2021年春ドラマ
番組情報まとめ
2021年春ドラマ
視聴率ランキング

【澪つくし】126話のネタバレと感想!かをるの双子出産と強盗事件

【澪つくし】126話のネタバレと感想!かをるの双子出産と強盗事件

双子が生まれて歓喜に包まれる坂東家に強盗が侵入!

吉武家では、アミへの思いが募る善吉にとねが最終宣告。

【澪つくし】126話のあらすじネタバレと感想について!


ADVERTISEMENT

【澪つくし】126話のあらすじネタバレ

【澪つくし】126話のあらすじネタバレです。

かをるが双子を出産

かをる(沢口靖子)が双子を出産。このうえなく喜ぶ久兵衛(津川雅彦)、梅木(柴田恭兵)、るい(加賀まりこ)。そして自分を産んでくれた母に感謝するかをる。

久兵衛は「昭和」から1文字ずつとって、昭彦、和彦と命名する。

初孫にデレデレの久兵衛たち。

律子から祝電が届く。英一郎は僕も見合い相手と結婚すると言うが、実は相手から断られていた。

仕方がない、という英一郎に諦めずにアタックしてみればという梅木。英一郎は梅木のようになれない、という。

坂東家に強盗が侵入!

アミを諦めきれない善吉。とね(草笛光子)は、どうしても一緒になりたいなら家を出て行けという。善吉は網主だからこそけじめをつけたいと主張。

とねは身請けの金を出す代わりにアミとの結婚は諦めて親の決めた相手と結婚しろという。とねにとっても苦渋の決断だった。網主という立場とアミへの愛の間で悩む善吉。

その夜、坂東家に強盗が入る。

久兵衛とるいの寝込みを襲う。久兵衛に出刃包丁を押し付けた強盗は金を出せというが、声が震えているため慣れていないと直感する久兵衛。

物音に気づいたかをるがやってくると、久兵衛は車を買うつもりで用意していた金を差し出す。

【澪つくし】126話の感想とまとめ



125話◀︎ ▶︎127話

澪つくし
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】