2021年春ドラマ
番組情報まとめ
2021年春ドラマ
視聴率ランキング

【澪つくし 最終回】162話のネタバレと感想!惣吉がかをるに再プロポーズ!

【澪つくし 最終回】162話のネタバレと感想!惣吉がかをるに再プロポーズ!

生還した惣吉(川野太郎)は、梅木(柴田恭兵)の墓前でかをる(沢口靖子)に求婚。

かをるは「醤油を世界に広める」という英一郎の夢を一緒に叶えたいと断るが…。

【澪つくし 最終回】162話のあらすじネタバレと感想について!


ADVERTISEMENT

【澪つくし 最終回】162話のあらすじネタバレ

【澪つくし 最終回】162話のあらすじネタバレです。

惣吉がかをるにプロポーズ

かをる(沢口靖子)は梅木(柴田恭兵)の墓前で、入兆の再建状況を報告する。真鍋の援助で新しい機械も買った、コンクリートの仕込み蔵も建設中。安心してと語りかける。

そこに惣吉(川野太郎)が現れる。英一郎に居場所を聞いて来たという。梅木の墓に祈る惣吉の背中を見ながらかをるは、惣吉との21年もの月日を考えていた。

惣吉は墓に花を供えると、梅木の前でかをると2人だけで話したいと言い出す。

ほんとは俺が死んで梅木さんが帰ってくるべきだった。それなら何の問題もなかった。だがどういうわけか反対になってしまった。

梅木は私の中に生きています。

そんな絵空事は通用しねぇ。「梅木さんに代わって俺がかをるを幸せにする」と梅木に宣言したと惣吉。惣吉は鹿島灘で遭難してから15年待ったのだ。

かをるは、梅木が死んだから惣吉へ…なんてできない。世界に醤油を広める、外国に輸出するという英一郎の夢を支えて醤油とともに生きるという。

いつまで待てばいいんだ。

ごめんなさい、私のことは…。

かをる、澪つくしって知ってるか。船の航路を示す澪つくしのようにかをると子供たちを守ってやりたい。身を尽くして守りたい。それが俺の望みなんだ。

怒らないでください。私には父や梅木、先祖代々の祈りが聞こえる。醤油の命が乗り移っているんです。

そうか、よくわかった。もう何も言わねぇ…。惣吉はかをるの覚悟を知ると去っていった。

かをるの本当の夢

吉武家では、惣吉が醤油に負けてふられたと、とねが高笑い。

惣吉、まさか諦めるわれじゃないよな。諦めないという惣吉に、そうじゃなきゃ外川の漁師の名が廃る、とね。

ていろのいいときにまた出直せばいい、と漁労長。

惣吉のプロポーズを断ったかをるに、英一郎は「バカだな」と言い、入兆を辞めるように命令するが、かをるは、英一郎が結婚して跡取りができて、醤油を輸出できるようになるまでここにいると宣言。

おばあさんになっちゃうよという英一郎に、だからあなたも頑張って、とかをる。

惣吉さんがほかの人と結婚したらどうするの? そのときは仕方ないと覚悟を決めていた。

かをるは、いつの日か、あまねく世界に醤油の味と香りが広まり日本人の心が伝えられる日を夢見る。その夢が叶えられる日が来たら、惣吉にもう一度結婚を申し込んでほしいと思った。

【澪つくし 最終回】162話の感想とまとめ

「澪つくし」もとうとう最終回を迎えました。毎日見ていたのでさびしいです。35年も前に放送されたドラマで、昭和感があるものの古さは感じず、むしろ濃厚な人間ドラマが新鮮にさえ感じました。

「恋は危険な訪問者」で始まり「恋のあらすじ」で締めた、かをるの恋の物語でしたが、久兵衛と律子の親子関係のほうが心に残りました。もちろん、家父長制度もなくなり、時代とともに親子関係も変わってきましたが、ここまで親子関係をじっくり描くドラマは最近少ないかもしれません。

「澪つくし」はさらに、醤油業界の変遷と戦争を描く骨太な物語でもありました。同級生たちとキャッキャしながらラブレターを破いて捨てていた女学生のかをるが、妻になり、母となり、醤油を世界に広める夢を持つという立派な実業家に成長しました。

「恋は危険な訪問者」はもちろん、細かい伏線がちゃんと回収されていたり、登場人物たちが最後までぶれずに生き生きとしていて、ジェームス三木さんの脚本は素晴らしかった。

4月からは「あぐり」が始まります。子役時代の三浦春馬さんが少し登場しているので、お見逃しなく。

161話◀︎◀︎