スポンサーリンク

【おかえりモネ】41話|百音(清原果耶)の試験結果は?

おかえりモネ-41
https://realsound.jp/movie/2021/07/post-810878.html

【おかえりモネ】41話|百音()の試験結果は?

朝ドラ【おかえりモネ】第9週第41話が2021年7月12日(月)に放送されました。

第41話では、百音()に3度目の気象予報士試験の結果が届いて、菅波()と合否を確認して…

今回は【おかえりモネ】41話のストーリーと感想について。

【おかえりモネ】の配信情報
【おかえりモネ】の動画は、U-NEXTのNHKオンデマンドがオススメ。

ADVERTISEMENT

【おかえりモネ】41話のストーリー

【おかえりモネ】41話の内容は…

2016年1月。百音は、飛んでくるもの(今回はゆず)が取れない菅波が不思議だった。菅波は右脳の働きが極端に弱いから、と答える。(右脳は身体感覚を司るから)

百音はご機嫌だ。3度目の気象予報士試験を受けて、今度は以前の2回より手ごたえを感じていたから。

サヤカ()は菅波に気象予報士に合格した後の話しを聞いてないか、尋ねる。しかし菅波は「何も」とはぐらかす。

百音は気象予報の情報会社に興味を持っていたが、サヤカには話していなかった。

・・・翔洋(浜野健太)から「お囃子隊に入らないか」と誘われる百音。「次の定例会は4月だからそれまでに練習すれば」と言われる百音。

そんな中、樹齢300年のヒバの木の伐採が近づいていた。組合では伐採後の木材の保管場所について苦心していた。

木材は長期間の乾燥を必要とするが、何十年も先まで使える場所がなかなか見つからない。

「あちこち頼んでみるしかない」とサヤカ。

翔洋は、お囃子隊に百音はどうか、とサヤカに勧めた。サヤカは「楽器はトラウマみたいよ」と告げて、百音の参加はなくなった。

菅波は、中村から東京へ(ずっと)戻るよう伝える。東京の医師と差がついてしまうからだ。返事は4月、ということになった。

百音は気が付くと東京の気象会社を検索していた。

2016年3月。気象予報士試験の合否通知のハガキがきた。サヤカが見当たらないため、菅波に一緒にみてもらうことにする。今回は期待感が違うのだ。

「ガッといきましょ」と菅波。「行きますよお」目を閉じて開けようとする百音に、開けるよういう菅波。

ガッと開いたら、合格の文字があった。

「5%ですよ!嘘みたい!夢じゃないですよね!」舞い上がる百音。

自宅に戻ってサヤカに知らせようと声をかけてまわる。

ひとりになった菅波も「やった」と喜びを実感。机の者も散らかす始末。

そのころ、サヤカはひとりで登米能の練習をしていた。

ナレーション:おめでとうね、ほんとうによーく頑張ったね

【おかえりモネ】41話の感想

【おかえりモネ】41話は、ついにモネが気象予報士試験に合格!

うれしい、うれしい回となりました。

いつも冷静な菅波先生が動揺しているのが面白かったです。

そういえば菅波も東京行き、というか東京の病院に専念する話がありました。

これは百音の菅波のラブストーリーの続きを描きたいからでしょうか。

菅波先生の決断、気になりますね。

40話< >42話

関連記事:ネタバレ一覧へ

画像出典:NHK

コメント

タイトルとURLをコピーしました