ〜】。[更新情報]最終話のあらすじネタバレまで追記しました。

【ONE DAY】第6話の視聴率

ONEDAY・6話

【ONE DAY】第6話の視聴率は世帯4.6%、個人2.7%。

【ONE DAY】の視聴率一覧と推移!前作より高い?低い?
2023年秋のフジテレビ月9ドラマは【ONE DAY~聖夜のから騒ぎ~】。※以下、【ONE DAY】。二宮和也・大沢たかお・中谷美紀の3人が主演を務める話題作ですが、視聴率にどう反映するのか気になります。今回の記事では【ONE DAY】の視聴率と推移を総まとめにしてお届けします。

【ONE DAY】第6話のネタバレ

【ONE DAY】第6話あらすじネタバレです。

逃亡編のネタバレ

ONE DAY 6話

勝呂寺誠司(二宮和也)は、蜜谷(江口洋介)を連れてくることを条件に『横浜テレビ』のキャスター・倉内桔梗(中谷美紀)のインタビューを受けることになっていた。だが、桔梗に連絡している最中に襲撃を受け、連れ去られてしまう。

誠司を襲って監禁したのは、『アネモネ』の幹部・安斎孝之(米本学仁)一派だった。安斎は榊原が「これから誠司と話をつける」と会いに行き、 殺された。そのため安斎は誠司を裏切り者と疑っていた。安斎は今夜の取引に必要なスマホアプリの顔認証を俺に変更しろ、と命令。「分かった」と誠司。

一方、神奈川県警の警部補・狩宮カレン(松本若葉)らは、 誠司と蜜谷が野毛山墓地に現れるという匿名情報を得て、そこへ向かう。 その途中、蜜谷とバッタリ出くわす。

狩宮は「この事件、何かがおかしい。勝呂寺誠司が犯人だとは思えない」とぶつける。蜜谷は「真犯人がいるっていうのか。誰だ?」と問う。狩宮は蜜谷に「それを知ってるのはあなたではないですか」とカマをかける。
蜜谷は狩宮に誠司を犯罪組織・アネモネの一員だが取引が終わるまで泳がすよう伝える。そうすれば真犯人を差し出すと言って、蜜谷は墓地へと向かう。狩宮は協力するともしないとも答えなかった。

誠司は、警察に野毛山墓地で蜜谷と会うことを通報したという。もし組織の誰かがその墓地にいるなら、組織の裏切り者はそいつだ。安斎は牧瀬に電話する。牧瀬はミズキに「蜜谷を消せ」と言われて野毛山墓地にいた。裏切り者は牧瀬か?

一方、柚杏(中村アン)は自分の警視庁職員証を使って、警視庁へと入る。(※新情報:柚杏はジャーナリストではなく警視庁職員

安斎は、裏切り者が誰であれ、誠司が邪魔だった。ミズキの右腕としてこの5年スマートなやり方で活躍してきたからだ。ミズキがボスに認められたのは誠司のおかげ。誠司を消してミズキを引きずり降ろすのが安斎の目的だ。

安斎は誠司を自殺に見せかけて銃で殺そうとして…。そこで梅雨美から電話が来た。スピーカーにしていると、梅雨美がスマホの取り違えを説明している声がする。安斎は「誰だ、この女?」とスマホに気を取られて銃の向きが離れた。

そのすきに、(ネジをゆるめていた)椅子を壊して、誠司が反撃。監禁場所から脱出!誠司は逃亡に成功した。

ミズキは誠司のスマホを奪って葵亭を抜け出していた。すると、登録されていない番号から電話がきた。出ると、謎の女(中谷美紀)の声だった。その女は誠司のことを天樹と呼んだ。電話が切られた後、ミズキは「天樹?」と驚いた。

地方テレビ局編のネタバレ

ONE DAY 6話

桔梗と立葵査子(福本莉子)は、ニュースデスク・黒種草二(大水洋介)の協力を得て蜜谷の連絡先を入手し、誠司が指定した取材場所、野毛山墓地まで来てもらう約束を取り付ける。

一方、蜜谷を追っていた八幡柚杏(中村アン)は、蜜谷が病院から逃げ出してひき逃げされた現場に現れたことを誠司に知らせようと電話した。だが、その電話に出たのは立葵時生(大沢たかお)だった。あわてて電話を切る柚杏。

桔梗は墓地に着いた。そこで蜜谷と初対面する。二人はお互いの情報を交換し合う。しかし周囲には警察がいた。桔梗は誠司の指示で警察の配備をしていると語る。

しかし蜜谷は誠司の狙いを説明する。アネモネの誰かが蜜谷の命を狙えば、アネモネの誰かと警察の誰かが繋がっていることを突き止めることになる。それが狙いだ。

誠司は現れなかった。蜜谷は桔梗に誠司の番号を伝えて、桔梗から電話。桔梗は「天樹くん?今どこにいるの?」と聞くが、出たのは別人で「天樹って誰だ?」とミズキが返答。桔梗が「あなた誰?」と言うと、蜜谷に電話を切られる。(新情報:ミズキは誠司の本名を知らない

