【おちょやん】14週のネタバレ!千之助(星田英利)と万太郎(板尾創路)の対決の勝敗は?

【おちょやん】14週のネタバレ!

杉咲花主演のNHK朝ドラ【おちょやん】第14週「兄弟喧嘩」(3月8日から12日)のあらすじをネタバレ

千之助(星田英利)と万太郎(板尾創路)の因縁、と対決が見どころの第14週。いったい、何があったのか。勝つのはどっちなのか?ネタバレ紹介します。

朝ドラ【おちょやん】キャスト一覧!杉咲花が「大阪のお母さん」に!

【おちょやん】の視聴率と最終回ネタバレ!千代(杉咲花)の恋と女優業の結末は?


ADVERTISEMENT

【おちょやん】14週のネタバレ

朝ドラ【おちょやん】第14週のあらすじネタバレです。

千代(杉咲花)大忙し

昭和7年(1932年)。天海一平()が二代目天海天海を襲名してから3年の月日が流れた。

鶴亀家庭劇は道頓堀で順調に人気を上げていく。

千代(杉咲花)と一平の結婚生活はというと・・・一平が毎晩のように劇団員を家に呼んで酒を飲むので、大忙し。

セリフを覚える暇もない千代は不満だ。「あんたがええ本書けるのは誰のおかげやっちゅんねん」

そんな千代の不満を受け止めてくれるのは、岡安のシズ()だ。千代にとっては岡安は実家のような存在。

チャップリンの初来日

一方、世界の喜劇王チャップリンの初来日のニュースが大々的に報じられる。新聞もファンも大盛り上がりだ。

大山鶴蔵(中村鴈治郎)は、世界の喜劇王と日本の喜劇王の顔を盛り上げるため、ある事を画策する…

それは…鶴亀家庭劇と万太郎一座のどちらかのうち、一人でも多く客を呼べた一座が、世界の喜劇王チャップリンに、道頓堀を代表して喜劇芝居を見せることができるという企画。

大山社長(中村鴈治郎)発案の、千之助(星田英利)と万太郎(板尾創路)の一騎打ち!

千代(杉咲花)は、鶴亀家庭劇が世界に認められれば…と胸が高鳴る。

  • チャップリンが最初に来日したのは1932(昭和7)年のことなので史実どおりです。
  • 五・一五事件で暗殺されるはずだったが、てんぷらを食べたくて首相官邸へ行かなかったという説があります。

千之助(星田英利)ムキになる

一方、いつも以上に強引でムキになる千之助は、「あいつのことは誰よりもわしがしってる。わしの言うとおりにしてたらええ」と、台本を自分で書くと言い張る。

しかし千之助の書いた台本はまったく面白くなかった。

「こないな本なら万太郎にかつどころか家庭劇の評判を下げる」と一平は言い放つ。そんなことも分からないなら一緒にやれない!という一平。

千之助はそれなら辞めろ、と暴言。収拾がつかない。

万太郎(板尾創路)の自信

鶴亀家庭劇の座員・小山田正憲が万太郎一座に捕まった。千之助から万太郎一座を探れ、と言われたため、次の公演の台本を盗もうとしたのだ。

小山田を助けに来た千代(杉咲花)。万太郎一座の連中に取り囲まれ、絶体絶命の二人。

その時、万太郎(板尾創路)本人が現れ、頭を下げて謝る千代に、意外にも台本なら好きなだけ見ればいい、手の内を知られても「家庭劇」にそれ以上やれるわけがない、と自信をみせつける。

「他にも知りたいことがあったら、何でも答えたんで」と言う万太郎。

千代は思い切って、千之助(星田英利)がなぜ万太郎を目の敵にするのか、過去に何があったのか、二人の因縁を聞き出す…

千之助(星田英利)と万太郎(板尾創路)の因縁

千之助(星田英利)と万太郎(板尾創路)の因縁は、二十年以上前にさかのぼる。

当時、売れない歌舞伎役者だった万太郎と千之助が始めた「須賀廼家兄弟一座」は人気を博した。

ふたりは兄弟のように息がぴったりで、人気を二分する看板役者だった。

しかし、ある日突然、千之助は出番を奪われてします。

「お前と一緒に芝居してても退屈や」

万太郎は千之助の芝居を独りよがりと決めつけて、ほかの劇団員たちの前で笑いものにして切り捨てた。

「恨まれて当たり前や」という万太郎。

千代は万太郎に憤り、なぜそんなことをしたのか尋ねる。

「決まってるやろが、おもろいからや」と万太郎。

週タイトル「兄弟喧嘩」は、万太郎(板尾創路)と千之助(星田英利)が「須賀廼家兄弟一座」で兄弟のような関係だったことに由来しているのでしょう。

家庭劇が勝つために

「家庭劇は絶対に勝てない。理由は千之助に聞け」

万太郎に言われた千代(杉咲花)は急いで戻り、千之助の家に上がり込む。

姿をくらまそうと準備していた千之助に、どうして鶴亀家庭劇が絶対に勝てないのか、どうすれば勝てるのか、千代は食ってかかる。

「これが勝てへん理由や」…千之助は万太郎がからむと冷静さを失う。そんなんでは勝てない、ということだった。

その夜。一平と千代が珍しく2人だけで過ごしていると、千之助が現れる。逃げる途中、万太郎に会って、とっさに隠れた。こんな自分に腹がたったという。

万太郎に勝ちたいのは憎いのでなく、認めてほしいから――「頼むわ。万太郎一座に勝てる芝居を一緒に作ってくれ」と千之助。

兄弟喧嘩の結末

一平と千之助は、試行錯誤の末に、親子関係であると同時に師弟関係でもある父と息子の物語『丘の一本杉』を作る。

台本を読んだ劇団員たちもやる気になり、バラバラだった家庭劇はひとつに!

お芝居は笑って泣けると、大盛況。客席には万太郎がいて、満足そうに千之助を見つめていた。

千秋楽の幕も下りた。熊田が勝敗を告げる。両劇団とも3万人を超える来場者だったが、15人の僅差で、勝ったのは万太郎一座

けれど、全力を尽くして負けた千代たちは不思議と悔しさがなかった。

居酒屋でひとり酒を飲む万太郎に千之助が近づく・・・結局、万太郎はチャップリンとは会わなかった。世界よりも家庭劇に圧倒的に勝つことが先決だという。

千之助:「けど久々に見せてもろうた。兄さんのホンマ楽しそうな顔。」

万太郎:「まだまだや。もっと楽しませてもらわんと、お前を切り捨てた意味があれへん」

ふたりは互いに自分こそが喜劇追うだと張り合い、笑いながら、火花を散らす。

【おちょやん】14週の見どころ

第14週は、千之助(星田英利)と万太郎(板尾創路)の因縁、と対決が描かれました。

2人とも吉本興業の所属で、板尾創路さんが吉本総合芸能学院(NSC)4期生、星田英利さんがNSC大阪校9期で、現実でも先輩後輩ですね。

2人の火花を散らす対決週。喜劇役者を演じているのが本物のお笑い芸人という、これまた絶妙なキャスティングもあって、かなり見応えのある2人のお芝居になりそうで楽しみです。

当記事画像出典:Amazon

コメント

タイトルとURLをコピーしました