【澪つくし】96話のネタバレと感想!水橋と河原畑が決闘、2時間サスペンス的なドロドロ展開!

【澪つくし】96話のネタバレと感想!水橋と河原畑が決闘、2時間サスペンス的なドロドロ展開!
律子(桜田淳子)をめぐり、河原畑()と水橋(寺泉憲)が命がけの決闘!

朝ドラ史上前代未聞のドロドロ展開の結末は!?

【澪つくし】96話のあらすじネタバレと感想について!


ADVERTISEMENT

【澪つくし】96話のあらすじネタバレ

【澪つくし】96話のあらすじネタバレです。

律子は河原畑との別れを決意

銚子に帰ってきた河原畑(石丸謙二郎)。律子(桜田淳子)が思いもかけないことを言い放つ。

河原畑を愛したのは錯覚だった。銚子に帰ってきたら我に返ったと。納得しない河原畑に、「あなたを裏切った。弁解もしない」という律子。

2人が揉めていると人力車に乗った久兵衛が通りがかる。てっきり久兵衛に言われて別れを切り出したと思う河原畑。喜ぶ久兵衛。

河原畑は画家の沖田のところで大酒をくらってくだを巻く。いっそのこと律子をモデルに小説でも書けばという沖田。河原畑に問い詰められ、水橋が戻ってきていることを話してしまう。

水橋と河原畑が屏風ヶ浦で決闘

律子と水橋が駆け落ちの打ち合わせをしていると、河原畑がやってくる。抗議したいとう河原畑を外に連れ出す水橋。河原畑は「いいところ」に案内すると言う。

その頃、外川では弥太郎(明石家さんま)が、水橋と河原畑を見かけたとかをるに話す。不安を感じるかをる。

河原畑は水橋を屏風ヶ浦の崖の上に連れて行く。「律子を返してくれ。刑務所上がりに横取りされてたまるか」という河原畑に、横取りをしたのはそっちだと返す水橋。

互いに律子に結婚を申し込んだ、どちらが律子を愛しているかと言い合いになる。

同じ女を好きになったからむしろ友情を感じるという水橋に、土下座をして頼む河原畑。

これ以上は話しても無駄だ、と言い切る水橋に決闘を申し込む。

2人は激しくもみ合いになる。追いかけてきた律子が「やめて」と叫ぶ。その声に立ち上がった水橋を河原畑がつきとばすと水橋は崖から海に転落してしまう。

「人殺し…」という律子に、一緒に死んでくれと言い一緒に海に飛び込む河原畑。崖から落ちた2人の運命は…!?

【澪つくし】96話の感想とまとめ

澪つくし
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】

コメント