スポンサーリンク

【おかえりモネ】51話|百音(清原果耶)が初出勤!

おかえりモネ51
https://www.daily.co.jp/gossip/2021/07/25/0014533598.shtml

【おかえりモネ】51話

朝ドラ【おかえりモネ】第11週第51話が2021年7月26日(月)に放送されました。

百音()は気象予報士として働きはじめます。

菅波()からは会社に採用になった報告に対し、つれない返事。

百音はモヤモヤした気持ちで初出勤へ…!?

今回は【おかえりモネ】51話のストーリーと感想について。

【おかえりモネ】の配信情報
【おかえりモネ】の動画は、U-NEXTのNHKオンデマンドがオススメ。

ADVERTISEMENT

【おかえりモネ】51話のストーリー

【おかえりモネ】51話のあらしじ

、気象予報士として働きはじめる。百音は大いに意気込むのだが、からは採用の報告に対して[がんばってください]という、そっけない返事しかなく「これだけ?先生はこんなもんか。長文送り付けた私が恥ずかしいんですけど」と思う。しかし「恥ずかしい?なんで」とモヤモヤ。

百音(清原果耶)は、無事ウェザーエキスパーツに採用され、菅波(坂口健太郎)へメールで送った。

百音:「菅波先生、東京に来ました。さっそくいろいろありましたが、おかげさまで無事、朝岡さんのいる会社で採用されることになりました。バイトですけど。気象の仕事は、ほんの少ししか見ていませんがとっても、とっても面白そうで、今興奮しています。東京に来て本当に良かったと思います。」

朝岡()や莉子()と共に朝の情報番組を担当することになった。

夜、気仙沼の未知()へ電話すると、未知も水産試験場で希望の部署に配属が決まったという。姉妹は電話でお互いを励まし合う。

未知は、りょーちんとは魚市場でたまに話しているという。

翌日午前2時に起床した百音。何か音がすると思って、銭湯の方へ行くと、電気がついたり消えたり!?そして消えて、人影が走り去るのが見えた。「あっ」百音は驚いて…(つづく)

【おかえりモネ】51話の感想

51話は、百音の初出勤日。スーツでびしっと決めて行きました。初々しいですね。

しかし毎朝2時起きとは、慣れるまで大変そう。

そして相変わらず、菅波先生とはヤキモキする進展のなさ(笑)これ、最後までこの感じなのでは?

未知とりょーちんとの様子も描かれましたが、回想シーンなし。漁師のりょーちんもまた見せて欲しいです!

50話< >52話

関連記事:ネタバレ一覧へ

画像出典:NHK

コメント

タイトルとURLをコピーしました