スポンサーリンク

【澪つくし】42話のネタバレと感想! 初キスはガチガチだけど初々しい!?

【澪つくし】42話のネタバレと感想! 初キスはガチガチだけど初々しい!?

かをる()と惣吉(川野太郎)がついにキス!新人2人のキスは初々しい?ガチガチ?

【澪つくし】42話のあらすじネタバレと感想について!


ADVERTISEMENT

【澪つくし】42話のあらすじネタバレ

【澪つくし】42話のあらすじネタバレです。

前回のあらすじネタバレはこちら↓↓

惣吉の遭難は律子の嘘!

英一郎(鷲生功)は、かをるに何かあったのかと律子(桜田淳子)に問う。利根川丸の遭難は律子の嘘。律子はかをるの気持ちを試したのだ。

一心不乱に外川の吉武家に向かうかをる()。使用人に惣吉の安否を尋ねるが埒があかず浜辺に走る。善吉ととねがいた。惣吉の安否と遭難のニュースのことを言うが、昨日は船も出していないという。戸惑うかをるだが、律子に試されたことに気づく。とねたちと惣吉を待つことに。

入兆では久兵衛が弥太郎と将棋をしている。久兵衛は広敷に労働組合を作ろうとしている者はいないかと探りを入れる。

かをるの花嫁衣裳を作るために呉服屋が来たので、ハマにかをるを探させるがかをるはどこにもいない。

かをるの海底火山が爆発!ついに初キス

浜辺で惣吉を待っているかをる。惣吉は大漁のイワシとともに帰ってきた。

英一郎は久兵衛がカンカンになっている。吉武の家に電話しようかと言うが、ほっときなさいと律子。

あんたにはわからないでしょう。海底火山が爆発するかどうかの瀬戸際よ。

浜で惣吉と話すかをる。律子は自分の気持ちを自分以上に知っている。昨夜、惣吉の夢を見た。それは怖い夢。そのあとに遭難のことを言われたから思わず飛んできた。

惣吉もときどきかをるの夢を見るという。楽しい夢も苦しい夢もあるけど、苦しい夢でも見ないよりまし。

かをるは佐原にお嫁に行くこと、見合いをした人が好きになれそうもない、顔も忘れた。でもあさってが結納、年明けには結婚式…。どんどん話が進んでいってしまって…。

そうか…幸せになれよな。

そんなことしか言ってくれないんですか。もう会えなくなるんですよ。今日でお別れなんです。

そんな事ねぇだろ。おめぇは俺の妹になるって言ったじゃねぇか。

妹なんて、イヤ! 惣吉もたまらずかをるを抱きしめる。2人は月明かりのなかで初めてキスをかわすのだった。

【澪つくし】42話の感想とまとめ

夜の浜辺の会話シーンで靖子の棒演技に磨きがかかってたのは、やはり直後にキスシーンが控えていることで緊張してた?

惣吉さんとかをるの抱擁からのキスシーンは沢口さんと川野さんの初々しい演技とあいまって妙にリアルで…

今日のキスシーンは私が見たことある朝ドラの中でも(とうとうキター赤くなった顔)って盛り上がり度がトップレベル。映え度も最高にウットリ(ღ✪v✪)

この時代の朝ドラにキスシーンあったんだ…意外

ついに本当の気持ちを確かめ合い、キスを交わした2人。しかしかをるには結婚が待っています。2人はいったいどうなるのでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました