【おかえりモネ】40話|亮(永瀬廉)「俺らが前を向くしかないんだ」に反響

おかえりモネ40
https://realsound.jp/movie/2021/07/post-808695.html

【おかえりモネ】40話

朝ドラ【おかえりモネ】第8週「それでも海は」第40話が2021年7月9日(金)に放送されました。

亮が新次()の苦悩を聞いた第39話。第40話では、亮()が自分たちの世代の将来について語り出すストーリーで…。

放送後、亮(永瀬廉)「俺らが前を向くしかないんだ」に反響!

今回は【おかえりモネ】40話のストーリーと感想について。

【おかえりモネ】の配信情報
【おかえりモネ】の動画は、U-NEXTのNHKオンデマンドがオススメ。

ADVERTISEMENT

【おかえりモネ】40話のストーリー

【おかえりモネ】40話の内容は…

新次が見つかった翌朝。宿泊した亮(永瀬廉)が「おはよう」と、縁側にいた百音()に声をかける。

波の音で起きたという百音。陸が久しぶりで起きたとうそぶく亮。船の生活、全然なれないし、親方は怖い。

「でもさあ、海は嫌いになれない。海に恨みはない」という亮。

百音が気象予報士試験の勉強をする部屋で、幼なじみたちはボードゲーム(人生ゲーム)を楽しんでいたが、ふとしたことで、自分たちの世代の将来について語り出す…。

県職員の試験に合格し、水産試験場での勤務を希望している未知()に「俺ら海仲間だ、がんばろうね」という亮。百音もうれしそうな笑顔。

東京へ行く明日美()は「逃がした魚はバカでかいからね」という。

きょとん顔な亮に、悠人(髙田彪我)が補足説明する。

明日美が東京で活躍したりセレブになったとして、今さら言いよっても相手しないってこと。

「でも仙台行ったときもそんなこといってたよね」と亮。

「は、私が変わってないってこと。今は色白で可愛い男の子の方が好きですぅ」と明日美。

「すーちゃんは都会が似合うよ」と亮。

三生()は「俺も大学いる間にでっかいことやる」といって、大学卒業後は寺を継ぐつもりでいることを明かす。

悠人の進路は、島に戻って市役所勤務だ。

「地元、最高だよな」と亮がポツリ。「どうしたよ、りょーちん」と三生。

亮は、「俺らは親たちと違うからさ…」と下を向きながら言った。

幼なじみたちが心配そうに亮を見つめる中、亮は訂正し「俺は親父とは違うから」とつぶやいて…

亮:「過去に縛られたまんまで何になるよ!こっから先の未来まで壊されてたまるかっつーの!俺らは俺らの好き勝手やって生きていく。音楽だなんだって、うちの仕事捨てたっていいし、地元好きなら地元盛り上げるにもいいし、大学行かずにさっさとやりたい仕事に就くのもいい。勢いで東京行ったっていい。急に苦手な勉強始めたっていい。俺らが! 前を向くしかないんだ。」と言い放つ。  

明日朝早く帰るからと、仏壇に手を合わせたいた百音。亜哉子()が声をかけてきた「好きなことしなさいね」と言った。百音の祖母にも言われた、と明かす亜哉子。

島に行きたいと言ったら、歓迎するけど、教師の仕事は続けなさい…と言われた。

「未知も。おいで」亜哉子は立ち聞きしていて未知を居間に呼んだ。

「私は学校の先生も、カキやホタテの仕事も、民宿の手伝いも全部好き。今まで好きなことやらせてもらったの。だからあなたたちも遠慮しないでね」と亜哉子。でも成人式の写真は撮らせてと頼んだ。「いつかね」と笑う百音と未知は、どれがいいかカタログで選ぶ。

立ち聞きしていた浩治は安心したのか缶ビール(?)をあけて、一人飲む。にぎやかな夜だった。

翌朝。帰る途中の百音が、漁港近くの海沿いに、ひとりでいる新次の姿を見つける。

「りょーちんのお父さん!ダメです!ダメです!ダメ」

百音は自殺を止めたつもりだが、すべって橋に捕まっただけだという。

海の上にみえる「けあらし」を見に来たと言う新次。亮の船も出たかなと見に来たともいう。

「昨日悪かったね」と新次。百音は「けあらし」を「蒸気霧っていうんです」と説明する。

海を見てつらくならないのか尋ねる百音。

新次は「海に恨みはないから」と言った。「りょーちんも同じこと言ってました」というと、「そうかそうか」と新次は言った。

<森林組合カフェの庭にて>

朝方。百音が縄跳びを5分以上飛びながら長く飛ぶ効果を菅波()に聞くと分からない、と真面目に答える。

「先生、わたし絶対に、合格します!」という百音。

菅波は寒くてくしゃみをした。

ナレーション:いつか子供たちがふと気づかせてくれるはずです。春は悲しいだけの季節じゃないよねって

試験まであと2日…(つづく)

【おかえりモネ】40話の感想

【おかえりモネ】40話は、亮(永瀬廉)と新次(浅野忠信)の「海に恨みはない」とシンクロした発言や、幼馴染が将来を語りあうシーンが魅力的でした。

あと、亜哉子(鈴木京香)の「好きなことしなさい」も、百音・未知は嬉しかったでしょうね。

『おかえりモネ』脚本の安達奈緒子さんはインタビューで、「親の気持ちを分かろうとし、大人が望む美しい物語に乗らなきゃと変な責任感を持ってしまう。悩み深い若者たちを、物語を通して解放してあげたい」と語っています。

大人の新次は過去に縛られて生きることが救いのようでしたが、未来ある若者たちは進みたい。だから縛られてたまるか、と…そんな決意が物語を通して感じられる、幼馴染たちのシーンでした。

大人と子供、両方の立場から描く脚本。もっと言えば、3世代。祖母の代から受け継がれている思いがドラマから伝わります。

いろいろあった百音の進路ですが、「絶対受かりたい」と強まっています。その段階がとても丁寧に描かれていますね。(悪く言うと劇的でないから地味ですが…そこは視聴者の主観の問題か)

【おかえりモネ】40話:亮(永瀬廉)「俺らが前を向くしかないんだ」に反響

震災で母を亡くし、落ち込む父・新次を支えるため船に乗って働く「りょーちん」こと亮。

ネット上には「吐き出していいんだよ」「優しいね」「強いね」「泣くよ」「号泣」などのコメントが集まっていました。

40話より以前、りょーちんが「大丈夫」と言っていたシーンがとても我慢していたので、やっと抱えている思いを吐き出せたことで、視聴者もほっとしたようです。

39話< >第9週・41話

関連記事:ネタバレ一覧へ

画像出典:NHK

コメント

タイトルとURLをコピーしました