【澪つくし】70話のネタバレと感想!かをるの社会科見学とイチャイチャが楽しそう!

【澪つくし】70話のネタバレと感想!かをるの漁師社会科見学とイチャイチャが楽しそう!

漁師の妻として一人前になりたい!

漁師めしや籐ヨシを習うかをる()の健気さに惣吉が惚れ直す!

【澪つくし】70話のあらすじネタバレと感想について!


ADVERTISEMENT

【澪つくし】70話のあらすじネタバレ

【澪つくし】70話のあらすじネタバレです。

清次の副業に怒る久兵衛を律子がいなす

清次()が別の会社の樽を製造したと怒りまくる久兵衛(津川雅彦)。従業員の生活もあるから背に腹は変えられない。入兆の仕事が減ってから棺桶の下請けまでやってしのいでいると清次。

律子(桜田淳子)が零細企業をいじめるのはかわいそう、とフォローする。お父さん、寂しがりやなのね、周りの人が去っていくのが耐えられないんでしょう。痛いところをつかれ黙っとれ、と久兵衛。

河原畑が律子に交際を申し込む

河原畑()が律子を待っていた。小説をもう一度読みたいというのだ。しかし律子は批判された晩に風呂の焚きつけで焼き捨てたという。河原畑は、あのときは律子を傷つけたくてわざと批判した。それで律子と決別するつもりだったが、逆効果。それからますます律子が忘れられないというのだ。

河原畑は改めて結婚を前提に交際してほしいと申し出る。久兵衛は反対するという律子に、入兆はかをるを漁師の嫁にしたことで前例を作ったと粘る。お手並み拝見、と律子。

かをるの漁師の妻修行

かをる(沢口靖子)とツエ(鷲尾真知子)は魚のなめろうの作り方をとねから習っていた。漁師飯ではアワビを使う焼きさんがなどもおいしいという。

なめろうの由来は、あまりにおいしいから皿まで「なめろ」と言うこと、アワビの殻に入れて焼く「焼きさんが」もうめぇぞ、と語る。

漁師飯はほかにも独特なものがある。サメの刺身、エイのあらい、イルカの味噌煮…。

納屋でイルカの味噌煮をかっくらう漁師たち。勧められるが、ちょっと引き気味のツエ。

母屋では、船村(織本順吉)が「逆網がぶっ飛んでいるから帰る」と言う。意味を聞くかをるに、「真網は亭主で逆網は女房。つまり女房の機嫌が悪い」という意味だと説明する惣吉(川野太郎)。

かをるは、籐ヨシを習いたいという。外川の漁師の妻はみんなその内職をやっている。仲間はずれにされたくない。一人前になりたい、とかをる。

早速習いに行くかをる。籐ヨシは不漁のときの漁師の妻の内職として定着していた。籐ヨシで下駄や草履を作るのに一人前になるには半年から1 年かかると言われる。

籐ヨシでケガしたかをるの指に惣吉が包帯を巻く。お前は網主の女房だ内職をやらせるために娶ったのではない、俺が漁で死ぬとでも思ったのか、という惣吉。かをるは漁師の妻として一人前になりたかったと健気にいう。

指に包帯を巻かれながら、最初に会ったときのことを覚えていますか、とかをる。女が船に触ると演技が悪いはず。ツエは怒られた。銚子高女の制服は憧れだった。惣吉はドキドキして怒鳴るのを忘れてしまった、という。

かをるは惣吉に愛されている、漁師の妻に一生を捧げた、その幸福感に浸っていた。

【澪つくし】70話の感想

漁師の妻として一人前になろうと頑張るかをるが健気!

とねさんの漁師めし教室、籐ヨシ教室でかをるが漁師の社会科見学!

惣吉が銚子高女に憧れていた、かをるの指からトゲを抜くのもドキドキしていたとは初耳!本当に2人とも純なんですね…。この幸せがいつまでも続いてほしいけど…。

69話

コメント

タイトルとURLをコピーしました