【オクトー】9話のネタバレと感想!風早(浅香航大)と平安(船越英一郎)の親子対峙に号泣!

オクトー

【オクトー】9話のネタバレと感想!風早()と平安()の親子対峙に号泣!

【オクトー】9話が9月1日に放送されました。

朱梨()と風早()が15年前の事件の真相に迫ります。

風早が平安と()と対峙!
親子対決に大注目!

モロ師岡、登場回!

日本テレビ【オクトー~感情捜査官 心野朱梨】9話のネタバレと感想を紹介します。

見逃し配信:【オクトー】1話から最新話まで、全エピソードは、Huluで鑑賞できます。(2022年9月現在、最新情報は公式サイトでご確認ください)

【オクトー】9話のネタバレ

【オクトー】9話のネタバレを紹介します。

15年前

15年前、東神奈川署。

朱梨の父=心野陽介(豊本明長)が勤務するのは刑事第一課。

署長は平安()、刑事には雲川()と小野寺()がいる。
小野寺は彼女とこの頃会えていないといい、雲川にからかわれている。

**

陽介と平安。

陽介は連続殺人事件の資料を見ている。

容疑者は綿貫猛司。
証拠不十分で起訴できずにいる。

偽名には歴史上の人物名前を使用。
ひとり殺しては別の街に行き犯行を重ねる。
凶器は毎回変わるが刃物であること。殺害後、遺体の手のひらに×印をつける。綿貫は、子どもの頃、母親に手のひらを切られていた。

**

ふたりは帰ることに。

子供の話をするふたり。そこに、陽介を迎えに紫織()と朱梨が来る。綿貫は平安に、息子に連絡するようにと言う。

事件を追う朱梨と風早

現在。

事件の資料を見る朱梨()と風早()。

朱梨の両親殺しの犯人が綿貫とされたのは、手のひらに×印があったから。
陽介は個人的に綿貫を追っていた。動機は口封じとされていた。

朱梨は綿貫ではなく小野寺が真犯人だとしたら、動機は何だったのだろう、疑問を持つ。すると、雲川()が「薬物横流しの件。口封じだろう」と言う。

物証はない。それは消されているということだ。

「物証がないならやることはひとつ」と雲川。

**

雲川と風早。

雲川は、陽介は小野寺の横流しについて知っていたと考えている。
「あの人が見逃すわけはない」と、陽介を想い涙をこらえる。

風早は雲川を疑ったことを謝る。

陽介が殺され、その直後に小野寺が辞めた。そして、小野寺の不正が消されていた。

「謝るのはお前じゃないだろう」
雲川は風早に言う。

**

取調室。

東神奈川署にいた元刑事第三課課長の棚田雅彦(モロ師岡)を取り調べる。

朱梨は陽介のことを知りたいと言う。

棚田は陽介のことを知っていた。朱梨は棚田の瞳を見ながら、スケッチブックに色を塗る。

「何も覚えていない」と言い張る棚田。

しかし、棚田から恐れの感情色が見える。「覚えているはずだ」と朱梨。

小野寺のことを訊ねるが「覚えてない」の一点張り。

そこに雲川が資料を持ってやってきた。

「小野寺が横流しをしていた組織との間に立っている人物がいる。当時3課にいた人間と記されている」と雲川。

棚田は「(仲介をしていたのは)俺だ」と自白。

本当はそんな事実は何も書いてはいない。雲川がカマをかけたのだ。

棚田の話から、陽介は小野寺が横流しをしていたことに気づいていた。陽介がそのことを知っているのを小野寺は知っていた、とわかる。

風早と平安の親子対決

風早は平安に話を聞くという。

朱梨は風早と平安が親子だということが実感がわかない。言いづらいことを平安に言わなければいけない。朱梨は「私も行きましょうか」と風早を心配する。

風早は大丈夫だと決意を口にする。

**

風早は平安と話をする。

風早は資料に謝りがあったと告げる。

薬物横流しをしていたのは小野寺。陽介もそれを知っていた。
横流しに気づいた陽介は小野寺に辞めるように言った。小野寺は納得せず、陽介夫妻を殺し、綿貫の犯行に見せるために傷をつけた。

