2021年春ドラマ
番組情報まとめ
2021年春ドラマ
視聴率ランキング

【澪つくし】161話のネタバレと感想!惣吉の生還と小浜の悲しい胴上げ

【澪つくし】161話のネタバレと感想!惣吉の生還と、小浜の悲しき胴上げ

入兆では、久兵衛念願の創業300周年記念式典を開催。

12代目を継承する英一郎が再建を誓い、夢を語る。

生還した惣吉と小浜を待っていたものは…

【澪つくし】161話のあらすじネタバレと感想について!


ADVERTISEMENT

【澪つくし】161話のあらすじネタバレ

【澪つくし】161話のあらすじネタバレです。

英一郎の夢と惣吉の生還

昭和21年6月、かをる(沢口靖子)は梅木(柴田恭兵)を手厚く葬った。

その頃、外川では惣吉(川野太郎)の生還に歓喜の声が上がっていた。

惣吉の生還にかをるは複雑な感情を抱いていた。元夫の生還は嬉しいことだが、梅木のことで同情はされたくなかった。

ツエ(鷲尾真知子)は赤川にプロポーズされた。

入兆創業300周年の式典が開かれた。12代目坂東久兵衛を襲名した英一郎が挨拶する。工場は焼け原料はなく前途多難だが、先祖が300年前銚子に来たときも、原料のあてもなく工場もなかった。先祖の魂を引き継いで、世界に通用する醤油を作りたいと意気込みを語った。

続いて真鍋(なべおさみ)が挨拶する。ゴールデンパシフィック商会を経営している真鍋は、息子の敵討ちをしている。進駐軍の高級将校をだまくらかしてアメリカは損して私は儲ける。

祝い酒は真鍋が用意したものだった。ただ飲みすぎると目が潰れる…と。

乾杯の音頭をとるのは、元番頭の小畑(高品格)だ。耳も遠くなり、言葉を間違えるなど老いが進んでいるようだ。みんな用意された料理と酒を味わい、話に花を咲かせる。

悲しい胴上げ

かをるの同級生・由岐とみずえも来ている。ハマ(根岸季衣)が、惣吉が帰ってきてから会ったのかと尋ねる。「私は梅木の妻です」とかをる。ハマは惣吉が帰ってきて梅木が帰ってこないなんて…と、かをるの運命に涙する。

ツエと赤川の婚約が発表された。以前は従業員同士の恋愛は禁止だったが今は許される、と頭(牟田梯三)祝福する一同。

善吉(安藤一夫)やとね(草笛光子)ら吉武家の面々がお祝いに駆けつける。どぶろくと魚が土産だ。英一郎と善吉が示し合わせていたと、とね。本当は惣吉も呼ばれていたが、遠慮したという。

その頃、惣吉は家でかをるの絵を愛おしそうに眺めていた。

宴が盛り上がっていると復員した小浜(村田雄浩)がやってくる。かをるは、久兵衛やるい、梅木が亡くなったことを告げる。

律子はまだ帰ってこないのか…?

小浜の問いに「帰ってきた」とかをる。「どこにいるんだ」と律子を探す小浜に、律子が結核で死んだことを告白する。ショックを受け、立ち尽くす小浜。

赤川が小浜の復員を祝って胴上げしようと言い出す。泣きながら胴上げされる小浜だった。

【澪つくし】161話の感想とまとめ

惣吉がまさかの生還!本当に不死身の男だったんです。

久兵衛の念願だった入兆創業300年の式典が無事に開かれ、ツエと赤川の婚約などおめでたいムードが盛り上がる中、小浜が生還。

律子の死を知ってショックを受ける小浜を、赤川のかけ声で胴上げ…。本当に悲しい胴上げでした。

律子は小浜に最後になんて言いたかったのか、せめて伝えてあげてほしかったですね。

次回はいよいよ最終回です。

160話◀︎◀︎ ▶︎▶︎162話

澪つくし
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】