スポンサーリンク

【澪つくし】131話のネタバレと感想!惣吉の記憶が戻るのが早すぎる!?

【澪つくし】131話のネタバレと感想!惣吉の記憶が戻るのが早すぎる!?

惣吉(川野太郎)を外川に連れていったかをる()。

梅木が心配そうに見守るなか、ファーストキスの思い出を語り、舟を漕がせるなどかなり強引な方法をとるかをる。

惣吉は記憶を取り戻すが…。

【澪つくし】131話のあらすじネタバレと感想について!


ADVERTISEMENT

【澪つくし】131話のあらすじネタバレ

【澪つくし】131話のあらすじネタバレです。

再会するもかをるを思い出せない惣吉

惣吉(川野太郎)に再会するかをる()、梅木(柴田恭兵)。

惣吉はかをるを見ても誰だかわからず「フー・アー・ユー」と尋ねる。かをるは「梅木健作の妻です」と答える。

惣吉は手続きを済ませてから外川に連れて行くことになる。律子(桜田淳子)の家に一泊するかをると梅木。惣吉は自分たちの中では死んでいたが、実際は一度も死んでいない。記憶が戻ったら、かをるが再婚していることに割り切れないはず。いったいどんな態度に出るのか…。

心配する梅木。

惣吉の記憶が戻る!

久永特高刑事(西岡徳馬)が同行し、外川に帰る惣吉。かをるは、外川の海を見せたり、父の墓前に連れていったり、外川の浜辺で恋人とキスをしたことも話すが、惣吉はまったく覚えていない。

かをるは惣吉と小舟に乗って舟を漕がせる。櫓を持たせると惣吉の身体は自然に反応した。かをるは遠くに見えるのは帰ってくる利根川丸だという。海を見ていた惣吉は、自分が吉武惣吉であることを思い出す。

4年間もどこに行っていたのか…。かをるの問いにフィリピンにいたという惣吉。遭難した惣吉はアメリカの巡洋艦に助けられたのだった。

すまない、お前を置き去りにして4年間も…。苦労しただろ。かをるの頬に手を当てる惣吉に待ったをかけるかをる。

私、再婚したんです…。

再婚…!?

【澪つくし】131話の感想とまとめ

かをるに会っても無反応の惣吉。

ファーストキスの思い出を持ち出すあたりがかをるらしい!?

そして惣吉は外川の海で舟を漕いだら思い出す(笑)。

身体が覚えているというのはあるでしょうが、早すぎる?

記憶が戻ったのはよかったけれど、これがかをる、梅木、惣吉にとって辛い愛憎劇の幕開けとなってしまいます。

130話◀︎ ▶︎132話

コメント

タイトルとURLをコピーしました