(平安は)真犯人が小野寺だと気づいていたのでは。この資料はどこで手に入れたのか、どこかにメモが残されていたのでは、それは陽介のメモじゃないか。

風早は平安に自分の推理を告げる。

**

15年前。

平安は小野寺にお前がやったのかと殴りかかる。小野寺は「はい」と答え、平安に膝まづきすがり、見逃して欲しいと懇願。

風早は、平安が組織のために小野寺を見逃したのか、と責める。すると「違う」と平安。

綿貫が犯人であれば、陽介の無念を晴らすことになる。だから、小野寺の罪を隠ぺいしたという。

平安は、紫織はいつ記憶を戻すかわからない、朱梨もいた。いつかどちらかが、小野寺が犯人だと気づくかもしれない。だから、監視をしていたのだ。

風早は、この話をボイスレコーダーに録音していて、この件は公表する、と告げる。

しかし、平安は「無駄だ」という。

こんな不祥事は公にすべきではない、という平安。

風早は15年前の事件で苦しんでいる人がいる、このままじゃいけない、と訴える。

俺が憧れていた父はそんな男だったのか、と嘆く風早。
そして、待ち合わせたこの場所が想い出の場所だと話しだす。

風早が子供の頃。この場所で平安と街を見下ろした。

「警察という仕事はここで暮らす人を守るためにある。誰が何と言っても正義を貫け」そう言った平安。

そんな父を追いかけ、認めてほしくて警察官になったのだ。

「父さん、これでいいのか」とくらいつく風早。

平安は、風早が子供の頃のことを思い出す。

そして覚悟を決める。

「こんな証拠だけじゃ無理だ、お前だけの力じゃ無理だ、このことは私の手で公にする。もういい。辛かったな。俺みたいになるんじゃないぞ」と風早を抱きしめる。

平安の記者会見

平安は記者会見で事件の全容を公表する。

事件の隠ぺいを行ったのは自分であり、職務を辞する、とも。

記者会見後、平安は朱梨に頭をさげる。朱梨は陽介がメモを残していたのは、平安のためだったのだろうと言う。陽介は平安を心から信じていたからだ。

朱梨は、平安が紫織の見舞いにくるたび、罪悪感の色が見えていたという。

そこに、風早が。平安に「ありがとう」と頭を下げる。

朱梨は平安の瞳を見つめる。

平安から感情色を見る朱梨に、平安は「どんな感情が見える?」と訊ねる。
朱梨は「いつか感情に気が付くと思います。その時は素直に向き合ってください」と答える。

背を向ける平安に風早が「父さん」と呼び止める。

いつか、酒でも飲めたらいいですね、風早の言葉に、平安は「そうだな」と答えた。

もうひとつの事件の犯人

東海林隆三(住田隆)を取り調べる。

聞き込みの時、不安の感情が見えたのがキッカケ。事件のことを聞いただけなのに、と不思議だった。

東海林は、友人にはアリバイを頼んでいた。家長や鴨井に借金があった。

15年前、鴨居不動産の社長夫婦を殺したのは東海林だった。大和の父の家長(水澤紳吾)に容疑を被せ、殺して埋めたのだ。そして、大和()に手紙を出した。

**

朱梨と風早は大和に会いに行く。大和はすぐに気持ちの切り替えはできない。でも、それでいいと思う、と朱梨は言う。事件が解決したからと缶コーヒーで乾杯をする。

大和は家長と「いつかコーヒーを飲もう」と約束したことを思い出す。

小野寺が自首!

その帰り、風早は心梨にお礼を言う。

平安からは「愛」の感情が見えたという。

「愛って誰?」という風早に心梨は笑う。

「そんなの、ひとりしかいないじゃないですか」

**

朱梨は、紫織の手を握り「犯人がわかったよ」と伝える。

**

朱梨は気になっていた。

小野寺の目から見えた感情色は黒。

口封じだけじゃなく、平安が知らないことがあるのかもしれない、と。

小野寺を見つけるしかない、と風早。

この時、自首をしてきた人物がいる。それは小野寺。

「ひさしぶり」と小野寺はアイスを食べながら二人の前に現れた。

<続く>

【オクトー】9話の感想

【オクトー】9話の感想を紹介します。

次回最終回は寂しい

先生が怪しい

風早と平安の親子に涙

の演技に拍手

【オクトー】9話のまとめ

【オクトー】9話は、15年前の事件が描かれ、風早と平安の対峙に号泣の物語。
風早が平安を「父さん」と呼び、平安が風早を「涼」と名前で呼ぶ。刑事でありながら、ふたりは親子。ぐっとくる愛情に涙が止まりませんでした。
朱梨の両親を殺したのは小野寺のようですが、まだ謎は残っています。平安が知らない何かはなんなのでしょう。堂々と自首をしてきたことにも意味がありそうですね。精神科の甲本先生が怪しいの声も多く、確かに、何か絡んでいるとも思われます。次回は最終回です。事件の真相は?姉には感情が戻るのでしょうか。絶対に見逃せません!

次回予告

・紫織が涙!

・朱梨が犯人と向き合う。

衝撃の最終回、お楽しみに♪♪

記事内画像:【オクトー~感情捜査官 心野朱梨】公式サイト

コメント