【ミス・ターゲット】6話の感想!世界一きれいな花嫁姿で逮捕されたすみれに視聴者涙!

ミス・ターゲット6話
※当サイトのリンクには広告が含まれます

【ミス・ターゲット】6話の感想!世界一きれいな花嫁姿で逮捕されたすみれに視聴者涙!

日10ドラマ【ミス・ターゲット】6話「結婚詐欺師、愛を誓う」が5月26日に放送されました。
6話では、ついに1話の冒頭シーンに物語が追いつきます。

1話の始めに、すみれが結婚式場で逮捕されるシーンがあったね。6話でそこに追いつくのか!

とうとうこの日が来てしまったわ。すみれと宗春には幸せになってほしいのに。

それでは、視聴者の涙を誘った【ミス・ターゲット】6話の感想をお届けしていきます。

【ミス・ターゲット】6話では、ついにすみれ逮捕!
朝倉すみれ(松本まりか)は自分が結婚詐欺師であることを告白するが村松宗春(上杉柊平)は信じない。
・すみれと宗春は稲垣由衣(田中真琴)に頼まれてブライダルフェアの模擬挙式に出ることに。
轟武蔵(八嶋智人)は騙されていたことを知りすみれを刺そうとするが村松竜太郎(沢村一樹)に逮捕される。
馬淵弥生(筒井真理子)はすみれの母・(白石美帆)から預かった手紙をすみれに渡す。
・模擬挙式の最中に竜太郎が踏み込み、すみれに手錠をかける。

【ミス・ターゲット】6話の感想

轟の純情に泣く

ミス・ターゲット6話

あなたのこと信じてたのに。いや…愛してたのに。

轟を演じた八嶋智人さんの笑顔と泣き顔と怒りが入り混じった表情は壮絶でした。
悪質な闇金を生業にしている轟ですが、すみれへの想いは本物だったんですよね。
純真な恋心を踏みにじられた姿は悲痛でした。
すみれは深く傷ついた轟を見て、改めて結婚詐欺の罪を思い知ることになります。
振り上げられた轟のナイフから、最後まで逃げなかったすみれ。
竜太郎が張り込んでいなければ刺されていたというのに。

竜太郎の葛藤に泣く

ミス・ターゲット6話

(大切な息子・宗春が愛している女性は長年追ってきた結婚詐欺師かもしれない)
その思いが確信に近づくほど、竜太郎の苦悩は深まります。
どうしたら良いか、亡き妻・(小林涼子)に話しかけますが、写真の恵は微笑むばかり。
職務と愛情の狭間で葛藤した末ついに逮捕に踏み切りますが、父として胸中は複雑なはず。
大きなショックを受けている宗春を、これから温かく支えてあげてほしいです。
ところで竜太郎は、結婚式場の垣根の外からそっと様子を見ていた弥生の姿を見かけて、弥生とすみれの繋がりに気づいたようです。
竜太郎と弥生の過去の関係が今後の展開に関係していくのかどうか気になります。

主題歌「ワルツ」に泣く

物語に寄り添っていて一層感動を深める主題歌「ワルツ」。
いつもは1番が流れますが、今回、すみれが宗春に冷たく別れの言葉を告げてパトカーに乗り込む衝撃のシーンで流れたのは2番です。
すみれの心情そのものの歌詞が、視聴者の涙を誘いました。

すみれの純愛に泣く

ミス・ターゲット6話

模擬挙式が終わったら自首するつもりだったすみれ。
宗春との一瞬の幸せな思い出を胸に罪を償おうと思っていたのでしょう。
それなのに、結婚式場で手錠をかけられることになってしまいました。
宗春をこれ以上傷つけることのないよう、自分を早く忘れるように、“ただの結婚詐欺師”として偽りの別れの言葉を告げ、パトカーに乗り込んだすみれ。
ウエディングドレスの胸元に輝く真珠と同じくらいきれいな涙が後から後から零れ落ちて、すみれがどんなに宗春を愛しているのかが伝わってきました。

結婚式場への影響を心配する声も

ミス・ターゲット6話

「ドラマチックな演出の為とは言え、式場は台無しにされて気の毒」
「せめて模擬挙式が終わってドレスを返してから逮捕すべきだった」
「模擬挙式を見学していた人たちは、ここで式を挙げようとは思わないのでは」
「噂が広まって式場の評判が下がらないか心配」
「ウエディングドレスで連行されたら風邪ひきそうだね」
模擬挙式の会場に乗り込んで手錠をかけるという演出は劇的でしたが、式場への影響を心配する視聴者の声も多かったです。
しかも罪状は“結婚詐欺”なので、余計に縁起が悪いですものね。

いつか、すみれと宗春が本当の結婚式を挙げる日が来ますように。

【ミス・ターゲット】6話の出演者

松本まりか、上杉柊平、鈴木愛理、川西賢志郎、後藤剛範、小槙まこ、田中真琴、小林涼子(写真)、板倉武志、深澤大河、八嶋智人、白石美帆、筒井真理子、沢村一樹、ほか。

次回予告ナレーション
ダンディ坂野(ミスター・ゲッツ)

【ミス・ターゲット】6話のまとめ

このドラマはすみれの逮捕シーンから始まりました。
1話の冒頭ですみれの罪が見逃されることはないとはっきり明らかにされたので、視聴者は覚悟を持って彼女を見守ることになったんですよね。
百戦錬磨の結婚詐欺師だったのに、初めて人を好きになってから嘘が下手になってしまったすみれ。
すみれが宗春に出会ってから逮捕までの2カ月を丁寧に描いてきたからこそ、彼女の繊細な心の動きに感情移入し、その涙に胸打たれた人が多かったのでしょう。
すみれは宗春が自分に想いを残すことのないようにきっぱりと決別しました。
罪を償った先のいつの日か、母が願った“小さな幸せ”が訪れることを願っています。

6話で第1章が完結し、次回からは第2章がスタートします。
【ミス・ターゲット】7話の放送は6月2日(日)夜10時からです。
どうぞお楽しみに!

記事内画像出典:ミス・ターゲット公式サイト