スポンサーリンク

【殴り愛、炎】のキャスト一覧と相関図!山崎育三郎よりも水野美紀の登場に期待大!?

【殴り愛、炎】のキャスト一覧と相関図!山崎育三郎よりも水野美紀の登場に期待大!?

2017年【奪い愛、冬】、2019年【奪い愛、夏】、鈴木おさむさん脚本のドロドロの愛憎劇を描いた人気ドラマ最新作がテレビ朝日系「金曜ナイトドラマ」に帰ってきます。

その名も【殴り愛、炎】。主演は山崎育三郎さん、ヒロイン役の瀧本美織さんを巡る愛憎劇に狂って行く様を演じます。

ですが、山崎育三郎さんよりも水野美紀さんの登場に期待が高まっています。一体なぜでしょうか。

今回の記事では【殴り愛、炎】のキャストと相関図、見どころなどを紹介いたします。

「殴り愛、炎」配信情報

【殴り愛、炎】はAbemaTVで配信中です。

前身となった【奪い愛、冬】も配信しています。さらにAmemaTVなら続編の【奪い愛、夏】も配信しています。

※ 全て2021年3月4日(木)の情報です。 最新の配信状況、価格については公式サイトをご確認ください。


ADVERTISEMENT

【殴り愛、炎】のキャスト

【殴り愛、炎】のキャストを紹介します。

主役の2

山崎育三郎(役:明田光男)

明田総合病院の心臓外科医。その優秀な医学で多くの人を救ってきたスーパードクター。“この手は人の命を救うためにある”を信条とし、人を殴ったこともない心穏やかな性格。

同じ病院に勤める看護師の豊田秀実と婚約をしている。

ところが病院に緒川信彦という男が入院してきたことで、光男の運命の歯車が狂いだす。

瀧本美織(役:豊田秀実)

明田総合病院に勤める看護師、明田光男の婚約者となる女性。

光男とは対照的に豊かな人生ではなかったが、工事現場で働く父親(片親)から愛情をたっぷりと受けて育てられた。

光男との幸せを手にする直前、高校時代に思いを寄せていた先輩・緒川信彦が入院してくる。

愛憎渦巻く3人の主要人物

市原隼人(役:緒川信彦)

豊田秀実の高校時代の先輩。今は経済的に厳しいが将来を有望視されている若手陶芸家。

心臓の持病で発作を起こし、明田総合病院に緊急入院。光男の手術で命を救われる。

その一方、高校時代に“ある理由”で振った秀実に段々と心が惹かれ始めてしまう。

酒井若菜(役:徳重家子)

明田光男の父・恒夫の友人の娘で大企業の社長令嬢。過去にはその美貌を生かしてモデルをしており、現在では恒夫の秘書をしている。

光男とは幼馴染の関係…ではあるが好意を寄せ、結婚するのは自分だと思い込んでいた。

平凡な人生なのに光男と結ばれようとしている秀実に嫉妬。信彦の想いも利用し、光男を振り向かせようと暗躍する。

永井大(役:鈴川倫太)

明田光男の父・恒夫と愛人の間にできた子。光男の腹違いの兄に当たる。

昔は明田総合病院で外科医をしていたが“ある事情”から心療内科医として働いている。業務を淡々とこなす一方で、ことあるごとに親に金をせびっている。

優秀で実の母親からも溺愛されている弟への嫉妬心も秘めている。

さらに秀実のことを気に入っていると同時に“とんでもない秘密”を握っているようで。

主人公の親族

西岡德馬(役:明田恒夫)

明田総合病院の院長で、光男と倫太の父。

優秀な光男を誇りに思う一方、親の脛をかじり続ける倫太を煩わしく思っている。

石野真子(役:明田良枝)

明田光男の母、おっとりとした性格。息子・光男溺愛し彼の幸せを最優先に考えている。

が、婚約者の秀実に対しては(庶民育ちの為か)厳しい態度を取り続けている。

【殴り愛、炎】の相関図

【殴り愛、炎】の相関図。

殴り愛、炎 相関図2
  • 青:血縁関係
  • 赤:敵対関係
  • 桃:恋愛関係
  • 黄:良好?関係
  • 紫:暗躍

【殴り愛、炎】の概要

前編あらすじ

主人公で心臓外科医の明田光男(山崎育三郎)は看護師・豊田秀実(瀧本美織)との結婚を控えていた。

  • 凄腕のスーパードクターと持てはやされ
  • 父・恒夫(西岡德馬)から病院を受け継ぐことも決まっており
  • 美しい婚約者

と絵に描いたような勝ち組人生で幸せの絶頂いる光男。

ある日、緒川信彦(市原隼人)という男が心臓発作で運ばれてくる。光男は緊急手術で彼の命を救う。

ー信彦との出会いが自分の運命を大きく狂わせることになるー

この時の光男は知る由もなかった。

実は信彦は秀実が高校時代に告白し、振られた相手だった。

さらに光男に想いを寄せる幼馴染・徳重家子(酒井若菜)が3人の関係を知ってしまう。

  • 信彦に「秀実が光男のDVに悩んでいる」とデタラメを流す
  • 「秀実はまだ信彦のことが好きなんです」と焚きつける

など家子は秀実からから奪うためにありとあらゆる手を使っていく。

一方、光男も「秀実は信彦のことを好きだったのではないか」と勘ぐり始めていた。

信彦の退院の日。病室で秀美と2人っきりになった信彦は想いが抑えきれず、抱きしめてしまう。

そんな危うい現場に光男が踏み入れてしまうのだった。

スタッフと主題歌

脚本鈴木おさむ
【奪い愛】シリーズから継続
ゼネラルプロデューサー横地郁英(テレビ朝日)
プロデューサー川島誠史(テレビ朝日)
菊池 誠(アズバーズ)
演出樹下直美
制作協力アズバーズ
主題歌清 竜人『Knockdown』
(ソニー・ミュージックレーベルズ)
製作著作テレビ朝日

放送日

放送局テレビ朝日
放送日時【前編】4月2日(金)
【後編】4月9日(金)
放送時間23:15~
(※一部地域を除く)

【殴り愛、炎】水野美紀の狂気が山崎育三郎に乗り移る!?

  • 2017年【奪い愛、冬】
  • 2019年【奪い愛、夏】

2作連続で出演し視聴者に強烈なインパクトを残した水野美紀さんの再登場に期待の声が寄せられています。

水野美紀は?!今回はさすらないの?!

殴りめっちゃ楽しみなんだけど、美紀さんは?

【奪い愛】シリーズでの水野美紀さんの役柄

【奪い愛、冬】森山蘭

信()の妻。彼のことは卑劣な手段を用いて奪い取った。

主人公・光()に惹かれる信に激しい嫉妬心を抱く。

【奪い愛、夏】花園桜

主人公、年商100億円のマッチングアプリ会社の社長で目的の為には手段を選ばない恐ろしい女。

社員であり、想いを寄せる桐山椿()を空野杏()から奪おうとする。

特に【奪い愛、冬】第3話で友達の家に行くふりをして2人を家に誘い出しキスの現場を押さえた後、

「見てたよ~」

となぜか家にあるロッカーから登場するシーンは鳥肌ものの恐怖でした。

そして、今回の【殴り愛、炎】予告の時点から水野美紀さんが信を問い詰める時に言い放った名台詞

「違わないよーーーー!!」

と同じ台詞が炸裂しています。

まるで水野美紀さんが山崎育三郎さんに乗り移ったかのようです。

水野美紀さんが登場するかは分かりませんが、【殴り愛、炎】もドロドロの愛憎劇が繰り広げられることでしょう。放送が今から楽しみです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました