2021年春ドラマ
番組情報まとめ
2021年春ドラマ
視聴率ランキング

【澪つくし】136話のネタバレと感想!「愛してる」と言わないのはかをるの本心!?

【澪つくし】136話のネタバレと感想!「愛してる」と言わないのはかをるの本心!?

広敷の連中が善吉の結婚式をぶち壊しにしてしまったことで、吉武家との溝は深まる一方。

かをるが行かないことには治まらない。

ひとりで行くというかをるに久兵衛と梅木は…!?

【澪つくし】136話のあらすじネタバレと感想について!


ADVERTISEMENT

【澪つくし】136話のあらすじネタバレ

【澪つくし】136話のあらすじネタバレです。

けじめをつけるのはかをるしかいない

入兆の広敷組が善吉の結婚式をぶち壊してしまった。

今後の対応を話し合う、久兵衛、英一郎、かをる、梅木、神山。

英一郎と神山が最初に出向くことに。

英一郎は善吉の結婚式を台無しにしたことを詫び、話をつけようとするが、漁労長と頭が揉め始める。漁労長はかをるを連れてこい、かをるも惣吉に会いたいはずだ、という。

とね(草笛光子)は、入兆側が吉武の出方を様子見しに来たのだと見抜き、一旦英一郎たちを追い返す。

英一郎と神山が帰ると、釈放された広敷の連中が出迎えて謝るが、神山にこっぴどく叱られる。

自分が行くしかない、ひとりで行くというかをる。

もちろん心配する梅木は反対するが、久兵衛はかをるに任せることにする。

「かをる、梅木を愛しているか」

「はい」

「それを忘れんなよ」

その夜、仕事をする梅木に声をかけるかをる。梅木は仕事の邪魔をするなというが、本当は外川にかをるを行かせたくなくて腹を立てていた。

今度のことでもし俺たちの間に溝ができたら、それはお前の軽薄さが原因だと突き放す。

かをるは、今の幸せを守るためにいく、というが…。

かをるが外川へ

翌朝、かをるはひとりで外川に向かう。外川が近づくにつれて緊張してくる。

吉武家についたかをるは、とねや善吉から歓待される。善吉は散歩に出ている惣吉を呼びに行く。

いつに変わらぬとねのやさしさに涙が溢れそうになる。

若旦那が喜ぶ、惣吉に会いに来たんだろうという漁労長に、そういうつもりではないとかをる。

惣吉が帰ってくる。

【澪つくし】136話の感想とまとめ

梅木は不遇の幼少時代を体験してきただけに、人を素直に信じられない卑屈な性格。

せっかく、ずっと好きだったかをると結婚できて昇進も叶い、幸せの絶頂だったのに、惣吉が復活。

かをるがどんなに惣吉を好きかをずーーーーっと見ていただけに、かをるの心変わりが心配でなりません。

そういえば、梅木はかをるへの愛をよく語りますが、かをるはたびたび「梅木健作の妻」という言い方はするけれど、「愛してる」とは言っていないかも。

次回はいよいよかをると惣吉が再会!惣吉は納得してくれるのか、かをるの気持ちは!?

135話◀︎◀︎ ▶︎▶︎137話

澪つくし
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】