【おちょやん】61話のネタバレと視聴率!千代ラップが話題!?

【おちょやん】61話のネタバレと視聴率!

朝ドラ『おちょやん』第61話が3/1(月)に放送!

放送後、ちよ・ちよ・よよよ…となった「千代ラップ」が話題で…

今回は【おちょやん】61話のあらすじネタバレ、視聴率、感想などを紹介!

【おちょやん】の視聴率と最終回ネタバレ!千代(杉咲花)の恋と女優業の結末は?


ADVERTISEMENT

【おちょやん】61話の視聴率

【おちょやん】61話の視聴率は、17・4%!

(視聴率はビデオリサーチ調べ・関東地区・世帯)

【おちょやん】61話のあらすじ

千代()は、道頓堀で起こった放火騒ぎが弟のヨシヲたちの仕業だったと、劇団の仲間たちに謝る。一方、一平()は突然、岡安を出ていき、部屋を借りて一人で暮らし始める。お茶子たちは、一平に“いい人”ができたのではとうわさする。ヨシヲと別れた夜以来、一平に対して気まずい思いを抱く千代だったが、岡安のハナ(宮田圭子)から一平へのお使いを頼まれてしまう。新居を訪れると、部屋の中から女の声がして…

【おちょやん】61話のネタバレ

千代は一平に抱きしめられたあと、「俺と一緒になれへんか?」と持ち掛けられる。千代は「何言うてんの」と冗談にした。

千代は劇団の仲間たちに謝ると、許してもらえた。そればかりか、今度あったら教育すると笑う仲間たち。

舞台にて。一平との芝居にて、千代は一平のプロポーズを思い出して動揺してしまう。

一平は突然、天王寺に家が見つかったため引っ越しをする。

女中たちは「なんかあったんやろか。ええ人できたんやろか」と噂する。千代との関係には気づいていないようだ。

千代は、お家さんから頼まれて、一平の住まいへ食事を届けた。すると、鶴亀家庭劇の座員・石田香里(松本妃代)がいて、食事の世話は私がすると言われてしまう。

帰ろうとする千代。いい人ができたのだと理解したのだ。しかし一平は千代のせいで岡安を出たと言い出す。そこへ、「一平さーん」と甘い声で呼ばれた。一平がひいきにしている芸子の雛乃(成瀬綾乃)、夕鷺(桑野藍香)だ。

にぎやかに食事をする中、大山社長が一平の家にやってきた。引っ越し祝いだけでなく、話しがあるという。

「機は熟した。親父さんの名を継げ!」

奥で聞いていた仲間たちが話しの場にかけこむ。お祝いの飲み直しをしようと盛り上がる中…

一平が二代目の襲名を断って!?

【おちょやん】61話の感想

一平が千代にプロポーズという急展開!

しかしドキドキする間もないうちに、「ちよちよ、よよよよ」という感じの回想シーンがおかしすぎて笑ってしまいました。

ネットでは「千代ラップ」として話題になっています。

当記事画像出典:Amazon

おちょやん
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】

コメント

タイトルとURLをコピーしました