スポンサーリンク

【澪つくし】97話のネタバレと感想! 無理心中現場を調べるかをるに科捜研の女の片鱗!

【澪つくし】97話のネタバレと感想! 無理心中現場を調べるかをるに科捜研の女の片鱗!

河原畑()と水橋(寺泉哲章/寺泉憲)、律子(桜田淳子)の無理心中現場に駆けつけたかをるが「科捜研の女」みたい!?

【澪つくし】97話のあらすじネタバレと感想について!


ADVERTISEMENT

【澪つくし】97話のあらすじネタバレ

【澪つくし】97話のあらすじネタバレです。

かをるたちが律子を探しに屏風ヶ浦へ

水橋(寺泉憲)と河原畑()が2人で歩いていたと弥太郎から聞いて心配になったかをる()。惣吉(川野太郎)、善吉(安藤一夫)、船村(織本順吉)と律子(桜田淳子)を探しに行く。

屏風ヶ浦の崖で争った跡や律子の履物やハンドバッグを見つけたかをるたち。警察や漁業組合に捜索依頼をして、入兆に連絡する。

かをるが泣きながら電話すると、久兵衛(津川雅彦)は金に糸目はつけないから船を出して捜索しろと命じる。

翌朝、水橋と河原畑の死体が浜に上がる。律子は途中で松の木に引っかかったのが幸いして奇跡的に助かった。

吉武家で寝ている律子。久兵衛と英一郎が来て引き取るというが、とね(草笛光子)は外川にいたほうが新聞社も来なくていいと言う。

大それたことをしてくれた、自業自得だという久兵衛に、結婚に反対した久兵衛にも責任があると、とね。

警察がやってきて事情聴取が始まる。水橋のことも河原畑のことも「恋人」と答える律子。河原畑とは別れるつもりだったと証言する。状況を問い詰められて「私が殺した」と口走る。しかしその真意は、水橋も河原畑も私のために死んだ、私が殺したも同然だということだった。

律子と久兵衛の悲しみ

律子の事件は「二人情死の謎 身投げか殺人か」「邪戀の清算か」などと新聞に書き立てられ、人々の好奇心の標的になる。

外川で療養する律子に、「生まれ変わったつもりで強く生きてください」というかをる。

「2人の男性を破滅させてどう償えばいいの?尼さんにでもなるしかないわ」

水橋と会ったことを律子に話してしまった自分にも責任がある、とかをる。律子はかをるには責任はないという。かをるは、負けないで新しい女として生きてほしい、と励ます。

かをる、かをる…、と名前を呼びながらかをるにすがり泣く律子。

久兵衛、るい、英一郎が律子のことを相談している。久兵衛は、外川に世話になり続けるのも嫌だから、律子はしかるべきところにしばらく預かってもらうという。

律子は、入兆280年の歴史を汚した、自分も恥ずかしくて表を歩けないという。

英一郎が、二股をかけるのは親譲り。久兵衛だって何人も女を囲っていたというと久兵衛は激昂!いきなり痛烈ビンタを浴びせ、「出て行け」と怒鳴る。なだめるるい、慌てて部屋を出る英一郎。

久兵衛は子供達に裏切られ、悲しむ。

【澪つくし】97話の感想とまとめ

先週末から昼ドラか大映ドラマ!?という驚愕のドロドロ展開!まさか朝ドラで無理心中、しかも男2人が死んでしまうとは!

奇跡的に助かった律子。本当によかった。でも律子は罪悪感に苛まれるし、入兆280年の歴史に泥を塗られた久兵衛の苦しみもわかります。

そこに英一郎の「お父さんだって何人も女囲ってる」発言。いや、それは事実だけど今それを言う英一郎って…。

ジェームス三木さんの脚本、容赦がありません。もう1人の主人公ともいうべき久兵衛をとことん苦しめますね…。

そして「現場をよく調べてください。抵抗した跡がある」などと刑事に主張するかをるが、「科捜研の女みたい」と話題に。正義感が強くて、正しいと思うことは相手が誰であろうとハッキリ言うかをる。

まさに榊マリコの片鱗がありましたね。

96話◀︎ ▶︎98話

コメント

タイトルとURLをコピーしました