スポンサーリンク

【澪つくし】91話のネタバレと感想!帰ってきた律子が入兆を引っかき回す!?

【澪つくし】91話のネタバレと感想!帰ってきた律子が入兆を引っかき回す!?

律子(桜田淳子)が突然銚子に帰ってきて、新たなトラブルの予感。

ハマ(根岸季衣)が、るい(加賀まりこ)の家を訪問した理由は!?

【澪つくし】91話のあらすじネタバレと感想について!


ADVERTISEMENT

【澪つくし】91話のあらすじネタバレ

【澪つくし】91話のあらすじネタバレです。

律子、突然銚子に帰る

昭和6年2月、律子(桜田淳子)が突然銚子に帰ってきた。どうして迎えに行ったときに帰らなかった、と尋ねる英一郎に「強制されるのは嫌い」と相変わらず。不況や名取村長の不正で苦しむ久兵衛に謝ったほうがいいと英一郎。

久兵衛(津川雅彦)がやってくる。律子は、お父さんの顔を見に帰ってきた。2、3回続けて千代が家に帰れと言う夢を見たと言う。東京では流行性感冒が流行っている。お母さんが救ってくれた。

だいたい律子は東京からろくなもんを持って帰らないと久兵衛。

律子は久兵衛がなぜ再婚しないのかと問う。久兵衛は律子のことがおさまらなきゃできない、と河原畑とのことを詰問する。

もう24になったんだから子供扱いするなと律子。

河原畑は去年の11月に東京の律子の下宿を訪れた。しばらく交際して一緒に住むことにした。すでに結婚したと報告する。

未婚な男女が一つ屋根の下に、なんちゅう破廉恥やという久兵衛に結婚した、と律子。神主さんが御幣を振れば、一枚の紙切れに判を押せば結婚したことになるのか、と歯向かう律子。そんなしきたりにはこだわらない。

家長として絶対に許さんという久兵衛に、律子はすでに東京を引き払ってきたと言う。河原畑は浅草の劇団・玉木座で働いているが、春には帰ってくると言う。

愛する人と結婚することが親不幸なの? かをる()は幸せだ、と律子。もういい加減に諦めて。英一郎という跡取りがいるんだからと言うが、英一郎は、お父さんは僕の言うことがいちいち気に入らないという。

河原畑の親は銚子図書館の館長。彼は傷つきやすいから私が必要、と律子。

そんなこと絶対に許さん!という久兵衛に、後妻になる人が苦労すると律子。後妻なんてもらわん、と久兵衛。

ハマがるいを訪ねた理由は!?

かをる(沢口靖子)がるい(加賀まりこ)のもとを訪れていると、ハマ(根岸季衣)がやってくる。ハマは律子が「なぜ後妻をもらわないのか」と問う。

律子も英一郎もるいが後妻になることを望んでいると言う。昔の使用人だった自分が後妻になったら久兵衛の沽券に関わる、とるい。それは言い訳では、とハマ。ハマは自分が障害だと思っていた。

しかしるいは、ハマが理由ではない。なぜハマに遠慮しなければならないのか、と反論。盗み聞きしていたかをるは複雑な思いになる。

【澪つくし】91話の感想とまとめ

お騒がせキャラの律子が帰ってきました。安定のトラブル発生です。

弥太郎(明石家さんま)の「ハマ後妻」デマで揺らぐるい(加賀まりこ)の心を、純粋に入兆のことを思うハマ(根岸季衣)の訪問がさらに揺さぶります。

久兵衛は本当に気が安まることがないですね・・。ま、そこが見どころでもありますが。

90話◀︎ ▶︎92話

澪つくし
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】

コメント

タイトルとURLをコピーしました