その後、桔梗のスマホに査子(福本莉子)から連絡が来た。査子は検問を突破した時の男(中川大志)を尾行しているという…。

レストラン編のネタバレ

ONE DAY 6話

同じころ、時生の店『葵亭』では、ギャルソンの蛇の目菊蔵(栗原英雄)が、手伝いに来てくれることになっていたシェフ見習いの武智倫太郎(小日向星一)を駅まで迎えに行っていた。その背後で真礼(佐藤浩市)のビラが大量に落ちてしまう。

時生は、武智は料理人を辞めるか迷っていると聞いた。優しく受け入れようと思いながら武智の到着を待つ。しかし、扉が開いて入ってきたのは別の人物・笛花ミズキ(中川大志)だった…。

時生たちはミズキを武智と勘違いし、笑顔で迎え入れる。しかしその武智は包丁さばきも、ドレッシング作りも下手で、イライラする時生。

ミズキは誠司のスマホに電話をする。すると、時生が持ってるスマホが鳴って、切れた。

そんな中、葵亭の固定電話に武智から来れなくなったと連絡がきた。では、今いる武智は何者?!

梅雨美は時生のスマホに電話するが・・・出たのは誠司。梅雨美は話しかけても電話の相手が答えなったため、電話を切る。

梅雨美は「誰かの手を借りるなという神のお告げ」かもしれないとポジティブに解釈。

時生は、神のお告げか分からないが、教えられたことがあるという。↓

時生「俺たちは時間にせかされるあまり、大切なことを忘れていた。仕事を楽しむことだ」

時生が差し出したドレッシングは、スタッフたちに好評で…。(つづく)

【ONE DAY】第6話の感想

【ONE DAY】第6話の感想です。

3パートが交錯し「面白い」「今季ダントツ」の声!

6話では、3つのパートがさらに交錯。あまり関わってこなかったレストラン編ですが、アネモネの笛花ミズキが関わってきましたね。ドタバタ劇なのは相変わらずですが…。

さらに査子ちゃんが笛花ミズキを尾行。危険ですが、面白くなってきました。

中村アン演じる柚杏の正体も警視庁職員と分かり、一体、何が目的なのかも興味がそそられますね。良くない噂がある蜜谷のことを追うということは、監察官とか?

次回の7話では、時生と桔梗の関係が明らかに!査子がアネモネに拉致!?と、急展開。楽しみです♪

【ONE DAY】第6話の出演者・スタッフ

【ONE DAY】第6話の出演者・スタッフです。

<出演者>

  • 二宮和也 中谷美紀 大沢たかお / 江口洋介 佐藤浩市 
  • 【逃亡編】 中川大志 松本若菜 中村アン
  • 【地方テレビ局編】 福本莉子 小手伸也 加藤諒 大水洋介 丸山智己 梶原善
  • 【レストラン編】 桜井ユキ 井之脇海 今井英二 栗原英雄

<スタッフ>

  • 【脚本】 徳永友一
  • 【音楽】 佐藤直紀
  • 【主題歌】 ミイナ・オカベ「Flashback feat. Daichi Yamamoto」(ユニバーサル インターナショナル) 
  • 【プロデュース】 成河広明
  • 【演出】 鈴木雅之 三橋利行 柳沢凌介
  • 【制作著作】 フジテレビ
ドラマ【ONE DAY〜聖夜のから騒ぎ〜】のキャストと相関図!二宮和也・大沢たかお・中谷美紀トリプル主演!
二宮和也・大沢たかお・中谷美紀トリプル主演の月9ドラマ『ONE DAY〜聖夜のから騒ぎ〜』(ワンデイ せいやのからさわぎ)がフジテレビ・月9枠で、2023年秋クールに放送!舞台はクリスマスイブの横浜。聖夜に起こった、男女3人が複雑に絡む1日を1クール(3か月)かけて描きます。原作なし・ドラマオリジナルのハートフル&ヒューマンドラマです。今回はドラマ【ONE DAY〜聖夜のから騒ぎ〜】のキャストと相関図などについて。
【ONE DAY】の視聴率一覧と推移!前作より高い?低い?
2023年秋のフジテレビ月9ドラマは【ONE DAY~聖夜のから騒ぎ~】。※以下、【ONE DAY】。二宮和也・大沢たかお・中谷美紀の3人が主演を務める話題作ですが、視聴率にどう反映するのか気になります。今回の記事では【ONE DAY】の視聴率と推移を総まとめにしてお届けします。

画像出典フジテレビ「ONEDAY」