スポンサーリンク

【おちょやん】87話のネタバレと感想!寛治(前田旺志郎)が満州で裏切り!?

【おちょやん】87話のネタバレと感想!

杉咲花主演の朝ドラ【おちょやん】18週87話が4月6日に放送されました。

寛治(前田旺志郎)が満州へ行きたいと言い出して涙の別れの回。ですが、まさかの裏切り!?

今回は【おちょやん】87話のネタバレと感想について。


ADVERTISEMENT

【おちょやん】87話のネタバレ

千代()と一平()の家は、運良く空襲を免れ、住む場所を失ったみつえ親子が居候することになった。そんな折、寛治(前田旺志郎)が満州に渡り、慰問団に入って給金を仕送りすると言い出す。

千代と一平は大反対するが、寛治は、千代と一平、そして劇団のおかげで初めて人の役に立ちたいと思うようになった気持ちを真剣に語るのだった。

数日後、朝早くに旅立とうとする寛治を前に、千代は毎月お給金を送ることを条件に突き付ける。無事だという証拠が千代は欲しかったのだ。夫を戦地へ送り出したみつえのつらさが身に染みてわかる千代だった。

ある日、千代が芝居をしていると警官に不謹慎だと責められる。千代は芝居を通してこれまで慰問などで国に貢献してきたと反論。そこへ万太郎(板尾創路)がやってきて正気でないんや、とごまかし、無事に見逃してもらえた。

3か月後、昭和20年7月。寛治からの手紙と送金は初めのひと月で終わっていた。千代は心配でたまらない。そのころ、満州では寛治が女性と遊んでいて…(つづく)

【おちょやん】87話の感想

寛治(前田旺志郎)が満州へ行きたいと言い出した理由は、人の役に立ちたいから。

心配な千代は、生きている証拠が欲しくて送金を約束しました。

感動的な展開だったのですが…

ラストのあれは何ですか!?(笑)

女性が接待してくれるお店?今でいうキャバクラっぽいですよね。

人は環境に流される弱い生き物ですが、まさか寛治が!いや、お金を泥棒したり、嘘ついたりできるやるですが、いいやつだったと思ったのですが・・・

嘘であってほしい。勘違いであってほしい。と思った18週第87話でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました