【おちょやん】11話のあらすじと視聴率!杉咲花へ成長に「違和感なし」と反響!

【おちょやん】11話のあらすじと視聴率!

主演の朝ドラ【おちょやん】第11話が12/14(月)に放送されました。

放送後、毎田暖乃から杉咲花へ成長に「違和感なし」と反響!

今回は【おちょやん】11話のあらすじネタバレ、視聴率、感想などを紹介!


ADVERTISEMENT

【おちょやん】11話の視聴率

【おちょやん】11話の視聴率は18・4%(関東地区)

前回から0・1ポイントダウンでした。ここまでの最高視聴率は初回の18・8%です。

(視聴率はビデオリサーチ調べ・世帯・リアルタイム)

【おちょやん】11話のあらすじ

大正13年、秋。千代(杉咲花)が道頓堀の芝居茶屋・岡安へ奉公に来て8年がたった。千代は、おちょぼさん=「おちょやん」を卒業してお茶子として一人前に仕事をしている。

そん中、時間さえあれば相変わらず芝居に夢中の日々だ。早川延四郎(片岡松十郎)の演技がいいと支配人に告げる千代。彼は最後の舞台だという。

とある夜。岡安の女将シズ()から呼ばれた千代。またやらかしたかと思って身構える千代。しかし思いがけず、自分の将来のことを問われた。千代はまもなく数えで18歳になり、千代の奉公が終わる年季明けが近づいていたのだ。

困惑する千代は、ここに置いてほしいと考えもせずに告げる。シズは、「本当に自分がやりたいことは何なのか」考えるようにと言う。

千代は、生まれて初めて、自分のこれからを本気で考えるようになる。これまでは生きることだけが精一杯だった千代。母の形見のガラス玉を天にかざし、どうしたらいいかと考えた。

ある日。劇場支配人の熊田があわてていた。だれかを探しているようだ。千代は、乞食たちに余った弁当を渡す。すると、布に包まれた者が「乞食にほどこしは受けない」という。

「何いうてんの、あんたも乞食やんか!」千代が声をかけると、「違う!」と毛布を取ったその人物は、かつて千代が初めて見た舞台で憧れた女優・高城百合子(だった!

【おちょやん】11話の感想

杉咲花ちゃんが第3週から本格的に登場。笑顔が可愛らしくて、見ていて癒されます。

子供の千代がいなくなった時、見つけてくれたのが乞食たち。

今度は、8年後の千代が乞食たちに余りの弁当をわけています。

なんだか優しい世界です。貧乏育ちの千代が明るく元気に働いていて、本当にすがすがしい。

自分の人生、千代はどう切り開いていくのでしょうか。杉咲花ちゃんの千代の今後に期待!

【おちょやん】11話の評価・評判

杉咲花へ成長した8年間が目に浮かぶような脚本・演出・演技で、視聴者から「違和感なし」と反響がありました。

たしかに、あの千代なら乞食にそう接するだろうな、というキャラクター。

そして、口も達者な感じが引き継がれていますよね。大好評だった子役パートですが、杉咲花パートも多くの視聴者から支持を集めそうです。

10話> 12話

当記事アイキャッチ画像出典:Amazon

コメント