【澪つくし】57話のネタバレと感想! かをる逮捕、巻き込んだ律子への非難轟々!

【澪つくし】57話のネタバレと感想! かをる逮捕、巻き込んだ律子への非難轟々!

かをるが律子の身代わりになって逮捕される!こわくても口を割らない理由は?

かをるを巻き添えにした律子に非難轟々!

【澪つくし】57話のあらすじネタバレと感想について!


ADVERTISEMENT

【澪つくし】57話のあらすじネタバレ

【澪つくし】57話のあらすじネタバレです。

水橋とかをるが逮捕!

昭和3年3月15日。始発列車に乗り、律子(桜田淳子)の遣いで水橋(寺泉憲)に金を届けに行ったかをる()が警察に捕まってしまう。

しかしかをるは律子のことを一言もしゃべらない。知らない人に頼まれたと嘘をつく。律子と水橋の愛を守ろうと必死なのだ。

入兆では、かをるがいないとみんなが心配していた。

久兵衛が律子に激怒

かをるを信用しすぎていたかも…とハマに愚痴る久兵衛のもとに警察がやってきた。水橋とかをるを逮捕したことを伝える。

かをるの部屋を捜索するという警察官に拒絶する久兵衛。

かをるが120円持っていたことで、久兵衛(津川雅彦)は律子の仕業と確信し、問い詰める。120円は絵を買うといっていた金だった。

かをるが律子のことを口にしないことを聞いた律子は「姉に頼まれたと言えばいい」と言い、久兵衛はたまらずビンタする。

かをるがそれを言ったら律子が逮捕される。入兆の名誉にも傷がつく。久兵衛は名乗り出るという律子に「よけいなことをするな」と言い、弁護士に相談するという。

かをるは惣吉が知ったらどう思うかを気に病んでいた。

るい(加賀まりこ)は久兵衛を信じて預けたのに「入兆の面汚し」になつてしまえばお嫁にも行けなくなる、どうにかしてくれと懇願する。

厳しい拷問を受ける水橋も、かをるとの関係を聞かれても「関係ない」と言うだけ。

かをるは、検察庁に送られる水橋を見た。拷問の激しさを物語っていた。

【澪つくし】57話の感想とまとめ

今日ほど律子の言葉が何も役に立たない。律子は律子なりに信念を貫いているのだろう。強い意思のもともがくのは良いと思う。
ただ、自分のせいで巻き込んでしまったことを反省する言葉はないまま、自分を擁護する言葉ばかりで。。恋は盲目。。かな。

なんか律子さんのせいでかをる散々だな…小浜と噂を立てられたりもあったし
最初は凛としてかっこいい女性に見えたけど、段々律子さんの身勝手さが辛くなってきた

純粋なら他人巻き込んで人の金あてにして暮らしていいの?大嫌いな資本家の金盗んで何も知らない子に持っていかせて?権力の横暴もそうだがあんたらも充分横暴だよ。1人の労働者から職と学びを奪った資本家の娘の戯言だよ。

久兵衛は律子をビンタし叱責したけど出頭させなかった
親としてそれで良いのか、と思う反面
数百年続いた入兆を自分の代で潰す訳にはいかないとの苦渋の判断かと思うと気の毒にもなる

律子(桜田淳子)は頭がよくて理想は高いかもしれないが、現実がわかっていない。そこはやっぱりお嬢様。

無垢なかをるを巻き込むのはやめてほしい。

今回は律子への批判の声が多くあがりました。

久兵衛は本当に気が休まる暇がない。。そしてトラブルのもとはほとんど律子…。

56話<< >> 58話

澪つくし
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】

コメント