【澪つくし】58話のあらすじと感想! 律子が惣吉にかをるの無実を伝え罪滅ぼし!?

【澪つくし】58話のあらすじと感想! 律子が惣吉にかをるの無実を伝え罪滅ぼし!?

かをる()は1週間で釈放されたが、水橋(寺泉憲)の情婦のレッテルを貼られてしまう。

自分のせいでかをるを巻き添えにしてしまった律子が惣吉のもとへ。

【澪つくし】58話のあらすじネタバレと感想について!


ADVERTISEMENT

【澪つくし】58話のあらすじネタバレ

【澪つくし】58話のあらすじネタバレです。

かをるが釈放される

一週間後、処分保留で釈放されたかをる(沢口靖子)は古川家へ。

久兵衛(津川雅彦)はツエ(鷲尾真知子)に事件のことは他言無用と言い聞かせる。

かをるに無実を問い、事件に巻き込まれただけという久兵衛を非難するるい(加賀まりこ)。かをるは律子の代わりをさせられたのではないかと抗議する。

久兵衛にしてもすべてをるいに打ち明けるわけにもいかず、「かをるは無実」と繰り返す。

今、かをるの無実を公言すれば、入兆はめちゃくちゃになる。かをるはよく頑張ってくれた。だからるいにも了承しろという久兵衛。

かをるは、惣吉にだけは無実を証明したいと主張。結婚がダメなのはわかっていても、嘘をつきたくない、心の曲がった女だと思われたくない、と涙を流す。

律子(桜田淳子)が惣吉(川野太郎)に真実を…

吉武家では、漁師たちが市場で入兆の娘が逮捕されたことを聞きつけ、惣吉(川野太郎)にいいにくる。気にするなと船村(織本順吉)。

銚子日報の新聞記事が出る。老舗醤油屋の末娘が活動家の水橋と一緒に捕まったという記事で、それがかをるだということは容易にわかる内容だった。

姉さんのせいだ!かをるの無実を証言できないのか!と律子(桜田淳子)を責める英一郎。この記事を惣吉さんが読んだらどう思うか。かをるが水橋の恋人と書いてあるんだから。

律子が出かけようとすると、入兆の門前に刀を持った国粋主義の書生が国賊に天誅を加えると息巻いている。入兆には嫌がらせの電話も相次いでいた。

律子を逃す梅木。書生たちは警官が来たので退散する。律子はその足で外川に向かった。

律子は惣吉(川野太郎)に真実を話す。

・かをるはまったくの濡れ衣で逮捕された
・水橋は律子が東京にいた頃からの恋人
・活動資金を届けさせたのも律子
・かをるは律子をかばうために沈黙を貫いた
・律子は自首も考えたが、前歴があり逮捕されると入兆がたいへんなことになるから久兵衛に止められた
・かをるは無実で純潔
・かをるは惣吉にだけは信じてほしいと思っている

惣吉は、「これでモヤがとれた」と納得。とね(草笛光子)は、真実を打ち明けに来た律子を「あんた見上げた人だ」と評価する。

律子が帰ろうとすると漁師たちが、入兆の娘なんてもうやめろと言いに来る。「おまえらの出る幕じゃねぇ」と一喝するとね。惣吉もみんなの気持ちはありがたいが自分にはちゃんと考えがある、そのうちきっとみんなもわかってくれると言う。

古川家には、親友の由岐とみずえがかをるを励ましに来ていた。

あなたが信念を持ってやったことならそれでいい。世間がなんといっても味方だといいつつ、水橋が新恋人という新聞記事を鵜呑みにしていた。かをるは悲しくなる。

そこに律子がやってくる。

【澪つくし】58話の感想とまとめ

大人しくて従順…という表面的なイメージのかをるは、律子以上に芯の強い女性。

拷問された水橋を目にしながらも口を割らないという強さ、メンタルが強すぎますね!

ほかの人にはどう思われてもいいけど、惣吉にだけは真実を知ってほしい。切実な思いに心を打たれます。

惣吉に真実を伝えた律子はよかったけど、新聞報道を鵜呑みにする親友たちにはガッカリですね。

新聞記事での誹謗中傷で家に押しかけたり、友人でさえもそれを信じてしまう…って現代のSNS被害と変わらない状況。そういう心理が群衆にはあるのだと浮き彫りにされました。

57話<<    >> 59話

澪つくし
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】

コメント

タイトルとURLをコピーしました