スポンサーリンク

【澪つくし】116話のネタバレと感想!梅木がかをるにプロポーズも逆風!?

【澪つくし】116話のネタバレと感想!梅木がかをるにプロポーズも視聴者から逆風!?

梅木(柴田恭兵)が満を持してのプロポーズ。でもかをる()は塩対応!?

騒擾事件の判決を惣吉の墓に報告するかをるは再婚話を相談するが…

【澪つくし】116話のあらすじネタバレと感想について!


ADVERTISEMENT

【澪つくし】116話のあらすじネタバレ

【澪つくし】116話のあらすじネタバレです。

梅木がかをるにプロポーズ

昭和8年、入兆は久しぶりに景気のいい正月を迎える。松飾りもとれたある日、かをる()は久兵衛(津川雅彦)に呼ばれる。そこには梅木(柴田恭兵)が待っていた。2人きりにする久兵衛。

率直にかをるにプロポーズする梅木。惣吉のことを忘れられない気持ちはわかる、非常識かとは思うが、かをるのことをずっと思い続けていた。でも身分の違いで諦めていた。正直、かをるが結婚したときには入兆を辞めようと思っていたが、かをるが戻ってきた…。

かをるは梅木が久兵衛に頼まれたのだろうと考え、一度は結婚した女で惣吉のことが忘れられないと断るかをる。

かをるは入兆の後継ぎは英一郎。入兆を継ぐ気はないと言うが、梅木は出世したい気持ちはあるが、かをるとの思いは別だと打ち明ける。これ以上お話しする気はないとかをる。梅木はかをるの気持ちが変わるまで何年でも待つ。私が嫌いですか?

かをるを思うとき、自分が石ころや鉄の塊じゃないことを感じる。長いこと耐えてきたが、今は体中の血が音を立てて流れている。もうこの勢いは止められない…。梅木の熱い思いを受けて、席をはずすかをる。

かをるは梅木が嫌いなわけではないが、惣吉への思いがまだ強かった。

玉砕したことを久兵衛に伝える梅木。久兵衛は家長命令してもいいと言うが、梅木は男として自力でかをるを獲得したいと願い出る。久兵衛も承諾する。梅木はじっくりともろみが熟成するのを待つと言う。久兵衛は梅木は農業型。惣吉は漁師そのものだった。でもそれは2人を比較しているのではない、と言う。

騒擾事件の判決とかをるの墓参り

英一郎(鷲生功)は、かをるは再婚すべきだが、久兵衛とるいのために梅木と政略結婚するならかをるがかわいそうだと言う。

高神村の騒擾事件の判決が出た。名取(内藤武敏)は収入役とともに有罪となる。ぎん(三ツ矢歌子)が判決への不満を久兵衛に訴える。お金は港の建設に必要だった。裁判費用の7200円をどうすればいいのか。高額の接待費が問題、一緒に処分を受けた収入役のように屋敷を売るしかない、と久兵衛。高神村の事件は今だに謎、真相は闇の中だ。

かをるは騒擾事件の結末を惣吉の墓に報告しに行く。梅木との再婚話のことも打ち明ける。もちろん自分には惣吉だけだが、周りはみんな再婚を勧める。何とか言って。黙ってたら再婚しちゃうから…。

【澪つくし】116話の感想とまとめ

梅木(柴田恭兵)が久兵衛の後押しを得て、満を持してのプロポーズ!

惣吉(川野太郎)に一途なかをるは断るが、久兵衛たちの思いや入兆のことを考えると心が揺れる。

かをると惣吉の純愛を支持していた英一郎が再婚に反対。

視聴者は、ハマとのことがなければ梅木を応援できたのに、何だか複雑な心境に…。

115話◀︎ ▶︎117話

コメント

タイトルとURLをコピーしました